1. 愛すべき、5人の偉大なるおすすめ作家たち:時代を超え、言葉の壁を超え、愛され続ける確かな理由とは

愛すべき、5人の偉大なるおすすめ作家たち:時代を超え、言葉の壁を超え、愛され続ける確かな理由とは

出典:www.google.co.jp
 文学とは、実に奥が深いものだ。様々なジャンルがあり、いつの時代、どの言語でも平等に愛されてきた。これまでに生み出されてきた数々の名作と言われる作品たちは、色褪せることなく、今でも世界中で読まれ続けている。

 時代を超え、言葉の壁を越え、愛され続ける作品を生み出してきた「作家」とはどのような人間なのか、気になったことはないだろうか。私たちは、本を読むときに作家まで気にすることは少ない。

 今回は、世界中で愛され続ける作品を生み出したおすすめの作家を紹介していきたいと思う。あまり本を読まないという人も、今回紹介するおすすめの作家の本を読んだこともない人も、併せて紹介するおすすめ作品を通じて、おすすめ作家が生み出した活字の世界に飛び込んでみよう。

世界中で愛されるおすすめの作家#1:ウィリアム・シェイクスピア

出典:www.telegraph.co.uk
 おすすめの作家を紹介する上で、「ウィリアム・シェイクスピア」を外すことはできない。作家として活動していた約20年間で、四大悲劇と言われる『ハムレット』、『マクベス』、『オセロ』、『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』、『ヴェニスの商人』、『夏の夜の夢』、『ジュリアス・シーザー』など多くの有名すぎる作品を残した。

 彼のおすすめの作品を挙げるのはとても難しい。なぜなら彼の残した作品は、どの作品もあまりに有名であり、どれも傑作だからだ。

 先述の彼の作品も、何度も映像化され、何か国語にも訳され、文字通り世界中で愛されている。一冊でも読んでしまえば、作家としての彼のすごさに引き込まれ、夢中になること間違いなしだ。

 あなただけのおすすめの作品を見つけてみるのも、彼の作品を楽しむおすすめの方法だ。

世界中で愛されるおすすめの作家#2:バーバラ・カートランド

出典:america.pink
 次に紹介するおすすめの作家は、作家の他に歴史家、脚本家、政治演説者、講師のほか、テレビやラジオで司会者なども務めたマルチな才能の持ち主として知られた「バーバラ・カートランド」。

 彼女が作家として残した作品は723作にも上り、36か国語に翻訳され、ギネス世界記録に「1年で最も多くの小説を出版した」作家として登録されている。

 清楚なイメージのヒロインを登場させる純愛小説を得意としており、世界中の女性から支持を集めている。

 彼女の代表作には『麗しき後見人』、『バルターニャの王妃』などがある。

世界中で愛されるおすすめの作家#3:アガサ・クリスティ

出典:electricliterature.com
 次に紹介したいおすすめ作家は、ミステリーの女王として名高い「アガサ・クリスティ」だ。

 彼女の作品の最大の魅力は、なんといっても緻密に練られた数々のトリックだろう。読者をことごとく騙してきたトリックの数々には、作品を発表してからどれだけの歳月が流れても称賛の声がやまない。

 もちろんそれ以外にも、犯行の動機、犯人と探偵が繰り広げる頭脳戦、繊細な時代描写など彼女の作品のおすすめポイントを挙げていればきりがない。

 彼女のおすすめ作品は、『ミス・マープルシリーズ』、『エスキュール・アポロシリーズ』、『そして誰もいなくなった』など珠玉の推理小説が挙げられる。

世界中で愛されるおすすめの作家#4:レフ・トルストイ

出典:habarlar.ru
 次に紹介するおすすめの作家は、19世紀のロシア文学を代表する作家のひとりである「レフ・トルストイ」。文学のみならず、ロシアの政治・社会にも大きな影響を与えた人物として知られ、生涯を通じて“非暴力”を貫いた。

 彼の思想・作品は、数々の政治家に影響を与えたと言われており、ソビエト連邦初代最高指導者である「ウラジーミル・レーニン」も彼の作品に感化されたことを公言していた。

 そんな彼の代表作は、ナポレオンのロシア遠征とその失敗を描いた『戦争と平和』、モスクワを舞台にした不倫劇『アンナ・カレーニナ』などがある。

世界中で愛されるおすすめの作家#5:J・R・R・トールキン

出典:hollowverse.com
 最後に紹介するおすすめの作家は、後のファンタジー小説に多大な影響を与えたとされるイギリスのファンタジー作家「J・R・R・トールキン」だ。

 彼が作中で使用した、架空の世界、歴史、言語などは、それまでのファンタジー小説の常識を打ち破る独特の世界観であり、当時世界中に衝撃を与えた。

 彼の最も有名なおすすめ作品は、彼の生み出した世界観の集大成ともいえる『指輪物語』、その前日譚にあたる『ホビットの冒険』などがあげられる。

 どちらもハリウッドによって映画化され、日本でも『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット 思いがけない冒険』の名前で知られている。


 世界中で愛される作家たちと、それぞれのおすすめ作品を紹介してきた。どの作家も作風やジャンルは全く違い、活躍した時代も様々である。

 しかし、どの作家も今でも世界中で読まれ続けているという共通点がある。彼らの作品は世界中で1億部以上出版されており、今でもその部数は増え続けている。

 今回の記事で紹介した作家のおすすめ作品を読んで、少しでも感動し、あなたの人生に何かしらの影響を与える作家に出会えたなら、うれしい限りである。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する