1. 明日から早起きできる、超カンタンな6つの方法:『人生が好転する早起きメソッド 』

明日から早起きできる、超カンタンな6つの方法:『人生が好転する早起きメソッド 』

  • 8276views
  • 1fav

出典:www.rohitdhir.com
 「早起きは三文の得」と諺にある通り、早起きできる方法を築ければ、あなたは早起きできる方法を実践できない人に差を付けることができる。実際、早起きする方法を築くことで、あなたの健康等は格段に良くなる。

 本書『明日から「朝型人間」になる! リバウンドなし! 人生が好転する早起きメソッド』には、あなたの人生に確実にプラスになる早起きの方法が紹介されている。是非、本書の方法でもって、健康的な人生を謳歌してほしい。

明日からできる早起きの方法#1:1アラームで起きる

出典:www.amazon.co.jp
  早起きの最良の方法は、1アラームで起きることである。なぜなら、1アラームで早起きる方法を実践できないと、次のアラームまで二度寝をしてしまうサイクルをズルズルと続けてしまう。結果として、早起きなっていないことがあるからだ。

  また、アラームをセットする際には、「一度しかならない!」と自分に言い聞かせる方法も有効だ。そのように言い聞かせると、1アラームで早起きする「覚悟」がつくからだ。

明日からできる早起きの方法#2:起床時に「フゥーッ!」と息を吐く

 早起きしたければ、起床時に思い切り「フゥー」と息を吐く方法をお勧めする。起きた際に息を吐くことで、身体は本能的に空気を吸おうとするので、脳に酸素が回り早起きにつながるからである。

明日からできる早起きの方法#3:休日に「寝だめ」をしない

 休日に「寝だめ」をすることは、早起きの方法としては邪道である。もし、平日に早起きする習慣が身についていたら、その習慣が休日の「寝だめ」により狂ってしまうからである。平日に早起きする習慣が身についていなくても、人間の睡眠欲求は本能なので尽きることがない。結果的に、寝だめは早起きをする上では中途半端な方法としかならない。

明日からできる早起きの方法#4:早朝に太陽の光を浴びる

 あなたが、早起きしたければ、太陽の陽を毎日早朝に1分程度浴びる方法をおすすめする。日光には、体内時計をリセットする効果があり、早朝に太陽の光を1分浴びることで、体内時計が早朝に起きるようにセットされる。

明日からできる早起きの方法 #5:朝食を食べる

 朝食を食べる方法を採ることで、体内時計が早朝にセットアップされ早起きがしやすくなる。もし、早朝に食事を取る時間がなければ、バナナの一本でも食べる方法を用いると、体内時計が早朝にセットされやすくなる。

 それ以外にも、肩回し、腕回し、足踏み等のリズム運動をする方法を採ると、体内のリズムが朝にセットされ、早起きにつながる。

明日からできる早起きの方法#6:7時間眠るようにする

 人間の最適睡眠時間は7時間と言われている。あなたが早起きのための効果的な方法を採用したければ、早起きする7時間まえに寝る方法を採るといい。その際は、寝る3時間前にはお酒やタバコを控える方法を採ると、自分で決めた早朝に早起きしやすい。なぜなら、お酒やタバコに含まれるアルコールやニコチンには、睡眠を浅くする効果があるので、寝起きを悪くし、早起きを阻害するのだ。また、睡眠の4時間前にカフェインを摂取する方法も、眠りを浅くしてしまうので、早起きのためには避けたい方法だ。

 一方、睡眠の前に明るい光を浴びることも、早起きを阻害してしまう方法だ。明るい光は太陽と似ているので、身体を活性化してしまい、眠りを浅くし寝起きを悪くしてしまう。


 以上、早起きの方法について紹介してきた。概して、早起きには体内時計と睡眠が大きく関係しているので、早起きの方法はそれらを考慮に入れたものになっている。このような早起きの方法を是非モノにし、あなたも朝から仕事のできる「効率的なビジネスマン」へと成長してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する