1. メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術

メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術

メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 1番目の画像
出典:www.menshealth.com
 最近では、かっちりしたスーツスタイルではなく、オフィスカジュアルという“自由でラフな服装”を推奨している会社が増えてきている。しかしながら、オフィスカジュアルの“自由でラフ”というのはジェネレーションよって加減が難しい。

 そこで本記事では、メンズオフィスカジュアルの基礎と10種の基本アイテム、コーディネート7種をご紹介しよう。
目次
+ オフィスカジュアルとは?
    + + メンズオフィスカジュアルのNG
    + + メンズオフィスカジュアルの基本アイテム10選
    + + 以上を踏まえ、オフィスカジュアルの原則を伝授
    + + メンズオフィスカジュアルコーデ:カジュアル度Level 1〜Level 7

    オフィスカジュアルとは?

     “オフィスカジュアル”は明確なルールがないため、説明が難しいのが事実。しかし、説明するとなれば、スーツスタイルにカジュアルアイテムを加えて着崩したり、リラックス感や遊びを演出したりして、ビジネスの場で必要なバランスが整えられ最低限の気遣いができるかどうか、というのがポイントになるコーディネート。

     ビジネス要素の割合は職場によって変わるため、どの程度まで着崩すか、カッチリさせるかは、周囲を見渡してから判断しなければならないのがオフィスカジュアルなのだ。

    メンズオフィスカジュアルのNG

    メンズオフィスカジュアルにおいてのNG

    • 1. カジュアル過ぎるのはNG
    • 2. 仕事中に着崩れしてしまうのはNG
    • 3. 露出度が多いのはNG
    • 4. 派手過ぎる色はNG
    • 5. 清潔感がないのはNG

    メンズオフィスカジュアルの基本アイテム10選

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #1:“テーラードジャケット”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 2番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     メンズオフィスカジュアルの一つ目の基本アイテムとしてあげられるのが、オンスタイルでお馴染みの“テーラードジャケット”。フォーマルな無地のスーツと異なり、チェック柄やストライプ柄などのデザイン性にこだわったジャケットがオフィスカジュアルには最適だろう。

     また、ウール素材のジャケットは、素材でカジュアルダウンするのもいい。このように、オフィスカジュアルにおいては、シンプルすぎるよりもデザイン性で遊び心を取り入れるのがいいだろう。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #2:“ニット”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 3番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     ニットをオフィスカジュアルで使うには、ワンポイントデザインのものがいいだろう。

     ビジネスシーンにはシンプルなものを選んでしまいがちだが、ブランドロゴのあるものを選ぶことで、オフィスカジュアルらしさのあるおしゃれ感を楽しむことができるだろう。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #3:“シャツ”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 4番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     メンズオフィスカジュアルの三つ目の基本アイテムが、シャツ。そんなシャツは、最近ではオフィスカジュアル専用のものがあるほど、オフィスカジュアルの定番アイテムなのだ。

     派手すぎるものを除いて、チェック柄・ストライプ柄・パステルカラーの無地のシャツがオフィスカジュアルスタイルで活躍するだろう。夏の暑い季節のクールビズスタイルにももってこいのアイテムだ。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #4:“ポロシャツ”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 5番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     ポロシャツは襟がついているため、清潔感はもちろん、きちんと感もアピールすることができる優れモノ。暑い夏に、オフィスカジュアルスタイルで迷いを感じたら、ポロシャツを迷わずコーディネートしてみよう。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #5:“スラックスパンツ”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 6番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     スラックスパンツは、スーツスタイルにも用いられているため、フォーマルな印象が強い。そのため、ラフ感とかっちり感を程よく演出しなくてはならないオフィスカジュアルには最適なアイテムといえよう。

     スラックスパンツは、形がフォーマルなため、明るめのカラートーンでも遊ぶことができる。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #6:“チノパン“

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 7番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     キレイ目な印象や清潔感のある印象をアピールするのに使われる、大人スタイルには欠かせないのがチノパン。オフィスカジュアルに忘れてはならないのが清潔感であるため、チノパンはオフィスカジュアルで大活躍するだろう。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #7:“ニットタイ”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 8番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     適度なフォーマル感を演出するのにもってこいなのが、ニットタイ。

     ネクタイではかっちり過ぎてしまうが、首元には油断したくないというメンズにおすすめのアイテム。ネクタイ同様に結び、ニットという素材感でオフィスカジュアルへと導くのもいいだろう。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #8:“バッグ”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 9番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     オフィスカジュアルにふさわしいバッグは、スーツスタイルにも使うことのできるものを選ばなければならない。スーツスタイルに使うバッグは、無地、ストライプ、レザーが主流だが、オフィスカジュアルにもこれらのバッグを選ぶのが間違いない。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #9:“ベルト”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 10番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     オフィスカジュアルにもってこいなベルトは、言うまでもなくレザー素材のものがいい。しかし、遊び心を利かせるために、網目状のようなカジュアル要素の高いベルトを選ぶのもおすすめだ。

