1. ワイルドなかっこよさを演出する5つの“デニムジャケット”ブランド:自分色に染まっていく快感を知る

ワイルドなかっこよさを演出する5つの“デニムジャケット”ブランド:自分色に染まっていく快感を知る

出典:theidleman.com
 デニムジャケットといえば、その無骨なデザインが男心をくすぐる永遠のスタンダードアイテムだ。長年にわたり愛されている定番であると同時に、近年ではトレンドアイテムとして注目されていることもあり、各ブランドから多様なデザインのものが発表されている。

 そのままカジュアルに着こなしても、ドレスアップして着こなしても様になる。そんなデニムジャケットの王道ブランドや世界的ブランドから、個性あふれるデザイナーズブランドまで、おすすめブランドを紹介していこう。

おすすめの“デニムジャケット”ブランド#1:Levi’s(リーバイス)

出典:levi.jp
 誰もが知るデニムの王様。1853年創業の世界ナンバーワンデニムブランドである。

 当然、デニムジャケットも数多く揃っており、仕様も様々。色落ちやダメージなどヴィンテージさながらの風合いは、このブランドならではである。

 ヴィンテージさながらと言っても、野暮ったいということはなく、着丈や身幅などもトレンド感をしっかり取り入れた洗練されたシルエットになっている。さすがはデニムのトップブランドといったところだ。

 デニムジャケットなら1万円台から手に入るという手軽さも、このブランドの魅力のひとつである。

おすすめの“デニムジャケット”ブランド#2:DIESEL(ディーゼル)

 イタリア発のプレミアムデニムブランド。ワイルドながらも上品な色気があり、大人の男ならぜひとも着こなしたいブランドだ。

 デニムジャケットと一口に言っても、トラッカーなどの定番なものばかりではなく、ライダースなどの多様なアイテムの要素を含む、遊び心あふれる自由なデザインがこのブランドならではの特徴だ。

 こちらのブランドもラインが複数あり、デニムジャケットもシーズン毎に様々なテイストで豊富にラインナップされる。

 ラグジュアリーブランドらしい贅沢なディティールや、凝った加工が大きな魅力である。

 デニムジャケットなら3万円台からと少々値は張るが、納得させるだけの説得力があるブランドだろう。

おすすめの“デニムジャケット“ブランド#3:Nudie Jeans(ヌーディ―・ジーンズ)

 元「“Lee”ヨーロッパ」のデザイナーの手により、デニムへの情熱を込めて設立されたブランド。

 「第二の肌」をブランドコンセプトにしている通り、着込んでいくとまるで肌のように馴染んでいくのが特徴のブランドだ。

 このブランドのデニムジャケットは、ボディラインが美しく見えるように計算し、裁断・縫製されているため、着用時のシルエットは他ブランドとは一線を画すものである。

 また、ブランドのトレードマークともなっているコーティング生地は、デニムジャケットでも用いられており、独特の質感を楽しむことが出来る。

 こちらは2万円台から手に入り、良心的な価格で幅広く選ばれているブランドだ。

おすすめの“デニムジャケット”ブランド#4:KURO(クロ)

出典:kurodenim.com
 2010年登場とブランドの歴史は長くないが、世界でも類を見ないほどの高品質を誇り、瞬く間に世界中の評価を集めたブランド。

 生地の生産から縫製・加工・管理のすべてを日本国内で行なう新進気鋭の国産デニムブランドである。

 デニムジャケットは、ベーシックなデザインの物が多く、このブランドのクオリティとシルエットへの強い自信が窺える。

 また、一見シンプルでもよく見ると高度な職人の技術が用いられているなど、ブランド特有のこだわりが満載だ。

 このブランドの特徴はもうひとつ、コストパフォーマンスの高さが挙げられる。先述した通りのハイクオリティなデニムジャケットが、2万円前後で購入出来るブランドはそうそうないだろう。

おすすめの“デニムジャケット”ブランド#5:HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリック・グラマー)

 日本を代表する世界的アパレルブランド。独自の世界観でコアなファンを掴んで離さない。こちらのブランドは、デニム加工技術の高さに定評がある。

 デニムジャケットでは、オーソドックスな型がベースであることが多く、そこにヴィンテージ加工やパッチなどの装飾が施される。

 ブランドのこだわりもあり、ノンウォッシュモデルが用意されているので、一着のデニムジャケットを着倒したいという人にも嬉しい。

 セットアップのジーンズやTシャツなど、他アイテムも個性豊かなものが多い。世界観を活かし、トータルで揃えたくなるブランドである。


 今回は、デニムジャケットのおすすめブランドを5つ紹介してきた。各ブランドとも、まだまだ紹介し足りないほどの魅力がある。

 デニムジャケットは、オールシーズン活躍してくれる必須アイテムという以上に、長年着込むことで自分だけの特別な一着になっていくという楽しみがある。どのブランドも、実際に手にとってお気に入りのデニムジャケットを発見していただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する