1. カメラを趣味にすると人生が豊かに。 人に誇れる趣味が欲しいあなたへおくる「カメラのすゝめ」決定版

カメラを趣味にすると人生が豊かに。 人に誇れる趣味が欲しいあなたへおくる「カメラのすゝめ」決定版

「趣味はなんですか?」

 仕事での打ち合わせや面接、合コンや友達との会話など、あらゆるシーンで聞かれるこの言葉。人に合わせていつも答えを変えているあなた、人に自信を持って言える趣味が欲しいと思ったことはないだろうか。

 趣味があれば休日が楽しくなり、趣味が合えば会話は広がる。趣味で広がっていく余暇や人とのつながりは、人生をより豊かにする。今日はそんな趣味を持ちたいあなたへ、誰でも気軽に始められる趣味「カメラ」に焦点を当て、カメラを趣味にするメリット、カメラの選び方から撮影のポイントまで広く紹介していきたい。

カメラを趣味にすると人生が豊かに? カメラを趣味にする3つのメリット

 カメラを趣味にするとなぜ人生が豊かになるのか。カメラを趣味にすることには、主に3つのメリットがある。

一瞬(思い出)を残せる

by life.shooter
「人生は短い」

 よく言われる言葉がある。私たちはめまぐるしく過ぎていく毎日を過ごす中で、1日1日の大切さや貴重な体験を、すぐ忘れてしまったり見落としてしまったりする。カメラには、日常の一瞬を切り取る力があり、切り取られた一瞬は、写真として手元に残すことができる。後にその写真を見返したとき、そこには当時の友人や見た景色、感情が詰まっていることが感じられるだろう。

物事を捉える力が身につく

by Takashi Hanamura
 カメラは、まず被写体選びから始まる。「何を撮るか」「どういう風に撮るか」「どんな目的で撮るか」。カメラを趣味にすることによって、状況や目的に応じて試行錯誤しながら写真を撮ることの楽しさに気づくだろう。それがカメラの醍醐味である。そしてそれを繰り返していく内に、あなたには「写真を撮る=物事を捉える力」が身についているはず。

人と感動を共有できる

by chant0m0
 FacebookやTwitter、インスタグラムでカメラで撮った写真をアップする行為が当たり前になった現代。あなたが撮った写真は、世界中の人たちにシェアすることができる。自分一人だけで楽しむ趣味もいいものだが、せっかくならカメラの感動や楽しさを誰かと共有し、さらに趣味の輪を広げていくことにカメラを趣味することの素晴らしさがあるのではないだろうか。

【カメラの選び方】撮影シーン・用途別の3つのおすすめカメラ

 実際にカメラを趣味にするために不可欠なカメラ選び。自分が良いと思って選んだカメラは、愛着がわくもの。何年も付き合っていく相棒選びに失敗しないためにも、しっかりとしたカメラを選んでもらいたい。ここでは、「どうせやるなら趣味でも全力で打ち込んでほしい」、そんな気持ちを込めて一眼レフカメラをおすすめしたい。

「一眼レフは高い」
「iPhoneで十分」

 そういった声もよく耳にする。確かに、カメラは比較的高価なものも多いし、最近のiPhoneカメラの性能は目を見張るものがある。しかし、みんなが持っているiPhoneでなく、しっかり選んでお金を出す価値が一眼レフにはある。何より、今後ずっと続けていける、人生を豊かにできるような趣味にするためにも、ぜひ一眼レフに挑戦してみてほしい。

 一眼レフカメラには様々なものがあるが、ここでは失敗しないためにも、自分が撮りたい画や用途に合わせておすすめのカメラを紹介する。

撮影シーン①  旅行や日常のひとときをカメラで収めたい

「友人と行く旅行でたくさん写真を撮りたい」
「日常の風景や休日のちょっとしたお出かけにお供させたい」
 
 そんなあなたには、比較的軽量で持ち運びに便利なミラーレス一眼レフカメラをおすすめする。ファインダーこそ覗けないが、その他の描写力は普通の一眼レフカメラと変わらない。その身軽さを生かしてたくさんの写真を撮り、最高の一枚を収めてほしい。

・おすすめのミラーレス一眼レフカメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7
出典: Amazon.co.jp
 ミラーレス一眼レフカメラ国内シェアNo.1のオリンパスから。コストパフォーマンスに優れ、サッと取り出しサッと撮る、そんなシーンにふさわしい手ぶれ補正も充実したカメラ。

撮影シーン②  一人旅やツーリング。見たまま、感じたままに風景を収めたい

 一人旅やドライブ、ツーリングなど、綺麗な風景や撮影スポットを求めて旅をし、そこで見たこと、感じたことをできるだけ鮮明にカメラで収めたい。そんなあなたには、通常の一眼レフカメラ(APS-C機)をおすすめする。ファインダーを覗く楽しさ、一枚一枚にこだわり、よりクオリティの高い写真を求める「撮る」醍醐味がそこにはある。

・おすすめの一眼レフカメラ(APS-C機):Canon EOS7D
出典: Amazon.co.jp
 APS-C機にもかかわらず、パフォーマンスはプロなどが使用する一眼レフの最高峰であるフルサイズ機と遜色ないほど。お好みのレンズに合わせぜひ検討してみてはどうだろうか。

