1. シュンペーターから学ぶ資本主義の“イノベーション”は長らく続く不況の打開策となるか

シュンペーターから学ぶ資本主義の“イノベーション”は長らく続く不況の打開策となるか

 “不況なくして経済発展なし”——しかし、現代の日本の景気はどうだろうか? 不況は良化の兆しを見せることはなく、日本は、長期にわたる経済停滞を抜け出せずにいる。今、社会に求められるビジネスマン像とは一体どのようなものか?

 今回は、経済学者であり経済成長の創案者、ヨーゼフ・アロイス・シュンペーターから、現代ビジネスマンの心得をお伝えしたい。

シュンペーターが語る資本主義経済のイノベーションとは?

イノベーションとは資本主義経済の全てである

出典:ヨーゼフ・アロイス・シュンペーター
 「イノベーション」は最近耳にすることも多い単語だ。特に、Apple社のスティーブ・ジョブズ氏が、iPhoneやiPod等の革新的な製品を開発したことは、イノベーションという言葉が一躍有名となるきっかけを作り出したと言える。

 実は、このイノベーションの概念は、シュンペーターが創出したものなのである。シュンペーターは資本主義がイノベーションを基軸にし回転していると分析し、企業が行うイノベーションこそが経済成長をもたらすという理念を構築した。

創造的破壊の過程こそが資本主義の本質

 シュンペーターの考え方として有名なものが創造的破壊の過程だ。イノベーションには、発展と衰退がつきものである。新たな技術が生まれたり、いまだかつてないマーケットが確立されれば、旧産業界のシステムは刷新され、既存のマーケットが消滅する可能性が大いにある。これによって、一部の企業では解雇者が増加する可能性が常にあり続けるのだ。

 しかし、シュンペーターは資本主義の本質を、テクノロジーの刷新、すなわちイノベーションに見出した。そのため、イノベーションを展開する上で新たな市場に移るための人員整理は仕方のない事だと捉え、“創造”であると同時に、“破壊”でもあると定義した。つまり、創造的破壊の過程こそ資本主義の内在的な存在根拠なのだと考えた。

シュンペーターが考える“5つのイノベーションモデル”

5つに分類されるイノベーションの要因

  • まだ消費者の間で知られていない新しい財貨の生産
  • 特定の産業部門における、新しい生産方法の導入
  • 新しい販路や市場の開拓
  • 原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得
  • 独占的地位の形成や打破をもたらす新しい組織の実現
 シュンペーターはこの5つの形どれかに該当した時、イノベーションが起きると考えた。そして、不況に陥った時、経済状態や精神状態をかき回すオールが必要不可欠であり、その状態をもたらすものこそイノベーションだとした。

シュンペーターの危惧していた“未来”

 最近、シュンペーターが話題となっている理由は、シュンペーターの思想がまるで予言のように、現代の日本経済を映し出していると言われているからである。

企業の発展とともにイノベーション精神が薄れる

 “イノベーションの後に不況が必ず来る”——これは一見、マイナスな感情を抱きがちだが、そうではない。この事はシュンペーターの考える資本主義の定義であり、この後に再びイノベーションによる経済発展、つまり好況が起これば良いということだ。

 しかし、シュンペーターが本当に危惧していた点は、企業が発展を遂げた時、イノベーションを起こすことよりも、生き残ることだけを重視してしまい、新たなイノベーションを起こすことを考えなくなることだ。さもなくば、イノベーションがもたらす景気循環が停滞してしまい、好景気は訪れないということになる。

 果たして、現代の日本の企業はどうだろうか。革新を求めようとせず、「技術だけはあります」というだけになっていないだろうか。シュンペーターは日本の抜けられない不況をイノベーションを起こす気概のなさという視点から予知していたのかもしれない。

全てのビジネスマンは企業家であれ

 では、これからのビジネスマンは何を意識するべきなのか。シュンペーターは、資本主義社会における経済的変化のメカニズムは、“企業家”活動を軸として回転すると考えた。ここでいう企業家とは、シュンペーター理論の“主役”なのである。

 そんな、シュンペーターが主役と位置付ける企業家は、経営者とも、資産家とも、発明家とも異なっている。混同されやすいのは、発明家だが、発明家が単にアイデアを生み出して終わるのに対して、企業家はそれをビジネスとして市場に展開する。経営者の場合は、イノベーションを生み出すというよりは、イノベーションが出来上がったうえで、それを利用する存在である。また、資産を有し、イノベーションに投資する資産家とも異なるのだ。
 シュンペーターは、現代では、ほぼ消滅したマルクス主義のような、労働者に資本主義の“主役”を見出すのではなく、根本的な“技術”の洞察に戻って、イノベーションの担い手である“企業家”の活動にこそ真の価値を見出したのである。
 重要なことは、シュンペーターが、資本主義をイノベーションに見出しているため、それをビジネスとして着想できる存在者=“企業家”こそが、真の資本主義的主体であるということだ。そして、この“企業家”がこれからの日本経済を支える重要な人材なのだと言える。


 あなたは、失敗を恐れ、平安を求めてはいないだろうか? 今の仕事に慢心し、このままで良いと思っていないだろうか? この機会に、現状に満足することなく、ぜひイノベーションを起こしてビジネスにつなげる“企業家”を目指して欲しい。
 あなたが起こすイノベーションが、不況が続く現代を抜け出すきっかけを作るかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する