1. 意外とたくさんある? “パーカー”の種類とイケてる着こなしを紹介!

意外とたくさんある? “パーカー”の種類とイケてる着こなしを紹介!

出典:www.highsnobiety.com
 春はシャツの上に一枚、夏は腰巻き、秋はトップスの上に羽織り、冬はダウンやコートの下に重ね着と一年中着回し出来るパーカーは、誰でも一枚は持っていたいマストアイテムだ。しかし、その着やすさ、合わせやすさゆえにパーカーを使った種類のファッションは単調になりがちである。今回はそんなパーカーをお洒落に着こなすコツを紹介していく。

どんなパーカーの種類があるの?

 パーカーとは、一般的に首の根元にフードのついているトップスを指す。一口にパーカーと言ってもその種類は様々ではあるが、主流としてはプルオーバーパーカー、ジップパーカー、マウンテンパーカーの3つの種類を挙げることができる。

 英語圏ではフーディと呼ばれることが多いが、基本的には同じ種類のものを指す。しかし、フードが着いていれば何でもパーカーと呼ぶのかと言われたら、そうではない。例えば、ダッフルコートにはフードが着いていることが多いが、それはパーカーではなくダッフルコートと呼ばれるのだ。というわけでこの記事では、一般的にパーカーと判断されるアイテムについて種類別に紹介していく。

プルオーバーパーカー

 そもそもプルオーバーとは、前にチャックなどが付いておらず、頭から被って着る種類のトップスを指すのだが、そのプルオーバーにフードが着いたものがプルオーバーパーカーである。いわゆるトレーナーにフードが付いているものと考えてもらえれば簡単に想像してもらえるかもしれない。生地は基本的にはスウェット地の種類のものが多く、スウェットパーカーと呼ばれる場合も同じ種類のものを指す。

ジップパーカー

 ジップパーカーは、その名前から分かるように、チャック付きで前開きをすることができるパーカーを指す。ほとんどがスウェット地であるが、ニット地の種類のアイテムも一定数存在する。多くの人がパーカーと聞いてまず初めに連想するのがこのジップパーカーだろう。

マウンテンパーカー

 マウンテンパーカーは、登山などのアウトドア用に作られた、防寒性や耐久性に優れた種類のパーカーである。ナイロン地のものが多く、風を通さずに体を暖めるパーカーとして、冬のコーディネートにぴったりな定番アイテムだ。機能性が高い一方で、コーディネートにも取り入れやすいのがこの種類のパーカーの魅力である。

パーカーを着こなすポイントとは?

 この3種類のパーカーを実際に着こなすコツを紹介していこう。

プルオーバーパーカー

出典:hiconsumption.com
 プルオーバーパーカーは、1枚で着るにはカジュアルすぎてつまらなく見えてしまう。その解決策として、インナーに襟付きのシャツを着ることが挙げられる。プルオーバーパーカーは首元が狭いため、インナーにシャツを着ることで首元からさりげなく襟を見せるというお洒落な着こなしが出来るのだ。チェック柄などの柄もののシャツを着れば、ちらりと見える襟元が単調なファッションを良い意味で崩してくれる。また、フードのないコートのインナーとしてもおすすめだ。

ジップパーカー

出典:www.lyst.co.uk
 ジップパーカーには、ジップの開け閉めでファッション全体の雰囲気を変えることができるという利点がある。前開きにすればカジュアルに、前を閉じればタイトに着こなすことができるのだ。真ん中の部分だけを閉じてアクセントをつけるなどして、その定番さゆえの子供っぽさが出ないようにバランスのとれた種類のファッションを心がけよう。

マウンテンパーカー

出典:www.lyst.com
 そもそもマウンテンパーカーは、登山用に作られたものなので、万一の遭難の際に見つけられやすくするために、蛍光色などの他のアイテムには見られない様々な種類の色をしたモデルが多いのが特徴である。そのため、つい暗い種類の色でまとめがちな冬のファッションのアクセントとして使うのが効果的である。例えば、前開きにした際に見えるインナーは柄ものではなく無地のシャツにし、パンツも暗めなトーンのものを揃えるとぐっとお洒落に見えるだろう。

着こなしやすいパーカーとは?

 様々な種類のパーカーの着こなし方を紹介してきたが、パーカー初心者に最も着こなしやすいアイテムとはどのような種類のパーカーなのであろうか。一つの答えとしては、グレーパーカーが挙げられるだろう。街中を歩いていてパーカーを着ている人を見てみると、その色がグレーである比率はとても高い。どんな色や柄と合わせても比較的色味が合いやすく、たいていのショップで置いてあり手に入れやすいグレーパーカーはどのような種類のコーディネートをしたら良いかわからない初心者でもぜひ持っていたいアイテムだ。

 そんなグレーパーカーを選ぶ際のコツとして挙げられることは、ややムラ感のあるグレーを選ぶことだ。一言にグレーと言っても明るめのライトグレーから黒に近いグレーまで様々な色の種類が存在する。更に織り方によっても見え方が変わるため、選択肢は沢山ある。ここで選びたいグレーは、霜降り感があるものや、濃淡のあるグレーなどムラ感のある種類のグレーである。このムラ感が全体のコーディネートへの合いやすさに影響を与えるので、ぜひ参考にしてほしい。


 様々な種類、色味が存在するパーカーは、ファッションにおいて欠かせないアイテムであることがお分かりいただけただろう。今回紹介したことを参考にして、自分自身の理想のファッションに合う種類のパーカーをぜひ生活に取り入れてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する