1. 預金残高がマイナスに? 理由と対処方法について

預金残高がマイナスに? 理由と対処方法について

預金残高がマイナスに? 理由と対処方法について 1番目の画像
出典:www.coindesk.com
 いつの間にか、預金残高がマイナスに……という事態が起きているのをご存じであろうか。または、今まさにその状態である人もいるのではないだろうか。預金残高がマイナスになる理由と、その対処法について今回はまとめていく。今、口座にマイナスのお金がある人は、この機会にぜひ対処をしてみてほしい。

どのような場合に預金残高がマイナスになるの?

 そもそもなぜ預金残高がマイナスという事態が起こるのだろうか。普通であれば、入っている以上の金額は引き出すことは不可能であり、そのためマイナスになるなんてことはありえない。じつはそこには、ある銀行口座のシステムが関係しているのだ。

 銀行預金をする際、「総合口座」を使用している人が、この対象となる。この総合口座とは、普通預金に加えて定期預金や積立預金などが同じ通帳にセットされているタイプの物であり、一冊の通帳で複数の預金口座を管理できるようになる、最近の主流の口座である。

 この総合口座手帳には、「自動融資機能」というものが備わっており、もし普通預金に金額を超える自動引き落としなどがあった場合、定期預金を担保として定期預金額の90%までを上限に、自動的に融資が行われるようになっている。その際、融資金額が残高の部分にマイナスとして表示される。すなわち、普通預金口座の残高がマイナスとなっている場合、銀行から借り入れを行っている状態にあるということとなるのだ。

預金残高がマイナスのまま放置したらどうなるの?

 自分の口座と言えど、マイナスがついているということは、銀行に借金をしているということになるため、残高のマイナス分には利息が発生している。多くの銀行では、利息は0.5%とされており、その分の利率がひかれているという認識をすればよいだろう。

 マイナスを放置していると、せっかく金利の高い定期預金に預けているにも関わらず、マイナスの利息分の方が多いため、毎回残高から一定額を引かれていることとなる。これでは、定期預金の意味もなく、むしろ損をしているというのは、自明のことであろう。

預金残高がマイナスになった場合の正しい対処法について

 それでは、預金残高がマイナスになってしまった場合どのように対処すれば良いのか。もし、他の銀行等の口座にお金が余っており、ある程度余裕があるのであれば、マイナスとなっている口座に即座に入金し、プラスに戻すことが必要である。対処が遅れれば遅れるほど、利息分がひかれていくことになるため、早めに行動をする必要があるだろう。

 では、そのような余裕がない場合はどうすればよいか。端的に言ってしまえば、定期預金を解約してでも、マイナス残高をストップさせることが正しい対処法だ。すこし例を見てみよう。

 30万円の定期預金がある場合、10万円の自動借入を60日間使用したとする。担保にしている定期預金の金利を0.03%とすると、借入利率は0.03+0.5=0.53となる。定期預金の1年間の受け取り利息は、30万×0.03=90円。国税13円と地方税4円を引くと手取りは73円となる。

 そして、10万×0.53×60/360=87円。つまり14円の損となってしまう。対して、30万を解約して、普通預金に移し、10万を返済したとすると、20万円が普通預金に残り、普通預金の金利が0.02%とした場合、20×0.02%で、40円の利息を受け取ることが出来る。国税6円と地方税2円を引いたとしても、一年間で32円の利息が付くことになり、ある程度の利益を得ることが出来るのだ。

 このように、定期預金を解約した方が、長い目で見てもメリットが大きいことがわかるだろう。


 以上、残高がマイナスになるという状況がなぜ起こるのか、また、起こった際にどのように対処すれば良いのかを具体的にまとめてきた。

 預金に関しては、数字としてしか目に見えないため億劫になってしまいがちだが、早く対処をすることで余計な損を防ぐことが出来る。日々の生活の中で、定期的に時間をとり預金について考える習慣をつけてみてはいかがであろか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する