1. “上質なキーリング”でポケットの中も格好良く:「大人メンズは小物で主張する」

“上質なキーリング”でポケットの中も格好良く:「大人メンズは小物で主張する」

出典:s131.photobucket.com
 皆さんは、「キーリング」にこだわっているだろうか? 特にこだわっていない、もしくはキーリングではなく「キーケース」を使っている方は多いだろう。もちろんキーケースも良いが、気軽に使えて個性を主張できるキーリングも非常におすすめだ。

 他人に見せる機会は少ないであろうキーリング。そんなキーリングにこだわってこそ、粋なメンズというもの。そこで今回は、上質なメンズキーリングを紹介していこう。

おすすめのメンズキーリング:Paul Smith(ポールスミス)

マルチカラー  キーリング

 まず最初にご紹介するメンズキーリングは、お洒落メンズ御用達ブランドPaul Smith(ポールスミス)のキーリングだ。ブランドを象徴するマルチストライプのキーリングは、存在感抜群。

 ブランドの定番で展開されているストライプパターンが施された財布とキーリングを合わせれば、小物に統一感が生まれるのでおすすめだ。

フリンジ キーリング

 こういった変化球的なメンズキーリングがあるのもこのブランドの魅力。カラフルなフリンジに真鍮ビーズをあしらったメンズキーリングだ。

 他とは違う、少し変わったメンズキーリングが欲しいという方は、こちらのキーリングを手に取ってみてはいかがだろう?

ハート キーリング

 ポール・スミス コレクションから展開されているハート型のキーリングもおすすめ。

 エポキシと言われる透明な樹脂で両表面がコーティングされており、見た目だけでなく触り心地、使い心地も抜群のキーリングだ。

 メンズアイテムだが、女性へのプレゼントしても最適なキーリング。カラーも3色用意されているので、キーリングをお揃いにするのもおすすめ。

おすすめのメンズキーリング:COACH(コーチ)

モダン ヴァーシティー ストライプ キーリング

出典:japan.coach.com
 次に紹介するのは、革製品で非常に有名なCOACH(コーチ)のメンズキーリング。

 革製品と言えばこのブランドとまで言われるブランドだけあり、メンズキーリングも革で作られたキーリングが代表的。

 手に取れば分かる上質な革とCOACHならではの美しい染めは、まさに革キーリングの最高峰。大人メンズの所有欲を満たす逸品だ。

ギター アンド カード キーリング

出典:japan.coach.com
 革製品に絶対の自信を持つCOACHだが、革を使ったキーリングだけでなくシルバーキーリングの質も非常に高い。

 こちらのメンズキーリングは、ロックンロールにインスパイアされたデザインが特徴。デニムのベルトフックに掛けても存在感は抜群だ。

 高級ブランドらしい上質感がありながら、遊び心が利いたメンズキーリングと言えるだろう。

おすすめのメンズキーリング:PRADA(プラダ)

サフィアーノ キーリング

出典:www.prada.com
 ラグジュアリーブランドの中でも、メンズレディースともに圧倒的な支持を集めるイタリアのブランド、PRADA(プラダ)。財布やバッグが人気だが、キーリングも非常におすすめ。

 目を引くロボットモチーフのポップな外見とは裏腹な高級感のギャップを楽しめる、PRADAの自由なクリエイションを感じるメンズキーリングだ。

おすすめのメンズキーリング:dunhill(ダンヒル)

シャーシ キーリング

出典:www.dunhill.com
 高級スーツで有名なブランド、dunhill(ダンヒル)。スーツだけでなく、ビジネスパーソンを支える小物を多くリリースしている。

 こちらのメンズキーリングも、ビジネスシーンが意識されたシックかつエレガントなデザインとなっている。

 スーツとの相性も抜群の、まさに大人メンズが持つべきキーリングの一つと言えるだろう。

ADサークル キーリング

出典:www.dunhill.com
 こちらのメンズキーリングも、dunhillらしいシックなデザイン。表面がネイビー、裏がなめし革の2色で構成されたシルバーキーリングとなっている。

 こうしたシルバーのキーリングでも、レザーを上手く使うことによってシックで落ち着いたデザインに落とし込めるのがdunhillの大きな魅力だ。

おすすめのメンズキーリング:IL BISONTE(イル ビゾンテ)

出典:www.ilbisonte.jp
 最後にご紹介するメンズキーリングは、イタリアを代表する革ブランドIL BISONTE(イル ビゾンテ)のキーリング。

 IL BISONTEの最大の特徴は、使うほどに表情を変えるレザーだろう。初めから完成されたレザーではなく、年月をかけて自分だけのレザーに育てていき完成するのだ。

 毎日使うキーリングは、魅力である経年変化を十二分に楽しことができる製品。IL BISONTEのキーリングとともに毎日を過ごしてみては如何だろう?

 
 普段はなかなか手が出せない高級ブランドのアイテムも、キーリングならば手軽に手に入るのも魅力。憧れのブランドのアイテム、まずはキーリングからというのも良いだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する