1. “ユニーク”な文房具を扱う5つの専門店:自分だけの相棒を発見せよ

“ユニーク”な文房具を扱う5つの専門店:自分だけの相棒を発見せよ

出典:assets.coolhunting.com
 ここ最近、文房具は機能性の進化に留まらず、デザインも特徴的なものが多く存在する。今回は、機能的にもデザイン的にも突き抜けた、ユニークな文房具を取り扱う専門店を5つほど紹介していきたい。

ユニークな文房具を扱う専門店#1:カキモリ

出典:www.kakimori.com

カキモリの特徴

 カキモリは「書くって、楽しい」をコンセプトに、オリジナルの文房具を取り扱っている専門店だ。この文房具専門店・カキモリでは、デザインから大きさまで、自分オリジナルのノートを作れる。また、好きな色を混ぜあわせた万年筆用のインクもオーダー可能。さらには、カキモリが独自に厳選した文房具も取り扱っている。

カキモリの代表的な文房具

出典:www.kakimori.com
 この専門店の代表的な文房具は、オーダーメイドのノート。自分にしかない、特別な文房具を持ちたいと考えている人には、この専門店にてオリジナルノートをつくることを強く勧めたい。

アクセス

都営浅草線・都営大江戸線「蔵前」駅から徒歩約3分(近くに小学校あり)
TEL:03-3864-3898
営業時間:火〜金|12時〜19時、土日祝日|11時〜19時、月曜定休

ユニークな文房具を扱う専門店#2:旅屋

出典:d2xosoyzehxi5w.cloudfront.net

旅屋の特徴

 旅屋は、文房具と雑貨を扱う専門店として「“旅”と“人”」をコンセプトにオープンした。この専門店では、人生という「旅の思い出」をより色鮮やかに記録するための特徴的な文房具を販売している。

旅屋の代表的な文房具

出典:tabiya-nkn.ocnk.net
  この専門店の代表的な文房具は、ポストカードやマスキングテープである。ポストカードには、写真のように白地図が描かれたものや、電車やトランクといった旅には欠かせないシンボリックなデザインのものもある。

 例えば、白地図付きポストカードのような文房具は、地図への色塗りにより旅の記録を明確にできる。さらに、それを友人に送れば、自分が訪れた場所をイラストで伝えることのできるすぐれものとなる。

アクセス

西武新宿線「新井薬師」駅から徒歩約8分、JR中央線・中央総武線・東京メトロ東西線「中野」駅から徒歩約12分
営業時間:11時から20時|水曜定休

ユニークな文房具を扱う専門店#3:銀座・伊東屋

出典:www.ito-ya.co.jp

伊東屋の特徴

 言わずと知れた、日本を代表する文房具専門店である伊東屋。創業から「いつの時代でも、“一歩先の新しい価値”をお伝えする」をコンセプトに文房具専門店を続けている。

 伊東屋では「ITOYA ORIGINAL」というオリジナルの文房具を扱っている。オリジナルの文房具は、使う人の個性やスタイルにあったものを取り揃えている。文房具をファッションとして意識した製品が多いため、色をベースに文房具を選べるようになっている。

伊東屋の代表的な文房具

出典:www.ito-ya.co.jp
 多機能ペンというと、機能性には優れているが、デザインが画一的であまり斬新なものがないイメージがある。だが、このヘルベチカシリーズは、シンプルで洗練された特徴的なデザインを持つ。それだけでなく、単色ボールペンの形状でシャープペンシルを含めた4色が使える機能性の高い文房具である。

アクセス

東京メトロ銀座線「銀座」駅から徒歩約2分
TEL:03-3561-8311
営業時間:月〜土|10時〜20時、日・祝|10時〜19時

ユニークな文房具を扱う専門店#4:&note(アンドノート)

出典:www.and-note.com

&noteの特徴

 この文房具専門店は、「“あたり前のもの”に自分なりの“こだわり”を持つ」というイメージから店舗名が名付けられた。そして、生活の中に“あったらいいな”が実現できるような文房具を提供する専門店だ。

 &noteという名前の通り、ノートを主に扱う文房具専門店である。こだわったノートがほしい人は、ぜひ一度はお店に足を運んでみてほしい。

&noteの代表的な文房具

「ビジネスツールとしての文房具」

 この専門店では、マトリクスとコンセプトフローノートを書き上げることに特化してデザインされたノートを取り扱っている。
出典:andnote.theshop.jp
 所属部署でリーダーを任されている人には、マトリクスノートがおすすめだ。各ページが四分割されており、思考整理や戦略の立て直しをする際の要素の抽出に非常に役立つ。
出典:andnote.theshop.jp
 新規製品のアイデア立案やプレゼンの準備には、コンセプトフローノートがおすすめだ。この文房具は、ページの左側にフローチャートやデザイン原案を書くことができ、右側には要素のメモや結論を書き入れるスペースがある。仕事で求められる事柄を解決してくれる文房具が、この専門店では手に入れられるのだ。

アクセス

東京メトロ副都心線「明治神宮前」駅から徒歩約4分
TEL:03-6427-4784
営業時間:不定休

ユニークな文房具を扱う専門店#5:yuruliku(ユルリク)

出典:www.yuruliku.com

yurulikuの特徴

 yurulikuは、2005年に2人のデザイナーが文房具を取り扱う専門店としてスタートした。特徴としては、独特な視点とフレキシブルなアイデアを生かした、使うことが楽しく、嬉しくなるような文房具である。

 そもそも文房具は、子どもから大人まで様々な世代の人が、一生使う可能性のある道具である。だからこそ見た目だけでなく、質にもこだわる必要がある。この専門店は、道具としての機能性を担保するために、熟練した職人と手を組んでハンドメイドの文房具のみを扱っている。

yurulikuの代表的な文房具

出典:www.yuruliku.com
 yurulikuでは、文房具をワーキング、スクールといった使うシーンに合わせて制作している。

 中でもワーキングのカテゴリにあるSunSuke Leatherは、お気に入りの万年筆やペンといった、とっておきの文房具を大切に保存するための革ペンケースである。使い込むほどに味が出て、愛着がわくはずだ。

アクセス

JR中央線・JR中央総武線・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅から徒歩約7分
TEL:03-6206-8681
営業時間:金・土|12時〜19時、定休日|日〜木


 今回紹介した文房具専門店では、機能性に優れ、デザインにもこだわったユニークな文房具が揃っている。ここでしか出会えない文房具を、ぜひ自分の相棒としてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する