1. この夏なりたい、“ハーフパンツ”を着こなす大人。ポイントはアイテムの「合わせ方」だけ!

この夏なりたい、“ハーフパンツ”を着こなす大人。ポイントはアイテムの「合わせ方」だけ!

出典:www.dmarge.com
 夏の休日を涼しく過ごしたいメンズにおすすめなのがハーフパンツだ。しかしハーフパンツは着こなしによっては子供っぽく見えてしまう難しいアイテム。そこでハーフパンツに挑戦したいと思っている方、ハーフパンツを持っているけれどイマイチ着こなし方がわからないと思っている方にハーフパンツの“大人の着こなし方”を紹介する。

シャツと合わせて爽やかに

シャツをインして誠実な印象を

 ハーフパンツで誠実な印象を得たい方におすすめなのが、シャツをパンツにインしてかっちりと着こなすコーディネート。

 袖をまくって涼しげな印象を与えつつ、胸元は開けすぎないことがポイント。ボタンを開ける場合は一番上のボタンだけにしよう。ボタンを全て留めると、より誠実な印象を与えられる。

 また、ベルトに目が行くスタイルなのでベルトの色や素材で遊ぶこともできる。黒や茶色の革ベルトですっきりとまとめるも良し、白の布ベルトや麻ベルトで夏らしさをプラスするも良しだ。

リラックス感溢れる大人の余裕を

 シャツの裾を出したままにしてほどよいリラックス感を出すことで大人の余裕を演出するコーディネート。

 シャツのボタンを2,3個開けることでゆったりした印象を与えることができる。また、裾のボタンを1つ開けることでさりげなくベルトを見せることができ、コーディネートのワンポイントとして使うこともできる。

 シャツをインするよりもカジュアルな印象になるので、青系のシャツでしっかりと“爽やかさ”を取り入れることをおすすめする。

ジャケットを合わせてセットアップ風に

出典:lookastic.com
 ハーフパンツとジャケットの色を合わせてセットアップ風に装うことでワンランク上のコーディネートになる。

 色を合わせ全体の一体感を出すことで、カジュアルさのあるハーフパンツを穿いてもスタイリッシュな印象を与えることができる。

 セットアップに難しい印象を持った方や馴染みがないという方でも、紺や黒ならば挑戦しやすい。インナーは白シャツを、カジュアルダウンをしたい方には無地の白Tシャツをおすすめする。

革靴を合わせて落ち着いた印象に

ハーフパンツを穿くと足元に目が行きやすくなる。そのため、靴選びは極めて重要になる。そんな時おすすめなのが革靴である。

 足元をスニーカーやサンダルから革靴に変えることで、落ち着きをプラスすることができ、大人なコーディネートへとアップデートできる。“革靴”を合わせる場合には、靴下が見えないようにインビジブルソックスを合わせることをおすすめする。

 また、革靴と同じ色素材のクラッチバックを合わせることでコーディネートのトータルバランスがとれ、さらにワンランク上の着こなしができる。


 シャツの着方、ハーフパンツとジャケットの色と合わせる、足元を革靴に変える、といったポイントを押さえれば、カジュアルになりがちなハーフパンツでも簡単に“大人な”着こなしができる。オフの時にリラックスして快適に過ごすことを助けてくれるハーフパンツ。ぜひ挑戦してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する