1. 生地選びこそ「スーツ選びの醍醐味」:スーツスタイルを格上げする“生地選びのコツ”とは?

生地選びこそ「スーツ選びの醍醐味」:スーツスタイルを格上げする“生地選びのコツ”とは?

出典:1ukas.com
 ビジネスマンの標準装備として欠かすことのできない“スーツ”。毎日着るからには、少しでも自分好みのスーツを選びたいもの。しかし、自分好みのスーツを選ぶといっても、何をどのように選べば自分らしいスーツスタイルになるのかわからない。スーツのサイズ感やシルエット、色やデザインなど、スーツ選びでこだわりを持つべき点は多くある。

 しかし、本当の「男のこだわり」はその先にある。スーツで自分の魅力を一段上へと導くには、“生地選び”にもこだわりを持つ必要があるのだ。そのため本記事では、生地の種類、生地の値段の違い、良い生地の選び方、おすすめの生地ブランドについてご紹介する。

知っておくべき、スーツの生地についての知識

 まずは、スーツにこだわりを持つビジネスマンが、スーツを選ぶ上で知っておくべき生地についての知識をご紹介。ここでは、スーツの生地の種類、特徴について触れていこう。
出典:1ukas.com

スーツの生地は“3つの産地”が主流

  • 1. “イタリア産”生地のスーツ
  • 2. “イギリス産”生地のスーツ
  • 3. “国産”生地のスーツ

スーツの生地の種類 #1:イタリア産の生地

 一つ目がイタリア産の生地のスーツ。イタリア産の生地のスーツは、3つの産地の中で最も人気がある。この生地を用いたスーツは生地が柔らかく艶があり、肌触りが滑らかというのが自慢だ。そのため、イタリア産の生地のスーツは、軽く着心地の良い仕上がりとなっている。また、イタリア産の生地で作られたスーツは、イギリス産や国産の生地と比べ、柄が豊富に揃っており、生地の褐色の良さが優れているというのが人気の秘訣だ。

スーツの生地の種類 #2:イギリス産の生地

 イタリア産の生地の次に人気なのが、イギリス産の生地で作られたスーツ。イギリス産の生地のスーツは、生地が固く、少々ザラザラした肌触りだが耐久性に優れている。そのため、イギリス産の生地で作られたスーツは、イタリア産よりもかっちりとした印象に。

スーツの生地の種類 #3:国産の生地

 国産の生地のスーツは、イギリス産の生地に近いというのが特徴。国産の生地で作られたスーツは、季節によって素材を変え調節しているため、季節ごとに違った生地のスーツを選ぶことができ、気温や湿度にベストな生地でスーツスタイルを楽しむことができるのだ。

生地によるスーツの値段の違いとは?

出典:www.valetmag.com
  生地によるスーツの値段は、生地の元となっている“繊維の細さ”に違いがある。そのため、繊維が細くなればなるほど高級な生地の高価なスーツとして、市場で取り扱われているのだ。

 この生地の元となっている繊維の細さは、“SUPER表示”というスーツのタグに刻まれており、この数字が高ければ高いほど、細い繊維を使用している高価な生地ということになる。

スーツの良い生地の選び方とは?

 スーツの生地についての知識を知ったところで次に知っておきたいのが、お店でどのようにして良い生地のスーツを選べば良いのかということ。ここからは、良い生地のスーツの選び方についてご紹介しよう。
出典:abovetheankles.co.uk

スーツの生地選びのコツ

  • 1. スーツの袖についているブランドネームタグで、生地ブランドを見分けろ(※高級ブランドはつけていない場合あり)
  • 2. スーツを手に取り、光沢・柔らかさ・シワの確認をせよ

“スーツの袖”にある、ブランドネームタグで生地ブランドを見分けろ

 生地ブランドを見分ける方法は、“スーツの袖”についてるブランドネームタグで確認するのが常識。しかし、ハイブランドのスーツには、袖に生地ブランドのネームタグが付いていない場合もあるため、そこは理解しておいてほしい。生地ブランドのネームタグをどうしても知りたい場合は、店員に確認するのがいいだろう。

スーツを手に取り確認すべき3つのこと

 良い生地かどうかを見分けるには、実際にスーツを手に取り、生地を触って確認することが必要。

 まず確認すべきことは、「光沢」。同色のスーツを見比べ、光沢を比べてみてほしい。光沢のあるスーツは、生地にシルクが織り込まれているため、着用時に高級感を演出してくれる。次に確認すべきことは、「柔らかさ」。スーツの袖をつまみ、柔らかい生地かどうかを確認してみてほしい。スーツの袖をつまんで、生地が柔らかく、ソフトな感触なら良い生地といえよう。そして、さらに確認するべきことは、「シワ」。スーツの袖をつまみ、シワがすぐに戻るかどうかを確認して、良い生地なのかを見きわめる。良い生地のスーツは、復元力に優れているため、つまんでもシワがすぐに戻るのだ。

おすすめの生地ブランドスーツ:

おすすめ生地ブランドスーツ #1:エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

出典:www.retaildetail.eu
 世界の高級生地シェアの1/3を占め、生地ブランドとして名高いのがエルメネジルド・ゼニア。エルメスやアルマーニなどのハイブランドがこの生地を採用しており、ゼニア自身も高級スーツを展開している有名生地ブランド。このエルメネジルド・ゼニアの生地は、シワに強く、シワからの回復力が高い。また、個性的な柄が豊富に揃い、しっかりとした生地で、繊細な糸を使用し光沢感のある高級感漂う生地となっている。

おすすめ生地ブランド #2:ロロピアーナ(Loro Piana)

出典:www.leggionline.info
 ゼニアに並ぶイタリアの生地ブランドがロロピアーナ。ゼニアと比べるとさらに繊細な生地という印象のある生地ブランドだ。このロロピアーナもゼニアに劣らず、幅広い生地ラインがあり、目的に応じたスーツを選ぶことができる。

おすすめ生地ブランド #3:ドーメル(DORMEUIL)

出典:lp.mytailor.kz
 フランス人ジュール・ドーメルが1842年に、イギリスの繊維をフランス内で線維商として販売しだしたことから始まった生地ブランド。イギリスのしっかりとした生地とフランスらしい優雅なデザインを融合させた生地ブランドとして名高い。


 ビジネスマンに欠かせないスーツ。少しでも自分らしさを表現できるように、サイズ感やフィット感と同じように生地選びにもこだわりを持つ必要がある。今までとはちがった毎日を送るには、生地選びこそスーツ選びの鍵となる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する