1. キャンプは古い?ホテルは高い? “グランピング”で叶える「良いトコどり」の休日

キャンプは古い?ホテルは高い? “グランピング”で叶える「良いトコどり」の休日

出典:goglamping.net
 仕事に追われる日々の中で、たまには自然の中でリフレッシュしたいと思うことはないだろうか。今回は週末や短い休みでも自然をたっぷり楽しむことができるラグジュアリーなひと時、“グランピング”を紹介しよう。

グランピングとは?

 グランピングとは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を組み合わせた造語で、自然環境の中でキャンプなどのアウトドアを楽しみつつ、高級ホテルで過ごすような贅沢な時間を楽しむ新しいリゾートスタイルだ。欧米を中心に世界的に流行しており、近年日本でもポピュラーになりつつある。

 グランピングは日帰りや、短い休みでも楽しむことができるため、手軽に楽しむことができる点が魅力的だ。

従来のキャンプとの違いは?

 従来のキャンプとの大きな違いで挙げられるのは、グランピングの施設はキャンプの醍醐味である大自然の中でBBQなどの食事をしたりする楽しさはそのままで、その後は片付けなどはしなくてよく、水回りや空調などの設備が整っている快適な空間で過ごすことができる点だ。

 道具や食材などが施設で用意されているため手ぶらで行くことができ、アウトドア初心者でも気兼ねなく利用することができる。

押さえておきたいグランピングスポット

 ここからは日本国内の人気グランピングスポットを紹介しよう

星のや富士:山梨県

 日本初のグランピング施設「星のや富士」は、丘陵から見晴らす河口湖がとても美しい。遊びのためのパブリックエリアはもちろん、寝室であるプライベートエリアでも快適性と共に自然を感じられる作りになっている。

伊勢志摩エバーグレイス:三重

 沢山のプランから好みのプランを選ぶことができる「伊勢志摩エバーグレイス」。バーベキューの他にもカヌーを楽しんだりと、充実したアクティビティを体験することが可能だ。時期によってさまざまなイベントを開催している。

ROCKHILLS GARDEN(ロックヒルズガーデン):神奈川

出典:upbbq.com
 「都会の隠れ家でグランピング体験」「手ぶらで遊びに来られる大人の秘密基地」としてBBQから企業研修までさまざまな使い方に対応している「ロックヒルズガーデン」。オプションでテーブルのコーディネートやテントのコーディネートも可能なため簡単におしゃれなグランピングを楽しむことができる。

GRAX京都るり渓(グラックスキョウトルリケイ):京都

出典:www.grax.jp
 温泉や温水プール、ゴルフ場も完備されている「GRAX京都るり渓」。ワークショップなども開催されるためキャンプ以外のアクティビティも大変充実している。4キロにも渡る京都の大自然を散策したりと、日常とかけ離れたひと時を過ごすのにピッタリである。

おしゃれアイテムをプラスしてさらにラグジュアリーな空間に

 少ない荷物で手軽に楽しめるのがグランピングの魅力の一つだが、持参したおしゃれアイテムを加えることで、さらに非日常の空間を楽しむことができる。

 ここではよりグランピングを楽しむことができるアイテムを紹介しよう。

キャプテンスタッグのランタン

 夜のキャンプに欠かせないアイテムのランタンは、アンティーク調に変えるだけで一気にムーディーに。優しいオレンジ色のLEDライトを使用しているため、レトロな雰囲気を崩さず、温かい印象になるだろう。

 キャンプ時はもちろん、普段のインテリアとしてもおしゃれに飾ることのできるこのアイテムはおすすめである。

コールマンのガーランド

 ガーランドをテントに飾ることでオリジナルの空間を作り出すことができる。また、コールマンのガーランドにはライトが搭載されており、暗くなってからも華やかな演出をすることができるだろう。

アーバンアウトフィッターズ

 夏のグランピングとはいえ、夕方になると場所によっては肌寒くなるため、お気に入りのブランケットが一枚あると便利だろう。また、アーバンアウトフィッターズのような雰囲気のあるブランケットであれば、椅子に掛けたり机に敷くだけでおしゃれな演出ができるのでおすすめだ。


 普段キャンプをしない人でも、グランピングで大自然とホテルの良いトコどりの贅沢なひと時を過ごせば、アウトドアに新たな魅力を感じることができるかもしれない。ぜひグランピングで心も体もリフレッシュしてもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する