1. 軽自動車で高速道路は走れる?最高速度はどれくらい?:高速道路を軽自動車で走るときの基礎知識

軽自動車で高速道路は走れる?最高速度はどれくらい?:高速道路を軽自動車で走るときの基礎知識

軽自動車で高速道路は走れる?最高速度はどれくらい?:高速道路を軽自動車で走るときの基礎知識 1番目の画像

 普通車よりも一回り小さな軽自動車は、値段も安くて機能も控えめなため所持しやすいだろう。

 しかし、100km/hのスピードで走る車も多い高速道路を軽自動車で走るなんて少し心配……。そもそも軽自動車で高速道路を走ってもよいのだろうか?

 そんな疑問を持ったあなたのために、本記事では軽自動車が高速道路を走るときに知っておきたい情報を紹介していこう。

軽自動車で高速道路を走るときに出せる最高速度は?

軽自動車が高速道路を走行できる最高速度は「100km/h」

 高速道路を軽自動車で走ることはまったく問題ない。普通自動車で高速道路を走行するときと同じく、速度制限や標識に気をつけよう。

 それでは、普通自動車よりコンパクトな軽自動車が高速道路で出せる「最高速度」はどれくらいだろう?

 人によっては「軽自動車は、普通自動車よりも速度を出せない」と考えるかもしれない。

 2000年9月以前までは高速道路における軽自動車や、バイクといった自動二輪車の最高速度は80km/hと定められていた。

 しかし、2000年10月から軽自動車と自動二輪車も、普通自動車と同じく高速道路での最高速度は100km/hへと改定されている。

 よって、現在は軽自動車も普通自動車と同様の速度、100km/hで高速道路を走行することができるのだ。

軽自動車で高速道路を走行したいときに知っておきべきポイント

  • 高速道路は軽自動車で走行OK
  • 高速道路での軽自動車の最高速度は100km/h

高速道路での軽自動車と普通自動車の「料金の違い」

軽自動車で高速道路は走れる?最高速度はどれくらい?:高速道路を軽自動車で走るときの基礎知識 2番目の画像

高速道路の最高速度には違いなし。高速道路の使用料金には違いあり?

 上述したが、高速道路での最高速度には軽自動車と普通自動車の違いはない。

 高速道路の制限速度は基本的に最高速度100km/h、最低速度50km/hと定められているが、中には上記の通りでない高速道路もある。

 高速道路では標識をよく確認して、適切な速度で走行してほしい。

 では、「高速道路の使用料金」には違いはあるのだろうか?

高速道路の使用料金は軽自動車の方が安い!

 軽自動車でも普通車と同様に100km/hで走ることができる。違いがあるのは高速道路の使用料金だ。

 軽自動車で走行する高速道路によっても異なるが、基本的に軽自動車の高速道路の使用料金は普通車の約80%だ。

 たとえば、NEXCOの料金設定では東京~名古屋間が、普通車は7,090円かかるのに対し、軽自動車では5,910円となっている。(2018年5月現在)

 しかし、例外もあり、首都高速道路・阪神高速道路・名古屋高速道路などは軽自動車と普通車の料金はほぼ同等だ。

軽自動車で快適に高速道路を走るコツ

 軽自動車でも普通車と同様の速度で高速道路を走行でき、さらに軽自動車なら高速料金も安くなるというと、高速道路を軽自動車で走行することにはメリットしかないようにも感じられる。

 しかし、高速道路で走行する軽自動車には注意してほしいこともある。ここでは、軽自動車で高速道路を快適に走るコツを見ていきたい。

軽自動車と普通車の違いは「軽さ」「風への耐久力」

 さて、軽自動車と普通車の違いとはなんだろう?

 軽自動車は読んで字の如く、普通車よりも「軽い」。

 軽量化にこだわった軽自動車は、風に弱い。また、軽量でいて高さもあるため、余計に風に影響を受ける恐れがある。

 とくに100km/hくらいの速度で走行しているときに強風を受けると、大きく横滑りして事故を招いてしまうかもしれない。

 走行中に風が強くなってきたと感じたら、速度を落とし、安全に目的地まで着くよう注意してほしい

軽自動車で高速道路を走行するときは「天候」と「車種」をチェック

 軽自動車で高速道路に乗る際、トラブルを避けるためのポイントは2つ。

 1つ目は天候に注意することだ。

 いうまでもないが、風が強い日に軽自動車で高速道路を走ることは、事故を起こすリスクが高まる。

 風が強い日は、軽自動車で高速道路を走行することを極力避けてほしい。

 2つ目のポイントは、ターボエンジン搭載車を選ぶことだ。軽自動車の中にもターボつきの車種がある。

 ターボエンジンがついた軽自動車なら、高速道路の走行中に風が強くなり、パワーが必要となる場面でもターボエンジン無しの軽自動車と比べて運転しやすい。


 現行の交通法では、軽自動車も他の車両と同じ速度で高速道路を走行することができる。

 しかし、軽自動車ゆえに風に弱いという面もあるのも事実。

 従来の弱点をカバーする機能が搭載された軽自動車の車種を選び、快適に高速道路を走行する工夫をしてほしい。

 軽自動車でも安全に運転できるように、本記事で軽自動車の特徴を理解して高速道路を走行しよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する