1. カメラを趣味にしたい! おしゃれに写真を撮るコツ!

カメラを趣味にしたい! おしゃれに写真を撮るコツ!

出典:commons.wikimedia.org
 SNSの普及の甲斐もあってか、カメラが流行している。カフェでの食事や、出かけたときの写真など、様々なものを撮っていることが見受けられる。また写真を撮るにあたって、デジタルカメラで撮る人や、スマホのカメラ機能で撮る人が存在する。今回は、その両者について、うまくおしゃれに写真を撮るコツについてみていく。

スマホで簡単にできる! おしゃれに写真を撮るコツ

 「instagram(インスタグラム)」など、画像をアップするSNSが流行っており、スマートフォンでもおしゃれに写真を撮る人が増えてきている。まず、スマホのカメラで写真を撮るにあたって、確認したいことは、レンズに皮脂や指紋がついていないかどうかである。もしついていると、白くぼやけてしまったりするのでもったいない。

 さて、コツについてみていく。一番初めに、ピントに気をつけたい。というもの、ピントが合っていないと細部まではっきり見ることができないので、画像がいまいちになってしまう。逆にピントが使いこなせればおしゃれに写真を撮ることができる。というのも、自分が撮りたいものにもピントを合わせて、周りをぼかしたりすると、おしゃれ度が上がる。

 次に、ものの配置が重要となる。被写体をど真ん中において写真をとるのはナンセンスである。特にやりがちなのが、料理を真上からど真ん中に配置してとるというものである。おしゃれ度をあげるには、被写体を右にずらすなど、中心からはずすことがおすすめである。こうすることで、急にそれっぽさが増すのである。また、上からではなく、斜めや、少し下から取ってみたりすると、おしゃれ度が上がるかもしれない。

 また、あえて逆光で撮ってみるものよいかもしれない。うまくすれば、太陽の光がいい感じになったりするのである。こうすることで、やわらかい写真を撮ることが可能となる。

アプリでこんなにおしゃれに!

 スマホのアプリには、写真に関わるものにおいて大きく二種類存在する。一つがカメラアプリ。もう一つが画像加工アプリである。

 カメラアプリを使うことにいいことはいくつかある。一つは、無音機能があるということである。無音でシャッターが切れるので、動物などの被写体の場合、気が付かれることなく撮影が可能となる。そのほかには、そもそもある程度加工をしつつ写真が撮れるものがある。これのいいところは、後で画像を加工する手間が省けるということである。

 画像加工アプリでは、撮影ではできなかったようなことができる。例えば、ピントをうまくぼかすことができないカメラにおいて、写真を撮った後に、アプリを使って背景をぼかすことが可能となる。また、画像加工には様々な機能があり、ミニチュア風に写真を加工することができるといった面白い機能を持つものもある。

一眼レフカメラでおしゃれに写真を撮るコツ

 まず、一眼レフカメラのいいところは、なんといっても、ピント調節機能である。このピントと調節がスマホなんかよりもきれいにできるので、背景をぼかすなどといったことが簡単に、素敵にできるのである。カメラを扱う人の腕が問われるが、これをマスターすればスマートフォンよりも格段に良い物が撮れるのは間違いない。また、圧倒的に画質がよい。スマホでの写真よりも画素数がかなり高くなっているので、細部まできれいにとることが可能となる。

 おしゃれにとるコツについては、光を常に意識しながらとるということであろう。一眼レフでは、絞りの調節などができるので、それによって、はいってくる光の量などが変わるので、この光の強さや、当たり方、方向についてかなりこだわることができる。


 以上、おしゃれに写真を撮るコツについてみてきた。うまく写真を撮るには、なんといっても練習あるのみ。コツを踏まえたうえで、いっぱい写真を撮ってみて、上達できるとよいと思う。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する