1. 【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ 1番目の画像

 今の時代、イヤホンを持っていないという人の方が少数派だろう。

 音楽好きなら誰しもよりよい音質を求めるが、あなたは「Beats」というブランド名を知っているだろうか。

 今回の記事では、市場シェア50%を誇り、名実ともに世界最高峰のブランドとなったBeatsの特徴と、Beatsのオススメイヤホンを紹介する。

“Beats”とはどんなブランド?オーディオ機器の歴史から見るBeats

進化するイヤホンの中で、最高峰の音質を目指したBeats

 1890年代に発明されたヘッドホンは、時代の流れやニーズとともに進化してきた。

 1979年7月にSONY(ソニー)が発売した「ウォークマン」により、音楽は持ち運びが可能になり、ヘッドホンもコンパクト化され、イヤホンの進化が始まった。

 1990年代になると、アナログからデジタルへと移行し、音楽はデータ化していく。

 さらに、2001年にApple(アップル)が発売した「iPod」により、白いイヤホンはファッションアイテムとしても捉えられるようになった。

 Appleは、2014年にヘッドホンメーカー「Beats(ビーツ)」を約3,000億円で買収。

 その後発売された、音作りのプロたちが監修した最高峰の音質のためのBeatsシリーズは世界中で大ヒットした。

最高峰の音質!Beatsのオススメイヤホン#1:「Beats Tour2」

Beatsの音質をはじめて体感する人にオススメ

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ 2番目の画像

 Beatsのイヤホンといえば“Beats Tour”といわれるほどのシリーズがバージョン2に進化したイヤホンが“Beats Tour2”だ。

 派手なデザイン変更は見られないが、スポーツ等には嬉しい防水仕様になり、最高のサウンド体験を実現する為の完璧なフィット感を追求している。

 さまざまなサイズのウィングチップとイヤーチップが付属しており、iPhoneやiPadを一日中、快適なフィット感で精密なサウンドを楽しむことができる。

 気になるイヤホンサウンドは、Beatsならではの臨場感あふれる低音と鮮明な高音で、曇りないクリアな音を聴かせてくれる。

 聴いていて疲れにくく外れにくいので、長時間にわたって音楽を楽しめる。

 Beats未経験という方にもぜひ聴いてほしいエントリーモデルのイヤホンだ。

オススメイヤホン・Beats Tour2の仕様

  • カラー:5Color
  • 形状:インイヤー
  • 重量:約16g
  • RemoteTalkケーブルによるハンズフリー通話と音楽コントロール

最高峰の音質!Beatsのオススメイヤホン#2:「Powerbeats2 Wireless」

使いやすいワイヤレス設計

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ 3番目の画像

 Beats大人気のイヤホン機種“Powerbeat”の後継機にあたる“Powerbeats2 Wireless”。

 アスリートのパフォーマンスのために、軽量かつコンパクトな設計・柔軟なイヤーフックで快適なフィット感・さらには耐汗・防水機能までついているイヤホンだ。

 Beatsらしいスタイリッシュなデザインが、今までの機能重視といったスポーツイヤホンのイメージを大きく変えてくれている。

 サウンドは、搭載されている2つのダイナミック・ドライバーが音楽を力強く再生し、 Beatsらしい迫力のある低域と芯のある中高域を奏で、最高の音楽に相応しい最適なチューニングとなっている。

 またBeatsアップデーターでデバイスに名前を付け、自分専用のアイテムにパーソナライズでき、 Bluetooth、リモコン操作性も使い勝手のいいイヤホンだ。

 イヤホンとしては、やや高めな価格だが、それを考慮しても手に入れたいイヤホンだ。

オススメイヤホン・Powerbeats2 Wirelessの仕様

  • カラー:8 Color
  • 形状:インイヤー/ワイヤレス
  • 重量:約24g
  • RemoteTalkケーブルによるハンズフリー通話と音楽コントロール
  • 約9メートル離れた距離でもBluetooth®デバイスとの接続が可能
  • 6時間再生の充電式内蔵バッテリー


最高峰の音質!Beatsのオススメイヤホン#3:「Powerbeats2」 

音質よし!コスパよし!有線タイプのBeatsイヤホン

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ 4番目の画像

 Powerbeats2 Wirelessがワイヤレスタイプのイヤホンに対して、“Powerbeats2” は、魅力的な価格のワイヤードタイプのイヤホンだ。

  コスパを優先するならぜひともオススメのイヤホンだ。


オススメイヤホン・Powerbeats2の仕様

  • カラー:4 Color
  • 形状:インイヤー
  • 重量:約27g

最高峰の音質!Beatsのオススメイヤホン#4:「urBeats」

使いやすいイヤホンならurBeats!

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ 5番目の画像

  you'reを表す「ur」という特徴的な名をもつイヤホン“urBeats”は、精密に加工されたシングルビレットのメタルハウジングが特徴の頑丈なイヤホンだ。

  視聴体験に干渉する振動や不快な音を防止し、Beatsならではの低音はもちろん、中高域にかけては乾いた聴き心地のいいサウンドである。

  音域は狭めだが、Beatsの聴き応えのある音質がギュッと圧縮されたような音を楽しめるイヤホンだ。


オススメイヤホン・urBeatsの仕様

  • カラー:2 Color
  • 形状:インイヤー
  • 重量:約15g
  • iOS対応(ただし、機器によって使える機能が異なる場合がある)

最高峰の音質!Beatsのオススメイヤホン#5:「Beats by dr.dre beats Powerbeats」

アスリートのためのBeatsイヤホン!

 

【最高峰の音質“Beats”の5つのイヤホン】世界最高峰を体感せよ 6番目の画像

 パワフルでクリアーなBeatsの音響性能と低オンの歪み特性を備え、中・高音もかすむこととなく再生される。

 NBAのトッププレイヤーである「レブロン・ジェームス」が監修したシグネイチャーモデルで、ケーブル形状が平で、激しい動きでも絡まる心配がない。

 また調整可能なフレキシブル・アーム付きイヤーフックは、激しいパフォーマンスでも耳から外れることなく、優れた耐久性と快適な装着感を実現している。

 さらに汗にも強く、UVカットでスポーツシーンやアウトドアにも向いている。


オススメイヤホン・Beats by dr.dre beats Powerbeatsの仕様

  • 形式 : ダイナミック密閉型
  • 重量 : 約14g
  • プラグ : 金メッキミニプラグ

 音楽が気軽に携帯できる時代だからこそ、最高峰の音質で聴きたいと思うものだ。

 Beatsシリーズのイヤホンなら、激しいパフォーマンス・都会の喧噪の中でも、クリアで上質なサウンドをさりげなくまとうことができる。

 日々の生活に、Beats製品で彩りを添えてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する