1. スーツケースの中身を美しく見せる「荷物の詰め方」:“たった5つの工夫”で劇的に変わる旅行前の準備

スーツケースの中身を美しく見せる「荷物の詰め方」:“たった5つの工夫”で劇的に変わる旅行前の準備

出典:www.rd.com
 スーツケースの荷物の詰め方ひとつで、その人が旅慣れているかどうかが実に良く分かる。スーツケースへの荷物の詰め方が上手な人は、同じ量の荷物を入れるにしても、まるでパズルのピースをはめていくかのように隙間なくキレイに詰めていき、なおかつ見た目にも美しい。

 逆に、スーツケースへの荷物の詰め方が下手な人は、なぜか荷物がかさばって幅を取ってしまったり、それほど荷物を入れていないにも関わらず、最後に鍵が閉まらないという始末になる。そこで今回は、そんな事態に陥らないようにスーツケースへの荷物の上手な詰め方をご紹介しよう。

間違いだらけのスーツケースの荷物の詰め方とは

出典:www.rd.com
 よくやりがちなスーツケースへの間違った荷物の詰め方として挙げられるのが、別袋に入れた洋服のセットや靴をそのままスーツケースに入れてしまうことだ。確かにこの詰め方であれば、取り出す時に他の荷物と一緒にならずに済むかもしれないが、それぞれの荷物の高さや横幅などのサイズが違うので、スーツケースの中でムダなスペースが出来てしまい、空間を損している。

 また、シャンプーや洗顔類の液体物をひとつのビニール袋にまとめて入れ、そのままスーツケースに詰めるという詰め方をしている人もいるが、これも危険が多い。なぜなら、空の上では気圧が変化するため、中身が破裂してしまったりこぼれてしまったりすることがよくあるのだ。無造作に袋に入れられた液体物がスーツケースの中で漏れてしまい、大事なスーツなどを汚してしまうケースが後を絶たない。

スーツケースの中身を美しく見せる荷物の詰め方

出典:www.rd.com
 まず考えたいことは、スーツケースの中身が本当に旅先で必要な物かどうかだ。旅行前は何かと忙しいので、準備する時間も限られている人がほとんどだろう。ギリギリになってスーツケースに荷物を詰めるような詰め方をするものだから、とりあえず思いついたものをどんどんスーツケースに入れていく。実はこれが間違いのひとつ。荷物は最小限に抑えて、本当に必要な物だけを持っていくようにすれば、おのずとスーツケースに詰める荷物の量は減っていくはずだ。

 必要最低限の荷物が揃ったら、次は詰め方のポイントだ。まず。スーツケースには当然だが上下がある。いちばん下に重いもの、例えばジーンズや下着や靴やシェーバーなどを入れよう。この時のポイントは、スーツケースの左右どちらの側にも、まんべんなく同じくらいの高さの荷物を詰めるということだ。この詰め方をすることで左右のバランスを保つことが出来る。

 例えば、左側にジーンズやシャツなどの衣類を入れたら、右側には下着や靴やシェーバーなどを入れて両方の高さを合わせるのだ。ちなみにシェーバーなどの電化製品は、万が一のことを考えてタオルにくるんで詰めるのがお勧めだ。さらに革靴は型崩れしないように、中にソックスや下着類を入れて形を整えて詰めるのが好ましい。

 シャンプーや洗顔類の液体物は、必ずアイテムごとにビニールに入れ、さらに何重かにビニールに入れて厳重に詰めることが必須だ。そしてなるべく洋服類とは遠い位置に詰めて、万が一液漏れした場合でも、被害を最小限に抑えるようにしておくのだ。おすすめはスーツケースの上部の位置に入れることだ。下部に入れてしまうと、他の物に圧迫されて破裂しかねないからだ。

 スーツやYシャツなどの洋服は、できるだけしわが付かないようにするために、全ての荷物を詰め終わったいちばん最後に、ふわっと荷物の上に乗せることをお勧めする。移動時間にもよるが、こうすることでスーツが型崩れしにくくなり、状態を維持できる。

スーツケースの中身を美しく見せる荷物の詰め方!

  • まず持っていく荷物を最小限に抑えるために必要物を吟味すること
  • 液体類は必ず何重にもビニールに入れて、漏れないように気を付けること
  • 重い物はスーツケースの下部に入れるようにし、左右の高さのバランスも考えて詰めること
  • 隙間にはタオルや靴下などを入れて、ムダなスペースを作らないこと
  • スーツやYシャツなどの洋服は、全ての荷物を詰め終わったいちばん最後に詰めること
 今回紹介した荷物の詰め方は、一度覚えてしまえば、旅行の度に荷物を詰めるのが楽しくなるはずだ。面倒くさがらずに一度試しにやってみて頂きたい。ビシッと荷物が入った時は、ジグソーパズルのピースをはめるかのような快感を覚えることが出来るだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する