1. 春のメンズ着こなしの代表格「ショートアウター」:基本コーデを攻略し、春の服選びをより快活に!

春のメンズ着こなしの代表格「ショートアウター」:基本コーデを攻略し、春の服選びをより快活に!

出典:lookbook.nu
 穏やかな春の陽気のシーズンが始まったものの、天候によっては肌寒さも感じるこの微妙な時期、大活躍してくれるのが春物アウターだ。そんな中、特に近頃トレンドとなっている代表的な春のメンズアウターアイテムがGジャンMA-1スタジャンといったショートアウターだろう。

 本記事では、これらのメンズ春アウターの代表格をそれぞれおすすめの着こなしとともに紹介していこう。おしゃれメンズの皆さんには、あっという間に過ぎ去ってしまう春の季節にこそ、季節感を大事にした着こなしを重要視していただきたいのだ。

おすすめメンズ春アウター①:Gジャンでカジュアルな着こなし

爽やかなメンズ春アウターにぴったりのシンプルな着こなし

出典:www.crnobelo.com
 春の季節にぴったりのメンズ春アウターの一つが、Gジャン。そのGジャン着こなしで最もベターなのが、白シャツ×Gジャンの着こなしだろう。白シャツの爽やかさはGジャンのカジュアル感を緩和させ、綺麗な着こなしに仕上げてくれる。

 春ならではの軽やかな雰囲気をプラスするため、袖や裾はロールアップがおすすめ。さらに、暗色のズボンには明るい色の靴を合わせて、着こなしのカラーバランスを調節すべし。

 白シャツやGジャンなどは、いくらでも着回しできる便利なメンズアイテムであるため、春先に向けて一着は持っておくと良いだろう。

Gジャン×ジョガーパンツでスポーティーな春のメンズ着こなし

出典:shopspotapp.com
 上の写真のメンズ着こなしと比べ、いささかスポーティーなこのGジャン着こなし。

 ジョガーパンツやスウェットなど、スポーティーで柔らかい生地のパンツとの相性がピッタリなのがこのGジャンの利点だ。

 Gジャンのタイト感で着こなしに清潔さをプラスしながらも、カジュアル感がより一層付け足されるため、バランスのとれた春のメンズ着こなしを作りだすことができる。

おすすめメンズ春アウター②:トレンドMA-1でスタイリッシュな着こなし

春にも鉄板のクールアイテム、皮ジャン風MA-1

 昨年の冬からメンズレディース問わず流行しているMA-1は、春の季節も人気の着こなしアイテムとなりそうだ。

 暗めの色が多いMA-1を着こなしする場合には、インナーやズボン、靴をなるべく明るい爽やかな色で統一すべし。また、靴下ではなくあえて素足にスニーカーを履くことで爽快感をプラスするのも、春ならではのメンズ着こなし術の一つだ。

春こそ明色のMA-1着こなしで周りのメンズと差をつけて

出典:bblunt.com
 春でこそ楽しめるのが、色使いの豊かなカラーメンズコーデだ。普段は控えめカラーの着こなしをしがちなメンズも、ぜひ春シーズンに鮮やかな着こなしを楽しんでみてはいかがだろうか。

 流行のMA-1も、意外性のある色使いなら他のメンズと被ってしまう心配がない。スレンダーなシルエットのMA-1にスキニーやローファーを合わせて小奇麗な着こなしで整えれば、派手な色味が浮いてしまうような事態も回避できるだろう。

おすすめメンズ春アウター③:スタジャンでスポーティーな着こなし

春の寒い日には革スタジャンで大人メンズ着こなしへランクアップ

 少し厚手なため、春シーズンでも少し肌寒い日におすすめなのがスタジャンだ。このスタジャンも、カジュアルコーデのなかでこの春特に注目のメンズアイテムだ。

 「スタジアムジャケット」という正式名称からも分かる通り、完全にスポーティー路線のこのアイテムは、大人らしい着こなしを求めるメンズには革素材のものをおすすめしたい。上質な雰囲気が漂い、落ち着いた着こなしを実現できるのだ。

紺のスタジャンでカジュアルクールな春メンズ着こなしに

出典:ninkimag.fr
 春で明るい色使いのメンズ着こなしが増えるなか、落ち着いた暗色着こなしを選ぶのも一つの手だろう。紺などの深みのある色を選ぶことで、スタジャン特有の幼稚な雰囲気を払拭するのも着こなしテクニックの一つだ。

 スポーツカジュアルなスタジャンにこそ、襟付きの白シャツやメガネでインテリ感をプラスすると、こなれ感もアップする。


 以上、それぞれのショートアウターを2種類ずつご紹介したが、気になる着こなしは見つかっただろうか?

 カジュアルなものをきれいめに、スポーティーなものを大人らしくと、一辺倒ではいかない工夫されたメンズコーデでおしゃれを楽しむのも一つの楽しみ方だろう。ぜひ本記事を参考にショートアウターを手に入れ、自分ならではの春のメンズコーデに挑戦していただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する