    メンズオフィスカジュアル基本アイテム #10:“靴”

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 11番目の画像出典:www.amazon.co.jp
     オフィスカジュアルもスーツスタイルと同様に、革靴を選ぶのが無難だ。
     
     また、会社によって判断基準が違うため難しいところだが、派手すぎないスニーカーもいいだろう。

    以上を踏まえ、オフィスカジュアルの原則を伝授

    オフィスカジュアルの3原則

    • 原則1:基本的には襟付きのアイテムを使用しろ。Tシャツを取り入れるなら、必ずジャケットを!
    • 原則2:明るい色や柄物を取り入れるなら、必ず襟付きのものを選べ
    • 原則3:ジーンズなどのカジュアル度が高いアイテムを取り入れるなら、ジャケットのようなしっかり目のアイテムを必ず合わせろ

    メンズオフィスカジュアルコーデ:カジュアル度Level 1〜Level 7

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 1:襟なしTシャツにはジャケットを

     オフィスカジュアルにもってこいなのが、モノトーンコーデ。黒のジャケットとパンツのセットアップに、グレーのインナーで落ち着きのあるカラーバランスにするのはオフィスカジュアルに最適。

     カジュアル度の高い襟なしのインナーでも、このメンズのようにシンプルな無地Tシャツを選び、オフィスカジュアルの原則であるジャケットを羽織るということを守ればOK。

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 2:チェックシャツにはジャケットを

     チェック柄のシャツをコーディネートする場合、ジャケットを羽織りバランスをとるのがオフィスカジュアルにはふさわしい。かっちり感と清潔感はもちろん、こなれ感も演出することができるのがチェックシャツ×ジャケット。チェックシャツをタックインし、フォーマルチックにするのがオフィスカジュアルではベストな着こなしだ。

     柄物のようなカジュアル度の高いシャツを着こなすときは、このメンズもオフィスカジュアルの原則である、ジャケットでバランスを取るということを守っている。

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 3:デニムパンツを履くならトップスをフォーマルに

     オフィスカジュアルに不向きだといわれているデニムパンツを、上手にオフィスカジュアルに取り入れているのがこちらのメンズ。トップスはスーツスタイルと変わらない着こなしにし、ハズしとしてデニムパンツを採用。ここでは、細身のデニムパンツをコーディネートしてスタイリッシュにするのが鉄則となる。ユルめのデニムパンツをセレクトしてしまうと、オフィスカジュアルから逸脱したコーデになってしまうため注意してほしい。

     しかし、デニム使いは会社によってはNGという場合もあるため、慎重に選んでほしい。

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 4:夏のオフィスカジュアルにはポロシャツが抜群にいい

     夏のオフィスカジュアルコーデにもってこいなのが、こちらのポロシャツ。ポロシャツは襟付きでカジュアル度のバランスが非常にいいアイテムとして人気度が高い。

     手本となっているこのメンズは、大人の洗練さを演出するためにネイビーのポロシャツをセレクト。また、程よいかっちり感を出すために、薄青のスラックスをコーディネートしている。そして、ズボンの裾をロールアップして程よいラフ感と清涼感でまとめれば完璧な着こなしに。

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 5:爽やかに飾るにはシャツが最適

     前にも紹介した通り、オフィスカジュアルに必要不可欠なのが清潔感。これを清涼感とともに、演出しているのがこちらのメンズ。

     薄青シャツをジャストサイズにコーディネートし、青のパンツにタックイン。そうすることで爽やかで、かっちりとした印象のコーデが完成する。

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 6:地味になりがちなオフィスカジュアルには色物を使え

    メンズ“オフィスカジュアル”を徹底分析:カジュアル度別コーデ術 17番目の画像出典:america.pink
     前でも紹介したが、オフィスカジュアルにおすすめのニットはブランドロゴのあるもの。しかし、無地のニットでおしゃれな使い方をしたいのならば、このメンズのように少々派手めの色のシャツをコーディネートするのがいいだろう。

     地味になりがちなオフィスカジュアルコーデに、華やかさを取り入れることができ、表情のある着こなしに完成させることができるのだ。

    メンズオフィスカジュアルコーデLevel 7:オフィスカジュアルには断然チノパン

     オフィスカジュアルに大活躍するのが、チノパン。トップスはかっちり感を演出し、パンツにチノパンを採用すれば清潔感のある着こなしに完成。

     このメンズのようにトップスが青、パンツにベージュというカラーバランスでコーデをまとめると、大人感を演出できる。


     加減の難しいオフィスカジュアル。しかし、上手にコーディネートすることができれば、おしゃれ感はもちろんスーツスタイルでは演出できない自分の魅力をアピールできるにちがいない。本記事を参考に是非ともオフィスカジュアルでおしゃれを思う存分楽しんでほしい。

    U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
    この記事を報告する