1. 節電効果絶大? 断熱カーテンについて!

節電効果絶大? 断熱カーテンについて!

節電効果絶大? 断熱カーテンについて! 1番目の画像
出典:www.cambridgedevelopmentco.com
 「断熱カーテンってなんだろう?」「熱を断つカーテン?」あまり知られていない断熱カーテンだが実は節電効果もある優れものらしい! そこで今回は断熱カーテンについて分析してみた!

断熱カーテンとは?

 さっそくだが「断熱カーテン」とはなんだろう。耳にしたことのある人もいるかもしれないが、ここで詳しく説明していく。断熱カーテンとは、その名の通り熱を遮断する機能を持ったカーテンのことだ。布地を数層重ねることで、空気の層が熱の移動をシャットアウトし、外部の熱が中へ、内部の熱が外へ流れることを防ぐメカニズムになっている。

 夏は部屋の中の温度が下がり、日光によって外の気温が熱くなるが、布地の間の空気が熱を遮断してくれているので快適に過ごすことができる。昨今は夏場の電力不足が騒がれているが、断熱カーテンは節電対策にも活用することができるようだ。そんな機能性たっぷりの断熱カーテンをご紹介していく。

断熱カーテンの効果は?

 上記でも説明したように、断熱カーテンには空気の層によって熱の移動をシャットアウトする機能がついている。そのため断熱カーテンは、夏の暑い外気と室内を遮断するだけでなく、外が寒く室内が暖かくなる冬にも活用することができる。どちらの季節も暖房やエアコンの使用量を少なくすることができる。

 夏場などは家に帰ってくると日光で室内が温まり、蒸し風呂状態になっているなんてこともあるかもしれない。そんな時、外出前に断熱カーテンを閉めておけば室内の温度が上昇するのを防ぐことができるので、帰宅時に不快な思いをすることも無くなるのではないだろうか。

 また、断熱カーテンの多くには遮光機能も搭載されている。遮光カーテンとは太陽光線を完全にシャットアウトする機能を持ったカーテンのことで、通常のカーテンに比べ格段に、室内に入ってくる光の量を減らすことができる。夜間に労働するため、昼間は部屋を暗くしてぐっすり寝ていたいという人にはかなりオススメだ!

断熱カーテンを使って節電しよう

  上記でも説明したが、断熱カーテンには、夏は外の熱が室内に伝わりにくく、冬は室内の暖気を外に逃がしにくくする機能がある。この機能を上手に活用すれば節電することもできる。昨今は夏に電力不足に陥ることが多く、対策が必要となってくる。

 この電力不足に1番効くのがエアコンの節電だ。断熱カーテンを使えば夏の暑い日差しで温められた外気が室内に入ってくることを防ぐことができ、また室内の冷気が外に逃げるのも防ぐことができる。

 日中の陽射しの強い南向きの部屋や西日の入る西向きの部屋では体感温度を約1度下げる効果が期待できる。また遮光カーテンにより、エアコンの設定温度を1度上げて節電ができるようだ。しかしここで問題になってくるのが断熱カーテンの遮光性だ。日中に部屋が暗くなってしまうのはいただけないだろう。

 そこで利用したいのが断熱機能が搭載されたレースカーテンだ。レースカーテンであるため採光性が高く、室内を明るい状態に保つことができる。また最近は断熱カーテン自体が採光性の高いものも登場しているので、ぜひ活用して欲しい。


 断熱カーテンは熱を防ぐだけではなく、逆に室内の温度を保つこともできることがお分かりいただけただろうか。この特性を利用すれば断熱カーテンは1年間使うことができる。断熱カーテンを上手く使えば、暖房や冷房の使用量を減らすことができるので、ぜひ節電に役立てて欲しい。

 また最近は、機能性だけでなくデザイン性も備えたオシャレな断熱カーテンも幅広くラインナップされているので、要チェックだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する