1. 30秒でうちとける一生モノの「雑談力」 オチも結論もいらない会話のルール『雑談力が上がる話し方』

30秒でうちとける一生モノの「雑談力」 オチも結論もいらない会話のルール『雑談力が上がる話し方』

  • 17276views
  • 0fav

by decoded_conf
 あなたがいつも雑談する人はどんな人だろうか? 恐らく、互いに好印象を持っている人だろう。その人は、あなたの味方と言ってもいい。ならば、雑談力とは「相手を味方につける力」だと言ってもいいだろう。

 現代のビジネスシーンでは、あまりうちとけていない人と一緒にプロジェクトを進めることも多い。本書『雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール』には、そういった人をたった30秒で味方につけられる「会話のルール」が紹介されている。オチも結論もナシで、誰でも実践できる「雑談力のある会話」だ。

 是非、本書が紹介する「会話のルール」で相手を味方に引き入れ、「あの人がいるとなぜかプロジェクトがスムーズにいくよね」という評価を手に入れよう。

「雑談力のある会話」のルールは、「中身がない」こと

 雑談力のある会話とは、究極的には「中身のない」会話を繰り広げることである。そのような観点から見ると、女性の会話は雑談力に満ちている。彼女たちは、取り留めのない会話をすることで馴れ親しみ、相手を引き込んでいく。そうやって雑談力を使い、味方を増やしているのだ。まさに雑談力ある会話の好例と言えよう。

「雑談力のある会話」のルールをマスターするテク

雑談力向上テク①:あいさつ+αを心掛ける

 実は、雑談力を鍛える身近な方法がある。それは「挨拶しかしないような人に『挨拶+α』の話題を振ってみること」である。それでは、相手に応じてもらえなかったときに辛いという人も、考えてみてほしい。というのも、挨拶だけするような人と雑談がうまく出来なかったとしても、その場限りの恥ずかしさだけで、大して痛くもないはずだ。失うものが少ないため、雑談力を鍛える格好のチャンスであろう。

雑談力向上テク②:相手の見えているところを褒める

出典:www.amazon.co.jp
 また雑談力が大してなくても、相手を褒めることはできる。相手をけなすことに比べてラクであり、相手も気持ちがいい。根本的に、雑談力というものは、相手を味方に引き入れることなのだ。なので、褒めて相手の気分を良くすることは、雑談力を身に着けることに直結する。

 そして相手を褒める際、まずはお互いが目で見えているモノを褒めてあげるといい。なぜなら、見える部分は互いに視認できるので、共有しやすいのだ。そのため、「目で見えているところを褒める」ことが雑談力を効率的に上げる方法なのだ。

雑談力向上テク③:聞き上手になる

 雑談力がない人は、自分から喋りまくってしまう。そして、かえって相手の話を遮ってしまい、悪印象を与えてしまうのだ。それでは雑談力が低いと言わざるを得ない。

 雑談力のある人は、聞き上手に徹する。というのも、そうやって相手の立場や事情に耳を貸すことで、「あなたのことを受け入れますよ」というサインを出すのだ。人は誰しも、自分のことを受け入れてくれる人と仲良くなりたい。つまり、聞くことに徹することで、相手を味方につけるきっかけになるのだ。話すことだけが雑談力ではないというのが、雑談力の真髄であろう。

雑談力向上テク④:相手の興味のあるものを覚えておく

 雑談力向上の秘訣は、まず相手のことを受け入れることだ。そのためには、相手の興味関心を覚えておくこといい。例えば、相手の好きなアーティストを覚えていると、その話題を振ることができる。そして「よく覚えてくれていたね」と、相手もあなたに親近感が湧く。つまり、以前以上に味方意識が高まるのだ。

雑談力向上テク⑤:相手の興味のありそうな話題をストックしておく

 相手の興味のあるものを覚えたら、次にそのような話題をストックしておくと、さらに雑談力は向上する。というのも、そうしておけば「自分の好きなことをこんなに抑えてくれている」と、相手もますますあなたに親近感が湧き、味方につきやすくなるのだ。
 
 また、話題のストックが豊富な雑談力のある人とは、なによりも話しやすい。カバーできる領域が多いと知ってもらえれば、相手が気楽にあなたに話題を振ってくれ、そこを端緒にしてさらに雑談力に溢れた会話をすれば、相手はさらにあなたの味方につきやすくなってくる。

雑談力向上テク⑥:人、マンガ、テレビ、あらゆるモノから雑談力向上のテクを学ぶ

 人、漫画、テレビは、雑談力を向上させる教科書と言ってもいい。例えば、芸人は様々な雑談力を駆使して、多くの視聴者を引き込んでいる。そういった彼らの雑談力のレベルは非常に高い。ならば、あなたの雑談力向上の良いお手本となってくれるであろう。また、テレビなら気軽に楽しく見れるので、雑談力を向上させる取り組みが続きやすい。三日坊主な人にオススメな雑談力向上のツールである。

 他にも、雑談力の高い友人や上司と付き合うという手もある。テレビと違って生で彼らの雑談力を体感できるので、あなたの雑談力の向上の近道になるであろう。また、
そうやってあなたの雑談力を磨いている過程で、雑談力のある彼らを味方に引き入れることもできる。そうすることができれば、味方を作っていく雑談力の一歩にもなるだろう。まさに、一石二鳥な雑談力の向上法であろう。

「雑談力」をマスターする6つの方法

  • 雑談力向上テク①:あいさつ+αを心掛ける
  • 雑談力向上テク②:相手の見えているところを褒める
  • 雑談力向上テク③:聞き上手になる
  • 雑談力向上テク④:相手の興味のあるものを覚えておく
  • 雑談力向上テク⑤:相手の興味のありそうな話題をストックしておく
  • 雑談力向上テク⑥:人、マンガ、テレビ、あらゆるモノから雑談力向上のテクを学ぶ

 以上、人を味方につける「雑談力」向上の秘訣を紹介してきた。このように雑談力を成長させて、周囲を味方だらけにしてみよう。そうすれば、あなたはどのような環境にでも適合できるビジネスマンとなれる。転勤・出張もなんのそのだ。是非とも、本書でもって「雑談力のある」スマートなビジネスマンになっていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する