1. いくらかかる? スポーツカーの維持費について

いくらかかる? スポーツカーの維持費について

いくらかかる? スポーツカーの維持費について 1番目の画像
出典:www.barbuza.com
 男の憧れであるスポーツカー。それは今も昔も変わっていない。美しく華やかなボディは見る者を引き付けてやまないし、性能が良く操作性が高いスポーツカーは運転の楽しさを再発見させてくれるだろう。

 ただスポーツカーを買おうとあなたが考えるならば、スポーツカーの持つ実際的な側面、つまりその経済的負担にも目を向けなければいけないのは言うまでもない。今回はスポーツカーの購入を漠然と考えている方に、スポーツカーの値段や維持費について説明し、それを参考にしていただいて購入の第一歩を踏み出していただければと思う。

スポーツカーの購入はいくらが相場?

 スポーツカーの値段はモノによって大きな差がある。安いものは200万円~から購入可能だが、1,000万円を超えるものも多い。日産「GT-R」、レクサス「IS-F」など王道のスポーツカーは1,000万円近くの値段がつく。一概に相場を断ずることは出来ないが、5~600万円あれば満足できる性能の新車を手に入れることができるように思う。

 ただ新車にこだわらないのであれば、安い中古車を求めるという手もある。中古車であれば200万円を切る安価な車が多く、若い方にも手が出やすいのではないだろうか。

 また次に述べるが、車本体の値段が安いからといって軽々に買いに走ることはしない方が良い。車は非常に大きな買い物であり、その維持に本体以上の出費がかかることも珍しくないからだ。

スポーツカーの維持費は年間どのくらいかかる?

 車は金食い虫である。持っているだけで税金がかかるだけでなく、加入の義務付けられる自賠責保険、またガソリン代も安くはない。スポーツカーに限らず車を購入する際に考慮しなければならないのがこれらをまとめた維持費である。年間の維持費としては、ガソリン代、オイル代、任意保険代、駐車代、車検代(税金含む)、高速費用、修理(消耗品)費用などが考えられる。

 車を持っているだけで必ず発生する費用は自動車税である。自動車税は排気量によって決まり、毎年4月1日に所有者に支払い義務が生じる。2016年度、乗用車の所有者には最低29,500円の納税義務が生じ、総排気量に応じて増額される(最高は11万1,000円)。期限が過ぎると延滞金が日毎に加算されるほか、最悪の場合、車を差し押さえられることもあるので要注意だ。

 また車を運転するにあたっては任意保険に加入するのが賢明である。これは自賠責ではカバーしきれない範囲の保険である。任意保険は種類によってかなり差が出るがだいたい2~8万円ほど。補償内容と自分のニーズを考えて決めるのが良い。

v駐車代は都心部で高くなる傾向があり、田舎の方だとかからないのが普通だが、都心では月1万ほどは見る必要がある。車検代は自賠責保険、重量税、印紙代など含め、年換算で10万円としておこう。そうすると高速費用や不慮の修理費用を除き、年間の維持費は30~40万円(ガソリン代5~10万)ほどかかってしまう。もう少し減らせるかもしれないが、基本的に維持費はこのオーダーの金額がかかるということを分かって頂きたい。

維持費が安いおすすめのスポーツカーは?

 やはり維持費が安いのは軽スポーツカーだろう。スズキ「カプチーノ」、ダイハツ「コペン」、ホンダ「S660」。これらは新車価格も安く、見栄えも良く、走りを楽しむには充分な性能を具えているように思う。あとはトヨタの「セリカ」。中古車だが4人乗りで扱いやすいのではないだろうか。販売店を訪ねてみると、いろんな選択肢が出てきて面白いと思う。


 以上、見てきたようにスポーツカーの維持費は決して安いものではない。それでもスポーツカーを運転する楽しさはやはり格別である。好きな車にお金をかけて楽しむ、そんな大人の贅沢を是非みなさんに味わっていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する