1. 人間関係がめんどくさい人におくる、最強の「人の動かし方」:『頭に来てもアホとは戦うな!』

人間関係がめんどくさい人におくる、最強の「人の動かし方」:『頭に来てもアホとは戦うな!』

  • 5288views
  • 0fav

出典:www.fastcompany.com
  「人間関係がめんどくさい」――そのような声は、“つながりすぎる”現代人に多いセリフだが、そんな人間関係がめんどくさい中でも、自らのパフォーマンスを向上させる方法があればどうだろうか? 仕事で成果を出すためには無駄なめんどくさい人間関係を減らし、自分のために協力してくれる最高の味方を増やしていこうではないか。

 本書『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』は、人間関係がめんどくさいあなたに、勇気を与えてくれる。是非、自らの「失敗」にもとづいて書かれている愚直でありながらしたたかで、格好悪く見えて、効果はてきめんな人間関係の築き方を実践してほしい。

人間関係がめんどくさい人におくる、最強の「人の動かし方」

自分の時間価値を強く意識すること

 人間関係がめんどくさいときは、自分と向き合う時間を持つといい。めんどくさい人間関係を取っ払って、素の自分と向き合うのだ。そうすることで、めんどくさい人間関係にとらわれて見えてこなかった「自分の好きな生き方」が見えてくる。人生において、生きている時間は限られている。ならば、めんどくさい人間関係を排除して、その分を自分のために謳歌した方がプラスに働くというものだ。

 また、人間関係をめんどくさいと思ってしまう感情は、「他人にめんどくさい理由」を求めていることから始まる。自分が頑張っても、他人がめんどくさいままであることは多いのだから、そのような人間関係など取っ払って、あなたは自分のしたいことを素直にすればいいのだ。

ずっと同じ人といるのは、止める

出典:www.amazon.co.jp
 よく言われる言葉に「あなたは自分の周りにいる5人の平均」というのがある。考えてみれば、めんどくさい人間関係に陥ったのも、そういった周囲の5人に影響されてしまったからかもしれない。ならば、そのようなめんどくさい人間関係をつくる人たちの元を離れて、新しい人たちと接してみるのだ。そこには、今よりもっと良い人間関係をめんどくさいこともなく、構築できるヒントがあるかもしれないのだ。

 仮に新たに出会った人がめんどくさくても、「この人はそういう人だ」と最初から割り切って人間関係を維持できるかもしれない。多くの場合、めんどくさい人間関係に陥る最たる理由は、「他人に求めてしまう」ことから来ている。最初から初対面であれば、特に求めることもなく流すこともできる。ひょっとしたら、そういった初対面の人とのやりとりから、めんどくさい人間関係を解消するコツが学べるかもしれない。

誰にでも平等に接することは、止める

 「誰にでも平等に接する」というセリフは非常にきれいだ。だが、めんどくさい人間関係と縁の深い言葉だ。なぜなら、人間関係には男女の関係があるように、性別一つとっても同じでない。だから、「誰にでも平等に接すること」ができるわけがない。例えば、男性は、優位性をみせつけられない人間関係をめんどくさいと感じるので、褒められることを喜ぶ。また女性は、共感を求められない人間関係をめんどくさいと感じるので、「頷かれる」ような共感を喜ぶ。男女の人間関係でさえこれだけ違うのだから、どれにでも平等に接しようとしてはめんどくさい人間関係はいつまでたっても拭えない。

政治的に動く人間とは、付き合わない

 政治的に動く人間と付き合うと、めんどくさい人間関係に陥りやすい。人間関係には派閥がよくあるが、「この派閥の人とならいいや」と考えていると、自分の主体的な行動が取れなくなり、人間関係に引きずられて、めんどくさい生き方になりやすい。人間というものは本能として政治性が備わっているが、それゆえに「自分が何をしたいのか」がわからなくなり、めんどくさい人間関係にハマってしまうのだ。それよりは、自分が好きだと思う人といる習慣を身につけた方がめんどくさいこともなく、納得する人間関係を構築しやすい。

アホには、花を持たせておけばいい

 あなたが「自分の好きな生き方」をできていれば、アホな人をめんどくさいと思うことなく、花を持たせるような人間関係を構築できる。なぜなら、自分の好きな生き方が出来てさえいれば、アホとの人間関係のことなど取るに足らないからだ。よって、めんどくさいと思うことなく頭を下げたり、誹謗中傷を受け流すことができる。逆にアホのめんどくさい文句を流せないということは、めんどくさい人間関係に引きずられ、「自分の好きな生き方」を実践できていない証拠だ。

 中には短気な人もいるだろうが、それでも「自分の好きな生き方」が見えていれば、めんどくさいと思うことなくアホな人からの中傷にも耐えられるはずだ。そうやって「自分の好きな生き方」を活かすために、アホに引きずられれずに済む。そのようなめんどくさい人間関係にとらわれなくなったあなたは、将来、本物の人間関係に出会うことができるだろう。


 以上、本書『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』から、人間関係がめんどくさい人におくる最強の「人の動かし方」を紹介してきた。まとめると、それは「自分の好きな生き方」に開眼することであった。所詮、めんどくさい人間関係も、自分の好きな生き方に開眼することで流せるようになる。そういった域に達したあなたの視界には、「最高の人間関係」が待っていることであろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する