1. これだけは避けたい! オフィスでしてしまいがちな、7つの「○○ハラスメント」

これだけは避けたい! オフィスでしてしまいがちな、7つの「○○ハラスメント」

出典:money.usnews.com
 近頃よく耳にする“○○ハラスメント”。自分とは無縁の話、そんなふうに思ってはいるものの、実は無意識のうちにやってしまっているかも? 今回は、オフィスでついやってしまっていそうな○◯ハラスメントを、会話例とともに7つ紹介する。

そもそもハラスメントの定義とは?

出典:www.stuff.co.nz
 ハラスメントとは、“悩ませる”、“嫌がらせ”という意味である。つまり相手に不快な思いをさせ、精神的身体的に傷つけることを言う。そしてよく耳にする“◯◯ハラスメント”は、意図的に相手の尊厳を傷つけたり、不利益を与えたりすること。さらに本人の思惑とは反して相手を悩ませたり、不快な思いをさせていたりしても該当する。

無意識にやってしまっていそうな7つの◯◯ハラスメント

#1:セクシャル・ハラスメント

 相手の望まない性的な言動において不快感を与えること。大きく分けると、“対価型”(職務上の上下関係を利用して、拒んだ時に相手が不利益を被るタイプ)と“環境型”(性的な言動から相手に不快な思いをさせるタイプ)に分けられる。どちらも男女間で起こる。

セクシャル・ハラスメントの具体例

  • 対価型:「(体に触りながら)おはよう」
  • 環境型:「◯◯さん今日もかわいいね〜」

#2:パワー・ハラスメント

 業務の範疇を超えた、内容の指示、労働を強要すること。断ることで評価に不利益を被るかもしれないと懸念させる場合。職場で優位な立場にある人が加害者になりやすい。私用に部下、後輩を使い回すこと。ひたすら単調な仕事をまかせたりすること。

パワー・ハラスメントの具体例

  • 「私の代わりにここを片付けておいてくれ」

#3:モラル・ハラスメント

 言葉や態度によって、相手の精神を傷つけたり、不安におとしめたり、相手を萎縮させること。仕事内容とは関係なく、人間性まで指摘したりすること。加害者は自覚がない場合が多く、被害者も職場の雰囲気を悪くしないために我慢しているケースが多い。

モラル・ハラスメントの具体例

  • 「なんでこんなこともできないんだ? いい加減な気持ちでやってるから一人前になれないんだぞ」

#4:テクノロジー・ハラスメント

出典:www.rawstory.com
 機械操作に不慣れな人に対して、わざわざ難しく説明したり、不慣れなことに対する嫌みなどを言うこと。パソコンなどが発達した現代特有のハラスメント。

テクノロジー・ハラスメントの具体例

  • 「なんでこんな簡単な操作なのに知らないの?」

#5:パーソナル・ハラスメント

 相手の癖や身体的特徴について、からかったりして不快感を与えること。“イジる”との線引きが非常に難しいのも特徴。

パーソナル・ハラスメントの具体例

  • 「○○さんって目細いよね」
  • 「歩き方変わってるね」
  • 「◯◯さんって冷めてるよね」

#6:ジェンダー・ハラスメント

 セクシャル・ハラスメントと混同しがちのハラスメント。“男らしさ”、“女らしさ”のような、性別意識の偏った認識によって相手を不快にさせるハラスメント。

ジェンダー・ハラスメントの具体例

  • 「女のくせに色気ないな〜」
  • 「男のくせに弱々しいな〜」

#7:スメル・ハラスメント

 名前の通り、“におい”によって相手を不快な思いにさせるハラスメント。ほとんど無自覚に起こっているハラスメント。

スメル・ハラスメントの具体例

  • 「あの人、口や汗がにおってやだな(相手が不快に思ったら)」
  • 「あの人、香水ふり過ぎ、におい強すぎ(相手が不快に思ったら)」
  • 「あの人、タバコくさすぎ(相手が不快に思ったら)」


 無意識のうちにやっていそうな“○○ハラスメント”を7つ具体例とともに紹介した。こんなことまでハラスメントになってしまうのか!と感じたものもあったかもしれない。仕事をする上で一番重要なのは、相手との関係性だ。相手とのしっかりした関係性が築けていれば、ハラスメントにはならない。今回紹介した各ハラスメントを参考に、対人関係の良好なオフィスライフを送っていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する