1. センスが試される「上司への出産祝い」:周りと差がつく5つの厳選プレゼント

センスが試される「上司への出産祝い」:周りと差がつく5つの厳選プレゼント

出典:7-themes.com
 時には叱られ、時には励まされ……普段からお世話になっている上司。そんな上司からお子さんの誕生の報告を受けたら、心から喜んでもらえるお祝いを用意したいものだ。

出産祝いを渡すタイミングは?

 一般的には生後1週間~1ヶ月の間に渡すのがいいとされている。

 この期間は、生後7日目に命名書を飾って親族でお祝いする「お七夜」、生後31日前後に神社に参詣し子どもの誕生報告・健康祈願をする「お宮参り」があり、出産祝いを渡す時期もこの行事が目安となっている。

 また、母子共に無事退院したかを確認してから出産祝いを渡すようにしよう。

金額の相場は?

 個人で渡すのであれば5,000~10,000円台、集団で渡すのであれば1人1,000~5,000円台が相場とされている。

 集団で渡す場合は人数にもよるが、1人あたりの金額が少なすぎると先方がお返しを選びづらくなる。逆に、金額が大きすぎてもお互いの負担になってしまうので、相場の範囲内がベストと言えるだろう。

 また、お祝儀全般で気を付けることとして、4・9といった縁起の悪い数字になる金額は必ず避けるようにする。

何を贈ればいいの? おすすめプレゼント5選

 出産祝いに限らず、目上の人には品物を贈ることが常識だ。現金や商品券を贈ることは、「これで好きなものを買うように」という上から目線のメッセージのように受け取られたり、プレゼント選びを放棄したような印象を与えてしまう恐れがある。

 そこで、贈れば喜ばれること間違いなしな、出産祝い案を5つ紹介したい。

おすすめ①:バーバリーのベイビービブギフトセット ¥16,200

出典:jp.burberry.com
 イギリス発のラグジュアリーブランド「バーバリー(BURBERRY)」から、何枚あっても困らないベイビービブの3点セット。

 大人からも支持の厚いブランドでありながら、お手頃価格で嬉しい。ブランドの特徴であるバーバリーチェックが映えるシンプルなデザインのビブは、赤ちゃんのよそ行き用にぴったりだ。

おすすめ②:エルメスのファーストシューズ ¥16,740

出典:japan.hermes.com
 エルメス(HERMES)は、ファッションの中心地パリで生まれた由緒正しい人気ブランドである。

 コットン100%の柔らかい素材で、赤ちゃんの足を優しく守るファーストシューズは、まだ歩けない新生児から防寒として履かせてあげることができる。普段はなかなか手が出せないハイブランドのエルメスも、ギフトでもらえばとても嬉しい一品。

おすすめ③:サッシーのダイパーケーキ ¥8,640

 ダイパーケーキとは、おむつをケーキに見立てて可愛く飾り付けたアメリカ発祥のプレゼント。「サッシー(Sassy)」は、そんなダイパーケーキの元祖であるアメリカ発の大人気ベビーブランドである。

 ギフトとしての華やかさと、すぐに使えるおむつとしての実用性を兼ね備えたダイパーケーキは、出産祝いにぴったりだ。

おすすめ④:プチバトーのアフガン&ベビーシューズセット ¥9,720

 プチバトー(petit bateau)とは、着心地の良さを追求した、フランス発の大人気ベビーファッションブランド。

 三角のコーナー部分を赤ちゃんの頭にかぶせてそのままくるめる便利なアフガンは、おくるみとしても肌掛けとしても重宝する。高品質と高機能を兼ね備えたプチバトーなら、子どもの成長につれバスタオルとしても使える。

おすすめ⑤:カシウェアのバスローブ ¥12,960

 「日常使いができるカシミア」をコンセプトに作られたブランド、「カシウエア(kashwere)」の最高品質のベビーバスローブ。

 何度も繰り返し洗って使えるので、衛生面でも安心。耐久性にも優れ、繰り返し洗ってもカシミヤのような柔らかい肌触り。生まれたてで肌が敏感な赤ちゃんに是非着せてあげたい。


 いかがだろうか。上司に心から喜んでもらえる出産祝いがプレゼントできれば、こちらも嬉しくなれるばかりか、光るセンスを評価されて一目置かれる存在になれるだろう。

 あなたがお世話になっている上司からお子さんの誕生報告があった際には、是非この記事を参考にして出産祝いを選んでもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する