1. “低音”に自信アリ!の聞くに心地いい5つのおすすめイヤホン:体の芯にまで響き渡る、極上の重低音

“低音”に自信アリ!の聞くに心地いい5つのおすすめイヤホン:体の芯にまで響き渡る、極上の重低音

出典:pcwallart.com
 低音重視派や高音重視派など、音の好みは人それぞれであるが、いろいろなタイプのイヤホンを試しながら、自分の好みに合ったイヤホンを探している人も多いのではないだろうか。

 また、気に入った低音、高音が実現可能なイヤホンがなかなか見つからないという人もいるだろう。そんな中で、音にこだわりを持っている場合、特に低音に強いイヤホンを好んでいるユーザーも多いことは確かである。

 低音を豊かに響かせてくれるイヤホンは数多くあるが、具体的にどのような低音のイヤホンが良いのだろうか。今回は、低音のこだわり派必見の「低音がおすすめのイヤホン」を紹介していくことにしよう。

低音がおすすめのイヤホン#1:「JVCケンウッド/カナル型イヤホン HA-FX1X」

 JVCケンウッドのカナル型イヤホン「HA-FX1X」は、エクストリームディープバスポートという独自の音響構造により、パワフル且つクリアでキレのある重低音が実現可能になったおすすめの低音イヤホンである。

 この低音イヤホンは、大きな本体を安定して装着できるように、エルゴノミックアングルドフォルムを採用することで、音筒部に最適な角度がついているのが特徴である。

 そして、この低音イヤホンには、衝撃に強いエラストマー素材が用いられており、ハウジングをしっかりガードしている。コストパフォーマンスも高く、おすすめの低音イヤホンである。

低音がおすすめのイヤホン#2:「SONY(ソニー)/カナル型イヤホン MDR-XB50」

出典:www.sony.jp
SONYのカナル型イヤホン「MDR-XB50」は、ハウジング上のダクトにより、低域の振動板の動作を最適化することにより、重低音のグルーブ感をあますところなく楽しむことが出来るおすすめの低音イヤホンである。

 この低音イヤホンは、装着性に優れており、耳元に気を取られることなく、快適に音楽を楽しむことができる。

 また、この低音イヤホンは、高感度の12mmドライバーユニットを搭載しており、高感度で歪みの少ない音の再生が可能となっている。

低音がおすすめのイヤホン#3:「Pioneer(パイオニア)/密閉型カナルイヤホン SE-CL721」

 パイオニアのカナルイヤホン「SE-CL721」は、力強い低音再生を実現するために、強磁力ネオジムマグネットを内蔵したおすすめの低音イヤホンである。

 この低音イヤホンは、リズム&ビートの響きが力強く、ストリート系に非常にマッチしている。

 左右がアシンメトリーカラーのデザインになっており、ファッション性と機能性の両面を併せ持ったおすすめ低音イヤホンである。

低音がおすすめのイヤホン#4:「Radius(ラディウス)/インナーイヤーヘッドフォン HP-NHR21R」

出典:www.radius.co.jp
 ラディウスのイヤホン「HP-NHR21R」は、ドライバーユニット内蔵で、ドライバー低域の音圧を上げることにより、精度の高い音質を実現したおすすめ低音イヤホンだ。

 この低音イヤホンは、振動板の動作を最適化するバスポート構造により、しっかりとした重低音を楽しむことができるのが特徴である。

 この低音イヤホンは、他の低音イヤホンに比べと高価かもしれないが、価格に見合った優れたパフォーマンスを発揮すること間違いなしのおすすめ低音イヤホンである。

低音がおすすめのイヤホン#5:「audio-technica(オーディオテクニカ)カナル型イヤホン ATH-CKS55X」

 オーディオテクニカのカナル型イヤホン「ATH-CKS55X」は、エクストラチャンバーメカニズムという独自性能により、大きな音響容積と密度を高めたキレのある重低音が特徴のおすすめ低音イヤホンである。

 2ポジションポストにより、耳のフィット感に優れ遮音性が高いので、音漏れを防ぎ、快適な重低音再生が可能になった。

 また、この低音イヤホンは、高弾性のエラストマーシースコードで、耐久性にも優れている。さらに、専用ポーチが付属されているので、イヤホン携帯するのにも便利である。


 今回は、低音こだわり派必見の低音がおすすめのイヤホンを5つ紹介してきた。低音イヤホンの購入を考えている人は、今回紹介したおすすめの低音イヤホンを是非参考にしてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する