1. “名刺はもらってからが9割”:「人の記憶に残る」ための名刺保管・活用法

“名刺はもらってからが9割”:「人の記憶に残る」ための名刺保管・活用法

出典:www.linkedin.com
 ビジネスにおいて必要不可欠である“名刺”。特に名刺交換の場は、自分の第一印象を与える機会である。そんな“名刺”だが、あなたは頂いた名刺をどのようにして保管しているだろうか。今回は、たまる一方で管理の面倒な名刺の保管法と、そんな名刺を最大限活用するストラテジーにフォーカスしたい。名刺はもらってからが9割なのだ。

名刺の保管におすすめアイテム

 名刺交換をした後、頂いた名刺はどのように保管しているだろうか? 

 以前に交換したのに名刺が見当たらない……どの名刺が誰だかわからない……などの事態を避けるためにも、いただいた名刺はしっかりと保管するのがスマートだ。

コクヨ カードフォルダ

出典:www.amazon.co.jp
 コクヨのカードフォルダ。カラーバリエーションも豊富で収容枚数の種類も豊富のため、名刺を分けて収容する場合も便利である。また、収納ファイルが追加できるタイプだったり、スリムタイプもあるため、追加したい場合、持ち運ばなければならない場合にも使いやすい。

ナカバヤシ 名刺文庫

出典:www.amazon.co.jp
 ナカバヤシの保管ケースは自宅やデスクで保管する際に便利である。名刺文庫は仕切りの色が違うため、一目みただけでどこに誰の名刺が入っているか区別することができる。

セキセイ ターボデックス

出典:www.amazon.co.jp
 セキセイのターボデックスは見た目もスタイリッシュな上に、置き場所の幅も取らない。また、あらかじめ50音の文字が印刷された仕切りがついているため、名前順に保管したい場合に便利である。

チェックするデジタルで名刺を保管する

 頂いた名刺を常に持ち歩きたい! でも大量すぎる……という人におすすめなのが、頂いた名刺をデジタルで保管する方法だ。

Eight

出典:8card.net
 Eightはスマートフォンアプリで、運営スタッフが手入力で名刺データをテキスト化するためほとんどの名刺を登録することが可能な便利なアプリ。

CamCard

出典:www.camcard.jp
 CamCardはスマートフォンアプリで、OCRで自動認識するシステムをとっており、その場で名刺の写真を撮るだけで名刺の情報をデジタル化することができる。

サンワダイレクト 名刺スキャナー

出典:www.amazon.co.jp
 スキャナータイプのこのアイテムは名刺をスキャンして情報化し、一覧で管理・検索が可能のハイスペックなアイテム。スキャンした内容をデバイス間で共有することも可能。別売りのスマホ名刺リーダーを使えば出先でもスマホを使って登録することもできる。

頂いた名刺を有効活用する

 名刺交換で頂いた名刺を特に気にせずそのまま保管してはいないだろうか。ワンランク上のスマートなビジネスマンを目指すには、頂いた名刺を最大限活用したい。

名刺の裏面を利用する

 会食やミーティング、何気なく交わした会話からその人の情報を得て名刺の裏面にメモするのがよい。

メモしておくと使える相手の情報

  • 飲んでいたお酒、好きなお酒
  • 吸っていたタバコの銘柄
  • 食べ物や趣味など相手の好きなこと
 これらの情報は後日、会食があったり雑談をするタイミングで知っていて損がない。

次に会う時は名刺の裏を復習してから臨むべき

 せっかく名刺の裏に相手の情報をメモしてもそのままにしては、なんの役にも立たない。次に会う時には必ずその名刺の情報を復習し、その人の喜びそうな話の情報をあらかじめ集めておけば、会食や雑談をする際に大いに使えるだろう。
出典:www.beediebass.com


 今回は頂いた名刺の保管方法・活用方法を紹介した。名刺はもらってからが9割ということが伝わっただろうか? 一日に十数枚交換することもしばしばある名刺。そんな名刺の扱いをマスターできれば、スマートな振る舞いができること間違いなしである。保管や活用から思いがけないチャンスが巡ってくるかもしれない。あなたもこの期に「人の記憶に残る」ビジネスパーソンになっていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する