1. オフスタイルに“ネクタイ”? 大人の休日スタイルにネクタイで華を添えよう

オフスタイルに“ネクタイ”? 大人の休日スタイルにネクタイで華を添えよう

出典:www.ebay.com
 ビジネスマンにとって“ネクタイ”はなくてはならない必需品だ。そのため、ネクタイはオンスタイルでのイメージが強い。

 しかし、ネクタイでも種類を選べばオフスタイルにも使うことができ、普段の着こなしを一段とおしゃれに魅せることができる優れものでもあるのだ。

 晩夏を迎えたこれからの季節には、ネクタイで上品な大人を演出してみてはいかがだろうか。

大人休日スタイルにはネクタイを使え!

 ネクタイはフォーマルだけではなく、カジュアルにも大活躍する。カジュアルスタイルの定番アイテム、デニムパンツやチェックシャツにネクタイを採用するだけで、コーデの印象ががらりとスタリッシュなシルエットへと変化する。

休日スタイルをおしゃれにするネクタイの選び方

 カジュアルスタイルにネクタイを使うといっても、どんなネクタイを選べばいいのかわからない。そのような疑問を解決すべく、以下では休日スタイルに適したネクタイを4つご紹介しよう。

“細め”のネクタイ

出典:lookastic.com
 ネクタイを使ったカジュアルスタイルの基本は、“細めのネクタイ(ナロータイ)”。服装が少々フォーマル寄りでも、細めのネクタイを選ぶことでカジュアルな印象にすることができる。

 また、逆を言えば、服装がカジュアルすぎる場合、太めのネクタイをセレクトすればフォーマル感も取り入れられる。

少し派手な“柄”ネクタイ

 普段のビジネスシーンでは、なかなか使うことのできない派手柄ネクタイ。

 しかし、カジュアルシーンならアクセント使いや、コーデのハズしとして気軽に使うことができ、フォーマルスタイルとのメリハリもつけることができる。

カジュアルな生地感の“ニット”タイ

出典:lookastic.com
 よりカジュアルな印象にしたいのなら、ニットタイがおすすめ。素材は、その名の通りのニット素材のネクタイで、カジュアルスタイルへと導きやすいのが特徴だ。

 また、写真を見てもわかるように、カジュアル度の高いチェック柄シャツとの相性も抜群だ。

差し色となるネクタイ

 カジュアルスタイルに遊びを利かせるために、アクセントとなる差し色のネクタイをコーディネートするのもおすすめだ。

 ネクタイが位置する場所は、体の中心部。そのため、ヴィヴィッドなネクタイを着けることで、メリハリのあるコーデを完成させることができる。

海外メンズから学ぶ、ネクタイの休日おしゃれコーデ

柄シャツ×ネクタイで洗練さを採用

 まずはこちらの海外メンズが着こなす、柄シャツにネクタイを合わせた洗練コーデからご紹介しよう。

 柄シャツ×チノパンの大人カジュアルに、洗練さを演出しているのが紛れもなくネクタイだ。首元をネクタイで引き締めることにより、カジュアルすぎない大人の休日を過ごすことができる。

 また、シャツと色を合わせたネクタイ使いをすると統一感のあるコーデにすることができるため、ネクタイ選びに迷ったらまずはこの合わせた方に挑戦してみてほしい。

ワントーンコーデのアクセントに赤ネクタイ

 次にご紹介するのが、こちらのワントーンコーデのアクセントになるネクタイ。

 着こなしは、ネクタイ以外のアイテムをネイビーに統一。トップスには、デニム素材を採用し、よりカジュアルな雰囲気になるようコーディネート。

 そして、コーデに表情をつけるために、あえてインパクトのある赤ネクタイを使用している。ネクタイを効果的に使った、大人のカジュアルスタイルが完成する。

さりげなく薄手のカーディガンを着こなす

 いよいよ秋が近づく季節には、ネクタイコーデに薄手のカーディガンを使うのもおすすめだ。休日の場合なら、ネクタイとカーディガンを合わせ、トラッドスタイルで過ごすのもいいだろう。

 薄手のカーディガンなら、持ち運びも簡単で、さりげなく着こなせる。また、肌寒いくらいの気温にも丁度いい。


 今回紹介したネクタイコーデは、合わせるアイテムが非常に重要となる。ネクタイは、基本的にはジャケットやカーディガン、シャツなどのような基本アイテムをワンランクUPさせてくれる。但しネクタイは合わせ方が難しい。本記事を参考に“一歩先”のコーディネートに挑戦してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する