1. メンズファッションの大黒柱、“白シャツコーデ”決定版:これからの季節には白シャツで爽やかに飾れ

メンズファッションの大黒柱、“白シャツコーデ”決定版:これからの季節には白シャツで爽やかに飾れ

出典:toutiao.com
 白シャツの魅力は、何といってもその清潔感と清涼感。周囲に好印象を与えたい時には、白シャツをコーディネートするのが正解だ。これからの暖かくなる季節には、白シャツをおしゃれにコーディネートして、爽やかなメンズを演出するのがいいだろう。

 本記事では、白シャツのおしゃれなコーデ術とおすすめブランドについて紹介しよう。

白シャツコーデ #1:モノトーンコーデで大人顔に

出典:lookastic.com
 まずは、こちらの白シャツコーデからご紹介。

 白シャツの清潔感をさらに際立たせているのが、黒のパンツ。黒のパンツをコーディネートすることで、白の鮮やかさが際立つのだ。

 このモノトーンコーデは、白シャツとパンツをタイトにコーディネートすることで、スタイリッシュなシルエットを実現している。

白シャツコーデ #2:大人カジュアルスタイルにはスキニーデニム

 白シャツをよりカジュアルにコーディネートしたいのなら、こちらのコーデがいいだろう。

 コーデをよりカジュアルな印象に仕上げてくれる定番アイテムが、このデニムパンツ。スタイリッシュにキメるために、スキニーを選ぶのが大人の着こなし。

 コーデに程よいかっちり感を演出するために、白シャツをパンツにタックインすれば、大人の休日白シャツコーデの完成。

白シャツコーデ #3:スラックスでドレッシー仕上げ

 白シャツはスーツスタイルの基本アイテムでもあるため、スラックスのようなドレッシーなアイテムとの相性も抜群。

 このコーデでは程よい抜け感を演出するために、靴下をあえて履かず、足元をラフに仕上げている。

白シャツコーデ #4:青の綿パンで大人のキレイめスタイル

 白シャツをキレイめスタイルに仕上げてくれるのが、青の綿パン。コーデ全体をタイトに仕上げ、小物アイテムにレザー素材のものをセレクトすると、大人顔にコーデがまとまる。

白シャツコーデ #5:足元をラフにすれば、爽やかさUP

 白シャツコーデをさらに爽やかな印象にしてくれるのが、サンダル。パンツのドレッシーな印象に馴染むよう、レザー素材を選ぶのがおしゃれ術。

 白シャツの胸元を広く開ければ、ワイルドさも演出することができるだろう。

白シャツコーデ#6:白シャツでかっちりコーディネート

 白シャツをかっちりコーデにするには、こちらのコーデが参考となる。

 スーツスタイルに近いこのコーデは、パーティーなどにおすすめ。白シャツのボタンをきちんと閉め、黒のスラックスにタックイン。そして、サスペンダーをコーディネートすれば、大人メンズのかっちりコーデの完成。

白シャツコーデ#7:ワンポイントロゴをアクセントに

出典:toutiao.com
 白シャツコーデに最も取り入れられるアクセントが、ワンポイントロゴ。白シャツの胸元に光る小さなブランドロゴは、白シャツコーデには欠かせない存在感。

 白シャツコーデに迷いを感じたら、まずはブランドロゴのある白シャツを選んでみてはいかがだろう。

白シャツコーデ #8:コーデを薄色で統一して、優しい印象に

出典:toutiao.com
 白シャツコーデを優しい印象にするには、薄色(白)のアイテムで統一するということ。

 このコーデでは、外見にメリハリをつけるために、同じ色調の白にするのではなく、色調の異なる白をコーディネートしている。

白シャツコーデ #9:チノパンで落ち着いた印象に

出典:toutiao.com
 大人のカジュアルスタイルの定番アイテム、チノパン。これとの相性がいいのも白シャツだ。

 白シャツ×チノパンで落ち着いた印象のコーデに仕上げることができ、誰でも簡単に着こなすことのできるコーデともいえよう。

白シャツコーデ#10:褪せ色のダメージスキニーパンツでイマドキ風

出典:toutiao.com
 白シャツコーデをイマドキ風に仕上げるには、褪せ色のダメージスキニーパンツ。

 褪せの強いこのダメージスキニーパンツは、2016年流行中のアイテムであるため、白シャツコーデをトレンディスタイルへと導くことができるだ。

 コーデ全体のカラーバランスをうまくまとめるために、スニーカーには白スニーカーをコーディネートするのがいいだろう。これからの季節にぴったりのコーデに仕上げることができるにちがいない。

白シャツコーデ #11:セットアップのインナーには白シャツが王道

出典:toutiao.com
 こちらのコーデは、履いているパンツと、手に持っているジャケットがセットアップになっている。

 このセットアップにも、白シャツが抜群にハマり、コーデを爽やかな印象に仕上げることができる。かっちりしすぎないために、白シャツをシャツ出ししてラフに飾れば、オフスタイルも楽しむことができるのだ。

