1. 軽自動車で高速道路は走れる? 最高速度はどれくらい出せるの?

軽自動車で高速道路は走れる? 最高速度はどれくらい出せるの?

軽自動車で高速道路は走れる? 最高速度はどれくらい出せるの? 1番目の画像
出典:www.goodcarbadcar.net
 普通車よりも一回り小さな軽自動車、値段も安くて機能も控えめ、100km/hを超すスピードで走る高速道路を軽自動車で走るのはちょっと心配な気もするけど……。そんなあなたのために軽自動車の高速道路事情を徹底的に分析してみました!

軽自動車で出せる最高速度は?

 さて、早速だが高速道路で出せる軽自動車の最高速度はどれくらいなのだろうか。人によっては「普通車よりもスピード出してはいけないのでは?」と考えている人もいるのではないだろうか。確かに2000年9月以前は、軽自動車と自動二輪車の高速道路での最高速度は80km/hと定められていた。

 しかし、2000年10月からは軽自動車と自動二輪車も普通車と同様に、高速道路での最高速速度は100km/hということに改定された。よって、軽自動車も高速道路では他の普通車と同様の速度で走行することができる。

軽自動車と普通車の交通法の違いは?

 上記でも述べたが、高速道路において、最高速度に関する軽自動車と普通車の違いはない。軽自動車でも普通車と同様に100km/hで走ることができる。違いがあるとすれば高速道路の使用料金ではないだろうか。高速道路によっても異なるが、基本的、は軽自動車の料金は普通車の8割となっている。

 ただ例外もあり、首都高速道路、阪神高速道路、名古屋高速道路などは軽自動車と普通車の料金は同等となっている。高速道路の制限速度は基本的に最高速度100km/h、最低速度50km/hと定められているが、中にはそうではない場合もある。

 制限速度が100km/hとなっているのは中央分離帯のある高速道路はあり、この中央分離帯がない場合、車種によっては70km/hに速度を制限されることもある。
  

軽自動車で快適に高速道路を走るコツは?

 軽自動車でも普通車と同様の速度で高速道路を走行できることがわかった。さらに高速料金も安くなるとのことで、高速道路を軽自動車で走行することにはメリットしかないようにも思える。

 しかし、そこには思わぬ落とし穴もある。ここでは、軽自動車で快適に高速道路を走るコツをお教えしたい。さて、軽自動車と普通車の違いとはなんだろう。字の通り普通車より「軽い」ということである。軽自動車は軽量化にこだわった上で製造される。そのため非常に風に弱い。

 これに加えて軽自動車の形状がさらに風邪を受けやすい作りになっている。軽自動車は規約で定められた上限ギリギリに作られるので普通車と比べて縦に長い、高さのある作りになっている。つまり軽量な上に高差があるので風に極めて弱いのだ。また、車高が高いので空気の抵抗を受けてしまい、燃費が悪くなる傾向にもある。

 このような事態を改善するには2つポイントがある。一つ目は天候に注意することだ。言うまでもないが、風が強い日に高速道路で軽自動車を運転することは、結果的に速度を落としてしまい、風に煽られて事故も起こしかねない。

 極力避けるべきだろう。二つ目のポイントはターボ車を選ぶことだ。軽自動車の中にターボ車という車種がある。ターボをつけることにより、高速道路走行時にパワーが必要となり回転数が上がってしまう状況で回転数を抑え、燃費を良くする効果が得られる。


 現在の交通法では、軽自動車も他の車両と遜色なく高速道路を走行することができる。しかし、そこには軽自動車ゆえの落とし穴もある。最近の軽自動車には従来の弱点をカバーする機能を搭載した車種もある。満足の行く快適な走りを実現させるためにも、細かいところに気を使い、上手に運転する必要があるのではないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する