1. 「僕はゲームプログラマーになれなかった」 ホリエモンならスマホゲームをどうヒットさせる?

「僕はゲームプログラマーになれなかった」 ホリエモンならスマホゲームをどうヒットさせる?

 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.624〜ヒットを生み出せ!?〜」では、ホリエモンがスマホゲームでヒット作を出す方法を語った。
 
 今回取り上げた質問は、「上場企業ゲーム会社の赤字転落と株価低迷が目立ってきま­したが、打開するには数多くのゲームをリリースして当てるとしかないでしょうか。だとしたら当てられない原因は、既存社員の企画力不足やアイデア枯渇ということになり­ますか?

 または、会社の構造や使用しているシステムなどに原因がありますか? もし、堀江さんが低迷しているゲーム会社の代表取締役社長になった­としたら、どんな手を打ちますか? ならないとは思いますが……」という質問。

ホリエモン「狙ってヒット作を出すのは難しい」

 ホリエモンは、「んー、新しいタイトルで成功させるのはなかなか難しいと思うよ。映画と同じで、ヒットタイトルのシリーズものに大量の資金を投入してプロモーションするのが一番堅いので、株価が高いときに大量に資金調達して、それをヒットタイトルのIP(知的財産:今回であればゲームやアニメの版権)に投資して新規シリーズを作るかな」と回答。
  
 「ゲームの新タイトルを狙って成功させるのは難しいよね」とホリエモン。「エロ」などのある程度堅いジャンルはあるものの、やはり確実に新作を成功させるのは容易ではない。
 たしかに、「モンスターストライク」のミクシィや「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」のガンホー・オンライン・エンターテイメントなどのヒット作を開発した会社でも、後続作品を数多く出しているもののヒットには至っていない。結局は、代表作一本に頼り切りの状態のようだ。

 なので、手堅く成功させるためには、人気マンガなどの既に知名度があるIPを原作にしたゲームを作るべきだと話すホリエモン。これは、最近の邦画が人気マンガの実写版を公開するのと同じ手法だ。
 スマホゲームでも、人気マンガのキャラを使ったゲームはもちろん、コンシューマーゲームの人気作のスピンオフを作るなどの手法が考えられる。既にそうした作品は多数存在し、ストア内のランキングで上位に位置していることも少なくない。メディアミックスの有効性は、スマホゲームでも例外ではないようだ。

ホリエモン「僕はゲームのプログラマーになれなかった!」

 ホリエモンの話を聞いていると、新作ゲームをヒットさせるのがどれだけ難しいかがよく分かる。最近はスマホゲーム市場が賑わっているが、それでもヒット作はごく一部。逆に、一度成功すれば莫大なリターンが見込める世界でもある。

 実は、長年プログラミングに勤しんでいるホリエモンも、ゲームプログラミングはやったことがないという。「ゲームのプログラマーって、天才だよね」と憧れの言葉を素直に話した。実は、ホリエモンも一時期はゲームプログラマーになりたかったそうだが、当時は技術的にも難しく、環境を揃えるのも大変で結局は手をだせなかったという。
 とはいえ、今ではゲームプログラミングをめぐる環境も大きく変わっている。UnityやUnrealなどのプラットフォームやライブラリも数多く存在しており、VR(仮想現実)デバイスのOculus Riftに対応したゲームですら、複雑なものでなければそこまで苦労せず作れるらしい。

 参入難易度は昔ほどではないとはいえ、やはり今でも高度な技術が求められるゲームプログラミング。しかも、それだけではヒット作は生み出せない。何が受けるのか分からない世界で新規のヒットを狙うなら、とにかくユーザー心理や競合を考えながらも、試行回数を重ねなければならないだろう。

 ホリエモンがいうように、ある程度のヒットなら狙うことができるゲーム業界。手堅いヒットを重ねて資金を貯めながら、それを使って不確実だが爆発的な成功を目指すのが、継続可能なやり方のようだ。

 ホリエモンがスマホゲームでの成功法について語った「堀江貴文のQ&A vol.624〜ヒットを生み出せ!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する