白シャツコーデ#12:男らしいボディラインをアピール

出典:toutiao.com
 男らしいボディラインを見せつけるには、このコーデのように、少々小さめの白シャツをコーディネートするのがいいだろう。

 しかし、サイズ感を一歩間違えてしまうと、子供っぽくなり、ダサコーデになってしまうため注意が必要。

これからの季節に嬉しい、半袖の白シャツコーデ

半袖白シャツ×スウェットパンツでラフコーデ

出典:toutiao.com
 半袖白シャツをラフにコーディネートしているのが、こちらのコーデ。パンツに細身のスウェットパンツをセレクトし、タイトなサイズ感でコーデをまとめるのがイマドキの着こなし。

 コーデ全体のラフな印象にマッチさせるべく、踝を出し、足元を軽やかにするのがいいだろう。

半袖白シャツ×膝上丈パンツの夏コーデ

出典:toutiao.com
 少し気は早いが、半袖白シャツの夏コーデがこちら。

 膝上丈の短パンをコーディネートすることで、半袖白シャツをより夏の印象に仕上げることができる。白シャツの爽やかな印象を崩さないために、パンツの色は薄い色にするのがいいだろう。

ビーチに行くなら、この白シャツコーデ

出典:toutiao.com
 ビーチに行くなら少し派手めなコーデが丁度いい。

 このコーデは、半袖白シャツの爽やかな印象にマッチするよう、薄緑のパンツと青のカバンをコーディネートしている。コーデ全体が海のような色合いに演出され、ビーチの涼しげな印象をアピールするとができるにちがいない。

半袖×短パンでもドレス感を忘れない白シャツコーデ

出典:toutiao.com
 半袖×短パンのコーディネートだと、ラフなコーデになりがち。しかし、このコーデはドレッシーな印象を感じさせている。

 コーデ全体をモノトーンに演出し、半袖白シャツのボタンをかっちりと全て閉め、靴下も踝の見えない長さのものをコーディネート。最後にこのコーデのまとめ役として、ツバ広ハットをコーディネートすることで、コーデ全体をドレッシーにまとめることができるのだ。

白シャツのおすすめブランド

JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

出典:style-cruise.jp
 ジャーナルスタンダードの春夏の定番、白シャツ。ハリのあるリネン素材のシャツから、ミリタリーの要素を落とし込んだ白シャツ。リネンならではのフシのある表情と、さらっとした肌触りが心地よい素材感が魅力のこの白シャツ。

 麻独特の軽い素材感が、カジュアルになりがちなミリタリースタイリングを品良く纏めてくれる、シンプルながら存在感の抜群の白シャツだ。

LACOSTE(ラコステ)

出典:www.lacoste.jp
 ボタンダウンのプレーンな白シャツがこちら。背ヨークの吊り・両脇のガゼットのカラーを変え、胸にはワニ刺繍が施されている。さまざまなテイストの着こなしで使える万能な白シャツだ。

WEGO(ウィゴー)

出典:gocart.jp
 毎シーズン好評の、オックスフォードを使用したプレーンな白シャツ。胸元のポケットに施したカモフラージュ柄がインパクト溢れる仕上がりとなっている。程よくウエストをシェイプすることで、着心地よくスマートに着用することのできる白シャツ。

 定番のデザインはシーズン問わず長く使うことができる。一枚でコーディネートするのは勿論、インナーとしてのアクセント使いもおすすめ。

Ralph Lauren(ラルフローレン)

 幅の広い袖と深いアームホールのデザインで、ゆったりとしたシルエットに仕上げた、通気性に優れているリネンの白シャツ。胸元のポニーの刺繍がコーデに洗練された印象をプラスしてくれるにちがいない。

GU(ジーユー)

出典:www.uniqlo.com
 定番シャツを大胆にリニューアルしたこの白シャツ。素材は従来のものを一から見直し、ハリとコシがあるしっかりとしたものになるよう、織りの密度を上げ、耐久性と着心地をアップ。着続けることで生地が馴染んでいく、風合い豊かな白シャツに完成。

H&M(エイチアンドエム)

出典:www2.hm.com
 長袖ノーカラーの白シャツ。織物素材で片胸ポケットが付いているシンプルな白シャツ。インナー使いはもちろん、この白シャツのみの着こなしでもおしゃれを楽しむことができる。

無印良品

出典:www.muji.net
 毛羽の少ないコンパクト糸を使用し、なめらかな肌触りが特長の白シャツ。洗いをかけ、着慣れた風合いに仕上がっている。


 今回紹介した白シャツは、メンズファッションの基本アイテムで誰でもコーディネートできてしまう優れもの。しかし、襟や袖の黄ばみが気になってしまうというデメリットもあり。しかし、お手入れ方法さえ理解してしまえばファッションももっと楽しくなるにちがいない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する