1. 英語の勉強には洋楽を聴くべし!「英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト」トップ3を発表

英語の勉強には洋楽を聴くべし!「英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト」トップ3を発表

英語の勉強には洋楽を聴くべし!「英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト」トップ3を発表 1番目の画像

 英語の勉強には、さまざまな課題がつきものだ。文法の問題集は面白くないし、単語帳を買ってコツコツ暗記する気にもなれない。

 そういった挫折を経験している人は少なくないだろう。

 英語の勉強には、洋楽が「効く」のだ。今回は、英語学習に使える洋楽のおすすめアーティストをご紹介しよう。

なぜ洋楽が英語の勉強に「効く」のか?

 洋楽は使い方次第で、英語の勉強のための最良のテキストになる。

 なぜ、そこまで洋楽が英語の勉強に推されるのか?理由はしっかりあるのだ。

英語教材では勉強できないことが洋楽で学べる

 日本の学校の英語教育で用いられる英語学習教材はあくまでも「学習者用」として作られており、その弊害がリスニングにあらわれやすい。

  もう少し詳しく説明すると、学習者用のCDで聞く「英語」は話すスピードが恐ろしく遅いのである。

  それだけではなく、会話で使われるフレーズは当のネイティブ・スピーカーからすると時代遅れに感じられることも多い。

 英語学習教材に比べて、洋楽の歌詞には「使える英語」がたくさん含まれており、リスニングや文法など英語の勉強に幅広く効果があるのだ。

洋楽を使った英語の勉強法とは

 洋楽が英語の勉強に効果的なのはわかったが、ただ洋楽を聴き流すだけでは上達も遅れてしまう。

 そこで、洋楽を使って英語を勉強する際のコツについて紹介しよう。

【洋楽を用いた英語勉強法①】歌詞を意識する

 洋楽の歌詞の中には、日常生活でよく使われる英語フレーズなど、英語の勉強に使える要素が多く含まれる。 

 どういう曲なのか歌詞を見ながら確かめると、曲のコンセプトがわかって楽しいだろう。悲しい曲や楽しい曲など、自分の気分に合わせて幅広く聞くのがおすすめだ。

 初めは歌詞に照らし合わせながら曲を聞き、慣れてきたら一緒に口ずさむといいだろう。

 また、歌詞を紙に書いてみると歌詞が覚えやすく、英語力アップに繋がること間違いない。

【洋楽を用いた英語勉強法②】発音を真似する

 洋楽のほとんどが歌手の国籍問わず、アメリカ英語の発音であることを知っていただろうか?

 例えば、「〜ができる」という意味の助動詞「can」はイギリス英語のように「カン」ではなくアメリカ英語の「キャン」で発音されることが多い。

 日本の英語教育もアメリカ英語がベースとなっているので、アメリカ発音の洋楽は発音の練習に最適なのだ。

 曲に合わせて歌い、自分の歌声を録音しながら発音を矯正すると英語の発音は一気に上達するだろう。

【洋楽を用いた英語勉強法③】何度も繰り返し歌う

 歌詞を覚え、発音の練習も終えたら、次は繰り返し歌ってみよう。

 何度も歌うことで歌詞が定着し、英語の単語やフレーズ、文章などが英語で会話の中で口から出てきやすくなるのだ。

 全部の歌詞を覚えなくとも、サビだけで効果的である。

 とにかくさまざまな曲を聞いて、より多くの英語と触れ合うことが大切なのだ。

洋楽を使って勉強する際のポイント

  • 歌詞を意識する
  • 発音を真似する
  • 何度も繰り返し歌う

英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト第3位:「Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)」

英語の勉強には洋楽を聴くべし!「英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト」トップ3を発表 2番目の画像
出典:amzn.to

 まずはじめに英語の勉強におすすめしたい洋楽アーティストは、アメリカの大人気歌手「Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)」だ。

 「Just The Way You Are / ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」という曲は日本でもCMソングとして使われたことがあり、聴いたことがあるという人も多いはずだ。

  ブルーノ・マーズが英語の勉強に使える洋楽アーティストとして第3位に上がった理由を見ていこう。

洋楽アーティストのブルーノ・マーズが英語の勉強におすすめな理由とは?

