1. 円卓の上座はどこ? これだけは覚えておきたい「国別料理の上座&テーブルマナー」

円卓の上座はどこ? これだけは覚えておきたい「国別料理の上座&テーブルマナー」

出典:www.chinaimportexport.org
 ビジネスマンになり、接待や会食で目上の人たちと食事をする機会も増えたものの、マナーについて四苦八苦している読者も少なくないだろう。そこで今回は、ここだけは押さえておきたい、国別レストランの、上座とマナーについて紹介する。

国別料理:レストランの上座&マナー

日本料理の上座&マナー(畳)

出典:shiran41.blogspot.jp
 畳のしかれた和食料亭で分からないことと言えば、上座の位置だ。畳の席の多い料亭では、床の間に一番近い席が、上座になり、出入り口に一番近い席が下座(末席)になる。

最低限押さえておきたいマナー

  • 畳の縁は“踏まない”、“歩かない”、“座らない”  
  • お椀より小さな器は手にもって食べる。  
  • 食べ残してしまった物は無理に食べなくてよい。お皿の隅によせ、なるべく目立たないようにしよう。

フレンチの上座&マナー

出典:www.khema-restaurant.com
 フレンチでの上座も、出入り口から一番遠い席が上座になる。目上の人が上座になるように座ろう。目安としては、歳が一番上の人、格が高い人、女性の順だ。上座が分かりにくい構造の店の場合の判断の仕方は、ウェイターが一番最初に引いた席が上座ということだ。

 席に立ったり、座ったりするときは、左側からするのがマナー。足を組んだりする行為も避けよう。

最低限押さえておきたいマナー  

  • 食事がまだ途中の場合は、ナイフとフォークをハの字にして置く。右側に揃えると、食べ終わりの合図になる。
  • ナプキンは二つ折りにして、折り目が自分の体側にくるように、膝の上におこう。口を拭くときは、ナプキンの裏側で拭くようにしよう。  
  • カトラリー(スプーンやナイフ、食器類)などを落としてしまっても、自分では拾わず、ウェイターを呼び取ってもらおう。

イタリアンの上座&マナー

出典:www.anthonysoflittleitaly.com
 イタリアンもフレンチと同様で、出入り口から一番遠い席が上座となる。念のためカウンターだけの席になった場合の座り方も紹介すると、一番奥の席が上司などの目上の人、真ん中の席におもてなしをする人、出入り口に一番近い席が下座だ。

最低限押さえておきたいマナー(フレンチとの違い)

  • フレンチではフォークの裏に食べ物を乗せる行為はNGだが、イタリアンでは乗せてもOK  
  • イタリアンではスープは手前から奥にすくって飲む。
  • 食事がまだ途中の場合は、ナイフとフォークがクロスするように置く。食べ終わったら二本を揃えて六時半の位置にくるようにおくのがベスト。

中華の上座&マナー(円卓)

出典:www.antiquesl.com
 中華料理を食べにいったとき、円卓だと角がないため、上座の判断に困るだろう。しかし大丈夫だ。円卓での席もほかと同じく、出入り口から一番奥が上座になり、出入り口に一番近い席が下座になる。中華でポイントになってくるのは、上座にくる人が席に着くまで、出入り口付近で待つのがよいという点だ。

 中華では男性優先、女性優先という決まりは、特にないのであまり気にしなくてよい。

最低限押さえておきたいマナー  

  • 取り分けは、上座の人から、時計回りが基本。全員がよそってから食べ始める。  
  • 飲み物や食べ物は基本は自分で。これは中国人の会話を中断させないための知恵から始まったとされる。席を立って、料理を取るのはマナー違反。お酒を注いだりするのも、隣の席の人がやるぐらいがよい。  
  • 回転テーブルにビールなど、回転させたとき不安定になるものは置かない。

韓国料理の上座&マナー

出典:www.surakoreancuisine.com
 韓国料理の上座も日本と同じく、出入り口から一番遠い席が上座となり、出入り口に近い席が下座になる。

最低限押さえておきたいマナー

  • 韓国では年長者を敬うため、年長者が食べ始めるまで、食事をしないのが基本。そして食べ終わりも年長者が食べ終わったら終了だ。韓国料理に行ったときは、いつも以上に年長者を気遣おう。  
  • グラスなどに飲み物を注ぐ場合は、相手が飲み干してからにする。継ぎ足しは韓国ではしない。


 国別料理の上座とマナーを紹介してきた。それぞれの国で歴史とともにできあがった食事を気持ちよくするためのマナーは重要だ。今回は、最低限押さえておくべきマナーをまとめた。この記事を参考に、ビジネスマンとして、気持ちよく食事をしていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する