1. 1日10秒で健康になれるアプリ! ホリエモンおすすめの健康管理法は「うんちのレコーディング」?

1日10秒で健康になれるアプリ! ホリエモンおすすめの健康管理法は「うんちのレコーディング」?

 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。『堀江貴文のQ&A「アプリで健康管理!?」〜vol.635〜』では、ホリエモンが最新の健康管理について紹介。

 今回取り上げた質問は、「健康管理についての質問です。以前の発言より、堀江さんはピロリ菌・歯­垢除去、トレーニングを当たり前のようにやられいいるようですが、他に何かやっていることはありますか?」という質問。

うんちを記録する健康管理サービス!?

 ホリエモンは、「歯垢ではなく、歯石除去だね。ピロリ菌は陰性だったから除菌はしていないよ。トレーニングは、健康というよりは体型維持のためだね。格好の問題。それ以外は一年に一度、人間ドックに通っているくらいかな」と回答。

 質問者の予想に反して、そこまで健康管理について強い意識は持っていなかったホリエモン。そこで、今回のゲストでもあるウンログ株式会社の代表取締役 田口敬氏が運営する、排便を記録するライフログアプリ「ウンログ」を紹介。
 ウンログは、排便の色や形を記録することで、ウンチをすっきり出せるようサポートするサービス。快便を毎日出せるよう腸内環境を維持することで、肌や血液など身体全体の健康につながるのだという。

 男性だと当たり前に思っている人も多いかもしれないが、毎日排便できない人はそんなに少なくない。特に女性には便秘に悩む人が多く、ホリエモンチャンネルアシスタントの寺田有希氏も「(毎日は)出ない」と恥ずかしながら告白。田口氏は、便秘と下痢の両方が同時にきてしまうこともあるという。こうした毎日のちょっとした悩みが、ウンログの開発につながっているのだろう。

毎日10秒の排便記録で健康になれる!

 一方で、「今までで便秘になったのは一度だけだね」と話すホリエモンは、まさに健康そのもの。便秘になったときには、腹痛が便秘によるものだと分からなかったくらい、便秘とは無縁な生活を送っているそうだ。
 実際になってみると負担が大きい便秘や下痢だが、予防活動をしている人はそこまでいない。ウンログには、排便の写真をアップロードすることもできるが、ほとんどの人はそこまでやらないのだという。

 田口氏はそれをよく理解しているため、毎日の記録が10秒程度でできるようにウンログを設計している。排便できたかどうかやスッキリしたかなど、トイレから出てすぐにスマホに打ち込むだけで、それぞれに最適なアドバイスを送ってくれる。
 今回の質問者はホリエモンの健康管理法について興味を示しているが、ホリエモンは「質問者はあまり健康管理を気にしていないんじゃないかな」と推測。本当に健康になりたいのなら、高度なことでなくてもできることはいくらでもある。ウンログのようなライフログはまさにその代表。日々の生活を少しずつ見つめてみるだけでも、健康につながる情報はかなり手に入るのだ。

 ホリエモンが最新の健康管理について語った『堀江貴文のQ&A「アプリで健康管理!?」〜vol.635〜』。動画が見たい方はこちらからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する