1. 短期でも長期でも「準備万端で海外出張」を! 海外出張に役立つ、見落としがちな“持ち物”リスト

短期でも長期でも「準備万端で海外出張」を! 海外出張に役立つ、見落としがちな“持ち物”リスト

by JD Hancock
 海外出張を言い渡され、準備にあたふたしたことはないだろうか。日本国内で出張をする場合は、忘れ物をした場合や職務上のトラブルに見舞われても、会社にいる同僚たちがあなたのことをすぐにサポートしてくれるだろう。しかし、海外となれば、時差や距離、費用といった観点から、サポートが滞る可能性が大いに考えられる。

 思いもよらない海外出張も、きちんと準備ができれば、急なトラブルにも柔軟に対応できるはずだ。そこで、今回は「短期」と「長期」に分けて、海外出張で役立つ持ち物をシェアしていきたい。

海外出張で困らない! こんな持ち物は便利:短期編

出典:www.filetraveloverseas.com

#1:レンタルのポケットWiFi

 初めての海外出張で、出張先に到着した途端、全く知らない風景が飛び込んできたとき、どの道を行けばいいのか分からない。日本で使っているスマートフォンも、正しく設定できなければ、高額請求の恐れがあるため、気軽には使えない。そんなとき、短期の海外出張ならば、事前に空港やネットでポケットWi-Fiのレンタルをすることをオススメする。出張先の国によるが、一日300円から利用できるプランもあり、一週間程度なら最高でも2,000円前後で収まる。今の時代、ネットがあれば解決できる問題も多いので、最低でも行き帰りで使えるようにすることをオススメする。

#2:抗アレルギー薬や持病の薬

 体調管理の一環として、日頃から薬を服用している人もいれば、アレルギーがあり、服用しなければ体調を崩してしまう人もいるだろう。特に海外出張ともなれば、慣れない環境に左右され、普段よりもパフォーマンスが低下する可能性がある。日頃から服用している薬で、体調を適切に管理できるのであれば、忘れずに携帯しよう。ただ、国によっては持ち込みが制限されている薬もあるため、小分けにしたり、事前に持参可能な薬かどうかを調べておいたほうがいいだろう。

#3:予備のスーツ

 日頃スーツを着て仕事をしている人なら、出張先へ向かうときも服装はスーツだろう。ただ、海外出張は、飛行機に乗り、その国に着いてからも行動することになるため、すべてのビジネスマンがスーツを着て海外出張に向かうとは限らない。もし、スーツで飛行機に乗り、その後、行動しなければならないとすれば、予備のスーツを持ち物に加えるといいだろう。シワのついたスーツを海外出張中に常に着用するのは、印象を悪くしてしまう恐れがある。そのようなことを避けるためにも、予備のスーツを持っていくことを勧めたい。

海外出張で困らない! こんな持ち物は便利:長期編

出典:www.webdesignerdepot.com

#1:SIMフリーの携帯電話・スマートフォン

 長期間の出張となれば、日本のオフィスだけでなく、海外出張先のオフィスにも、職務上の連絡が必要になることだろう。短期編ではポケットWi-Fiを紹介したが、メールだけではなく緊急の電話対応も行えるよう、SIMフリーの携帯電話を持って行くことをオススメする。最近は、日本の携帯会社で契約したスマートフォンも必要な手続きを行うことで、海外でも使えるようになった。現地でプリペイドの携帯電話等も手に入れられるが、慣れた端末・言語設定のものを使いたい人には持ち物リストに加えてもらいたい。

#2:シャンプー・リンス・ボディーソープ

 海外出張とはいえ、身だしなみを整えるのはビジネスマンのマナー。しかし、水道水の硬度・ミネラルの量の違いや、現地で購入できるシャンプー・リンスやボディーソープに含まれている成分は日本と異なる。いつもと違う製品を使っていることで、髪や肌が荒れるといったことは防ぎたい。そこで、日本のシャンプー・リンス・ボディーソープを、海外出張の持ち物のひとつに入れておきたい。環境の変化はストレスが発生する原因の一つであるから、海外出張を少しでも快適に過ごすために、加えるのがよいだろう。

#3:圧縮袋

 一ヶ月以上の海外出張となれば、洗濯のことも考えても、衣類はかなりの量になる。しかし、スーツケースにも容量の限界がある。出発するときには必要な持ち物はすべて詰め、帰国時にお土産を買うことを考えて空きがある程度が望ましい。そんなとき、掃除機を使わない圧縮袋を上手に活用するのがいいだろう。


 今回、短期と長期に分けて海外出張に役立つ持ち物を紹介した。会社で海外出張に行くよう命じられてから、準備に戸惑うことがあるかもしれない。しかし、そんなとき、今回紹介した持ち物をリストに加え、万全の態勢で価値のある海外出張に臨んでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する