撮影シーン③  動きのある被写体や動画撮影まで、趣味を武器に一歩先を進んだ描写へ

 趣味であっても、やるからには最高レベルのものを求めるあなた。上記2種類の一眼レフカメラでも十分な撮影が可能であるが、そこから先に一歩進んだ、より高い描写力を求める人には、一眼レフカメラの最高峰とも言われるフルサイズ機を紹介したい。これさえあれば、動きの激しい被写体や、ハイレベルな動画撮影など、より幅広いシーン・用途で不満なくカメラの力を発揮できるだろう。極めれば友人の結婚式やプロモーション動画など、趣味から仕事へつながっていくかもしれない。

・おすすめの一眼レフカメラ(フルサイズ機):Nikon D610
出典: Amazon.co.jp
 ここではNikonから。フルサイズ機のカメラにふさわしい充実した機能と描写力。高速連写機能を活かした動く被写体を捉える力が魅力。

【撮影の基本】カメラでここだけは押さえておきたい撮影の3つのポイント

「一眼レフカメラを買ったはいいけど、機能が多くて使い方がよく分からない」
「結局オート設定で撮影する」
 
 そんな人も多いかもしれない。自信を持ってカメラを趣味にするためにも、カメラの性能、撮影の際の基本的ポイントをしっかりと押さえておこう。覚えることの多そうな一眼レフカメラも、まず以下の3つのポイントさえ理解していれば、それだけで良い写真が撮れるのだ。

【撮影の3つのポイント】
① 絞り
② ISO感度
③ シャッタースピード

ポイント①  絞り

 カメラには絞り値(=F値)というものがある。F値を変えると、絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わる。F値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、F値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなる。つまり、F値が小さい方が明るい写真になる。

撮影テクニック

  • カメラで明るい写真を撮りたい場合は、F値を「小さく」して撮影し、暗い写真にしたい場合は、F値を「大きく」して撮影する。
 このF値には、もう一つ重要な要素がある。それはピントが合う範囲が変わるということ。F値を大きくするほどピントの合う範囲が広くなる。逆に、F値を小さくするほどピントの合う範囲は狭くなる。つまりピントがあっていないボケる部分が広くなる。

撮影テクニック

  • カメラで背景がぼけたいい感じの写真を手っ取り早く撮りたい場合は、このF値をできるだけ小さくすると良い。逆に、集合写真のように写真全体にピントを合わせたい場合はF値を上げれば良い。

ポイント②  ISO感度

 F値は「光を取り込む量」、それに対しISO感度は「光を取り込む強さ」を表す。ISO感度を「上げる」とカメラで撮った写真は明るくなる。ISO感度を上げれば、夜間など暗い場所でもカメラ撮影が可能となるのである。

 F値とISO感度の違いが分からないと思う方もいるだろう。両者の細かい違いはさておき、ここでは簡単でシンプルに二つを使い分ける方法を紹介する。

撮影テクニック

  • ISO感度はある程度固定し、撮影状況や撮りたい画に合わせてカメラのF値を調整する。

    例:
    「野外での明るいところではISO感度を100に」
    「室内での暗いところではISO感度を400に」
    といったように、まずISO感度を固定、次にF値をいじりながら、被写体の明るさやぼけ具合を調整していく。
 これらを駆使した結果、F値を調整してもまだ写真が暗すぎる、明るすぎるといった場合に、再度ISO感度を調整していくというのが良いだろう。ただし、ISO感度は上げすぎると、「ノイズ」と呼ばれるものが出て、カメラで撮った写真が汚く写るため、注意してほしい。

ポイント③  シャッタースピード

 シャッタースピードは、(映像素子に)光を取り込む時間を決定する。このスピードが1/60(ろくじゅうぶんのいち)であれば、1/60秒だけ映像素子に光が当たる。このシャッタースピードは、基本的にはスポーツや飛んでいる鳥、運動会でのお子様など、動くものを撮る時に重要になる機能である。被写体の動きのスピードに合わせ、このシャッタースピードを調整することで、動く被写体でも鮮明に写真に収めることが可能となる。

撮影テクニック

  • カメラで動きの早い被写体を鮮明に捉えたい
    →シャッタースピードを早くする
 他にも、シャッタースピードを意図的に遅くすることによって、川の流れや雨のはねる様子を流動的に捉えることも可能である。

撮影テクニック

  • カメラで動く被写体の動きの流れ(川の流れや雨のはねる様子など)を表現したい
    →シャッタースピードを遅くする
 また、シャッタースピードは「光を取り込む時間」設定なので、光を取り込む時間が長ければ長いほど多くの光を取り込むということになる。つまり先述したF値とISO感度の調整に合わせ、F値を下げても駄目、ISO感度もノイズが出そうでもう上げられない、けどもっと明るくしたいといった時には、このシャッタースピードを調整(遅く)すれば良い。

 
 今回は「カメラを趣味にする」というテーマで、そのメリットやカメラ選びから撮影ポイントまで広く紹介した。カメラはハマればハマるほど奥が深く、自信を持って趣味にする価値がある。ぜひ、その楽しさ、難しさ、素晴らしさを体験し、豊かなカメラライフを送ってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する