1. 婚活×クラウドファンディング!? ホリエモンが提案する全く新しい婚活のカタチとは?

婚活×クラウドファンディング!? ホリエモンが提案する全く新しい婚活のカタチとは?

 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。『堀江貴文のQ&A「ピンポイントで勝負!?」〜vol.689〜』では、ホリエモンが驚きの婚活パーティーを提案した。

 今回取り上げたのは、「現在婚活パーティーの参加者を集めるために、チラシのポスティングを考えています。渋谷や青山などでレンタルスペースを借りて婚活パーティーを開催したいと思っているのですが、開催日より何日前にチラシを配れば良いかと考えています。

 1週間前に配ったり、3日前に配ったり、前日に配ったりして、同じマンションでも複数回分けて配布するのか、もしくは前日などに1回に配ったら良いでしょうか? チラシでお客様を婚活パーティーのホームページに誘導して、参加者を集めるのなら、どのようなことを行えばよいでしょうか?」という質問。

クラウドファンディングでお見合い相手を探す!?

  ホリエモンは、「チラシのポスティングで婚活パーティーとかに人って集まるの? なんか違う気がするけど……。そもそも収入の高い人とか美人とかイケメンといった、客を引き寄せる力を持った人たちをピンポイントで集めてこないと集客はなかなか難しいと思うんだよね……」と回答。
  
 チラシのポスティングで婚活パーティーの参加者を集めようとする質問者の考え方が、根本からずれていることを指摘するホリエモン。回答でも示しているように、婚活パーティーの集客では人数を集めるような属性を持った人やコンセプトが欠かせない。
 ここで参考になるのが、今回のゲストでクラウドファンディング「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で婚活プロジェクトを提案したたけべともこ氏。たけべ氏はなんと、自身のお見合い相手をクラウドファンディングで募集。お見合いへの参加資金として支援金を募集、目標金額26万円でクラウドファンディングを開始したところ、なんと最終的には54万円を集めることに成功した。

 たけべ氏によれば、クラウドファンディングの支援者は80人程度で、そのうち11人がお見合い相手に志願し、残りは応援団として資金を提供してくれた。応援団へのリターンは、たけべ氏のお見合い写真ポストカードと、公開お見合いの閲覧権だ。これは言ってみれば、クラウドファンディングの拡散力を活かしてお見合い相手の募集と資金調達を同時に達成しているのだ。

ホリエモン「ハゲの男性ばかりが集まる婚活パーティーはどう?」

 たけべ氏は、自身のクラウドファンディングを是非ともたくさんの人に真似してほしいと語っている。話題性がある現在だからこそ成功した企画かもしれないが、これをきっかけにお見合いの在り方が大きく変わるかもしれない。
 ホリエモンも、たけべ氏のアイデアに興味津々。これをもとに、「クラウドファンディングに参加する人だけの婚活パーティーとか面白いかもね」と新たな婚活のスタイルを提案した。この場合、クラウドファンディングの支援金が婚活パーティーの開催費や参加費の一部になるのだが、その強みはなんといっても通常では成立するかわからない独特のくくりで開催できること。

 例えば、背の高い女子やハゲな男性といったくくりを設定し、目玉としてテーマに合致する芸能人を招致(ハゲがテーマなら「トレンディエンジェル」というように)する。コンプレックスを共有したい人や芸能人目当てで集客が見込めるだけでなく、その属性が好きな人(巨女フェチやハゲフェチ)の参加も見込めるため、婚活としての成功率も高くなるかもしれない。
 婚活パーティーの開催は、やみくもに参加者を集めようとするだけではなかなか成功しない。ホリエモンの提案のように、何らかの「目玉」や「コンセプト」を用意することで初めて魅力的な企画が完成するのだ。まだまだ使い道が模索されているクラウドファンディングは、そんな魅力的な婚活の企画にもかなり役立ちそうだ。

  ホリエモンが新しい婚活について語った『堀江貴文のQ&A「ピンポイントで勝負!?」〜vol.689〜』。動画が見たい方はこちらからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する