1. 夏によく聞く質問にズバリ回答!:「紫外線に当たるとハゲる?」「帽子をかぶるとハゲるって本当?」

夏によく聞く質問にズバリ回答!:「紫外線に当たるとハゲる?」「帽子をかぶるとハゲるって本当?」

 紫外線が強い時期になると増える質問がいくつかある。「紫外線に当たるとハゲますか?」「帽子をかぶると蒸れてハゲるって本当ですか?」である。

 ――結果から言うと、「ハゲる」場合もあるようだ。

 頭には髪の毛がある分、顔よりも紫外線の影響を受けにくいと思われがちだが、実は頭皮は、顔の3倍以上の紫外線を浴びていると言われている。

 そこで今回は、紫外線が頭皮に及ぼす影響と、紫外線から頭皮を守る方法を紹介していく。

紫外線が頭皮に及ぼす影響

 紫外線は肌にとって、炎症やシミ・シワの原因になるなど、悪影響を及ぼすことはみなさんご存知だろう。※紫外線の肌への影響についてはこちらを参照してほしい。

 「光老化」という言葉を聞いたことはあるだろうか? 皮膚は、紫外線を数分間浴びただけてもダメージを受け、長年浴び続けるとシミ・シワ・たるみなどの老化を引き起こしてしまう。この現象を光老化と言う。

 光老化は、顔だけでなく頭皮や身体でも起こってしまう。

頭皮の光老化、抜け毛・薄毛・白髪

抜け毛・薄毛

 頭皮にある毛穴の中には、髪の毛の元となる毛母細胞という細胞がある。その細胞は、紫外線の刺激を受け続けるとうまく機能しなくなる場合がある。毛母細胞がうまく機能しなくなると、抜け毛が起こったり、新しく髪の毛を作ることができなくなったり、いわゆる薄毛の原因に繋がる可能性があると言われている。

髪の毛の色が抜ける、白髪になる

 頭皮だけでなく、髪の毛も紫外線に当たるとダメージを受ける。ダメージを受けた髪は、赤茶色に変色したり、キューティクルが傷み乾燥したり、パサついたりしてしまう。また、毛根にある毛髪を黒くする細胞も紫外線ダメージにより損傷するので、白髪の原因になる場合もある。

その他の頭皮トラブル

頭皮の炎症・フケ・かゆみ

 夏は皮脂の分泌量が増える分、日焼けをしやすい状態であると言える。日焼けとは、頭皮が火傷状態となり炎症となっている状態を指す。頭皮の日焼けは、フケやかゆみの原因にもなる。

 紫外線を浴び続けると、ダメージを回復させるために頭皮の古い角質が垢(あか)として剥がれ落ちていく。それがフケにつながるのである。

ニオイ

 頭皮には、顔のTゾーン(額・鼻・顎先をつないだT字形の区域)の2倍の皮脂腺があると言われている。頭皮で過剰分泌された皮脂や古い角質などが、長時間酸素に触れて変質すると酸化し、ツンとした嫌なニオイが発生することがある。

 また、皮脂や角質をエサにして雑菌が繁殖したり、常在菌(通常は皮膚を清潔に保つために存在している菌)が異常繁殖したりするのもニオイの原因に繋がるのだ。

「でも帽子をかぶると、蒸れてハゲるかもしれないんでしょ?」

 確かに、帽子をかぶると汗を大量にかくので蒸れる。蒸れた頭皮は、放置しておくと菌が繁殖しやすく、頭皮にも悪影響を及ぼす。そのため、汗は額や首筋だけでなく頭皮までこまめに拭きとり、毎日お風呂でしっかり頭皮を揉み洗いしながらシャンプーすることが大切なのだ。そうすれば、汗や毛穴に詰まった皮脂は洗い流すことができるので、頭皮に大きな影響をもたらすほどの害は少ないと言えるだろう。

 問題は、汗をかいて蒸れた帽子を放置し洗わないまま、帽子をかぶり続けることだ。これでは、菌が繁殖しやすい土壌を作っているようなものだし、ニオイの原因にもなる。できるだけ汗をかいたら帽子は洗うようにして清潔に保ち、通気性の良い帽子を選び、時々帽子を脱いで髪に風を当てるようにしよう。

 また、きつめの帽子は蒸れやすいし、頭皮を圧迫して血行を悪くする可能性もあるので注意してほしい。

「頭皮の日焼けをしてしまったらどうすればいい?」

① 冷やす

 まずは頭皮を冷やすことだ。冷たいタオルを当てたり、水に近い温度のシャワーを浴びたりすることで、頭皮の温度を下げることが最優先である。頭皮に限らず、日焼けは火傷と同じで、冷やすことでかゆみも治まりやすくなる。

 お湯の温度は、頭皮への刺激を避ける為に低めに設定しておこう。シャンプーは頭皮への負担を減らすために直接頭皮にはつけず、手のひらである程度泡立ててから洗うように心掛けてほしい。

②保湿

 日焼けの後は、日焼けした箇所の水分が失われ乾燥した状態だ。もし、頭皮にかゆみがなければ、頭皮用の化粧水などを塗ろう。痛みやかゆみがひどかったり、タダレが起こったりしている場合は、皮膚科の受診を検討したほうがよい。

 たかが日焼けと思っていると、ケアが遅れ、症状が悪化すれば脱毛症などの原因にも繋がる。これからの季節は特に注意してほしい。

 夏は海や山で思いっきり遊びたいだろう。だからこそ、頭皮への紫外線の影響を理解して夏の終わりに後悔しないよう、しっかりと頭皮ケアを心がけてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する