  ブルーノ・マーズの曲を英語の勉強におすすめする理由は、以下の3つが挙げられる。

ブルーノ・マーズの曲が英語の勉強におすすめな理由

  • さまざまな曲調の曲があるので、聴いていて飽きない
  • 洋楽にしてはテンポが早すぎないため、英語の発音が聴き取りやすい
  • 歌詞のフレーズが口をついて出やすい

 「The Lazy Song / ザ・レイジー・ソング」では、「Today I don't feel like doing anything(今日はとくになんにもしたくないんだ)」という歌詞から曲が始まる。

 こうしたフレーズはビジネスシーンでこそ使わないものの、日常的な会話では当たり前のように出てくる。

 ある程度「使える英語」を勉強しようと思うと一定レベルで語彙力や文法の勉強が必要になる。

 「英語を話す」という意味では、洋楽に出てくるフレーズをまるまる覚えてしまうのも勉強の1つの手だ。


英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト第2位:「Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)」

英語の勉強には洋楽を聴くべし!「英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト」トップ3を発表 3番目の画像
出典:amzn.to

 次に紹介する、英語の勉強におすすめ洋楽アーティストは、アメリカ人シンガーソングライター「Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)」だ。

 ジェイソン・ムラーズが、おすすめの洋楽アーティスト第2位になった理由を見ていこう。

洋楽アーティストのジェイソン・ムラーズが英語の勉強におすすめな理由とは?

 ジェイソン・ムラーズの曲を英語の勉強におすすめする理由は非常にシンプルで「英語の発音がとにかく聴き取りやすい」からだ。

 「The Woman I Love / ザ・ウーマン・アイ・ラブ」などは一度英語の歌詞を見ながら曲を聴くと、次からは歌詞なしでも比較的聴き取りやすいことがわかる。

 ジェイソン・ムラーズの曲は洋楽のなかでもトップクラスに英語の発音が聴き取りやすく、リスニングの勉強にたいへん使いやすい。

 さらに言えば、歌詞に使われている文法も比較的簡単なので、ブルーノ・マーズ同様フレーズごとまるごと覚えて差し支えない。

 耳を英語に慣らすにはおすすめの歌手だ。英語勉強用の洋楽としては、攻守ともにバランスが取れた優等生である。



英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト第1位:「Carpenters(カーペンターズ)」

英語の勉強には洋楽を聴くべし!「英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト」トップ3を発表 4番目の画像
出典:amzn.to

 堂々の英語の勉強におすすめ洋楽アーティスト1位は「Carpenters(カーペンターズ)」だ。

 「カーペンターズ」の曲は日本のテレビ番組でも挿入歌としてたびたび使われており、聴いたことのない人はいないほどメジャーな歌手である。

  あえて曲名を挙げれば「Top Of The World / トップ・オブ・ザ・ワールド」などが有名だ。

 カーペンターズが英語の勉強におすすめの洋楽アーティスト第1位の理由を見ていこう。

英語の勉強におすすめ洋楽アーティストの理由①:圧倒的に聴き取りやすい発音

 まず、聴いてもらえればわかる通り、「カーペンターズ」の曲は単語一つひとつがとてもハッキリ発音されている。

 アメリカ英語によくあるつながった発音もほとんどなく、イギリス英語のように慣れないと聞き取れないということもない。

 歌詞を聞き取りながら曲を聴けば、カーペンターズはリスニングの勉強に最適な洋楽アーティストなのだ。

英語の勉強におすすめ洋楽アーティストの理由②:平易な言い回し

 また、カーペンターズには平易な言い回しが使われている。

 というのも、歌詞で使われている文法が日本の中学校程度の英語知識で十分理解できるレベルなのだ。

 初心者にとってはカーペンターズの英語の歌詞を読んで理解するだけでも十分英語の勉強になる。

英語の勉強におすすめ洋楽アーティストの理由③:歌詞丸暗記で「使える英語」になる

 最後に、カーペンターズの曲の歌詞を丸暗記することで「使える英語」が身につくのだ。 

 上述したとおり、カーペンターズの曲の歌詞は単語も文法も簡単なので、日常会話用に覚えておくと役に立つ。

 1曲分の歌詞を覚えておくだけで、英語でメールを書くときも、英語で会話をするときも、嫌味のないシンプルな言い回しが出てくるようになる。

 洋楽とひとくちに言ってもさまざまなジャンルがあるが、年代や性別を問わず聴きやすい洋楽アーティストはカーペンターズくらいではないだろうか。

「カーペンターズ」の曲が英語の勉強におすすめな理由

  • 圧倒的に聴き取りやすい発音
  • 平易な言い回し
  • 歌詞丸暗記で「使える英語」になる


 英語の勉強には何かと手間暇やお金がかかることも多い。

 「洋楽を聴く」というシンプルかつ安価な方法だけで、英語を使える武器にすることも十分可能なことがわかっただろう。

 英語はとにかく反復練習が大切で、会話にしろメールにしろ、頭で考えずに反射的に必要なフレーズが出てくることがポイントとなる。

 そのために、洋楽という耳に残りやすいものを英語の勉強に利用するのは理にかなっていると言えるだろう。

 いつもの勉強の気分転換に、また本格的な勉強のきっかけにぜひ聴いてみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する