1. 一人暮らしでテーブルを選ぶ際に押さえるべき3つのポイント:一人暮らしの中心はテーブルである!

一人暮らしでテーブルを選ぶ際に押さえるべき3つのポイント:一人暮らしの中心はテーブルである!

出典:foodle.mobi
 一人暮らしで必ず毎日利用する家具とはなんだろう。いつもの生活スタイルを思い出してみると、一人暮らしで毎日必ず利用する家具とは、実はそう多くはないものだ。眠りにつくためのベッド、腰を下ろして疲れを取るためのソファーなど。しかしそれらに負けないくらい一人暮らしで使用頻度の高い家具が、テーブルである。

 一人暮らし用のテーブルには、実に様々な種類があり、一人暮らしの多様な生活スタイルに対応している。今回は一人暮らしのテーブルを選ぶ際のポイントといくつかのおすすめのテーブルを紹介していきたい。

一人暮らしのテーブル選びのポイント#1 部屋の大きさを考える

出典:freshome.com
 一人暮らしの部屋で、動線を潰してしまうようなテーブルの置き方をしている人はあまりいないだろうが、特に一人暮らしだとテーブルが部屋の中心に置かれることが多い。良くも悪くも部屋の雰囲気や開放感は、少なからずテーブルに影響される。一人暮らしでは、部屋の広さやテーブルの大きさを考えないと床が見える面積を減らしてしまい、部屋全体に圧迫感を与えてまう。

開放的に見せたいなら「ガラスのテーブル」

出典: Amazon.co.jp
 ガラステーブルは、言わずもがな透明なので床が透けて見える。一人暮らしの部屋で見える床の面積が少なくなってしまうと、部屋に圧迫感が生まれてしまう。ガラステーブルはその圧迫感を軽減してくれる。

 ガラステーブルは、総じてデザイン性が高いものが多いので、広い部屋に住んでいる一人暮らしの方にもおすすめである。ただし、あくまでもガラスでできているテーブルなので、くれぐれも割って怪我をしてしまうというようなことには、注意していただきたい。

一人暮らしのテーブル選びのポイント#2 来客の頻度を考える

出典:www.gigmasters.com
 一人暮らしをしていると思いがけず来客が多くなるものだ。もちろんここでいう来客とは、宅配便などではなく、友人や恋人といった親しい仲の人たちだ。一人暮らしをしていれば少なからず家に友人たちを招いて食事をするという機会もあるだろう。

 そんな時、みんなの中心にあるのはテーブルだ。料理や飲み物をテーブルに置いて談笑したりするのはもちろん、カードゲームやボードゲームもテーブルの上で行われる。全く人を部屋に上げない一人暮らしの人であれば心配はないが、よく人を招くという一人暮らしの人は、多くの人が集まっても大丈夫なテーブルを用意しよう。

来客が多いなら「四角いテーブル」

出典: Amazon.co.jp
 四角いテーブルは、丸いテーブルに比べスペースを必要としない。1辺に対して2~3人が座れるので2~5人程度の来客なら非常に対応がしやすいテーブルだ。一人暮らしをしている人の中には、四角いテーブルはデザイン性に欠け、丸いテーブルのほうが好きという人も多いが、最近はスタイリッシュなデザインのテーブルも数多く販売されているので、頻繁に来客があるという一人暮らしの人は検討してほしいテーブルだ。

一人暮らしのテーブル選びのポイント#3 軽量のものを選ぶ

出典:www.thayray.com
 掃除をするときにベッドやソファーを動かして徹底的に掃除をしたり、気分を変えるために模様替えをしたりする一人暮らしの人も多いのではないだろうか。テーブルも例外ではなく、ベッドやソファーに比べれば軽量な分、動かす頻度は多いかもしれない。テーブルを動かす機会が多いならば、より動かしやすく軽量なテーブルを選んだほうが、一人暮らしにとっては賢い選択ではないだろうか。

頻繁に家具を動かすなら「折りたたみテーブル」

出典: Amazon.co.jp
 
 折りたたみテーブルなら一人でも動かせて、使わない時はソファーの下やちょっとした隙間に収納できて、一人暮らしでも使い勝手が抜群。これなら模様替えや掃除のときでも簡単に動かせて苦労はしないはずだ。デザインに関しても、一見すると折りたたみテーブルとはわからないようなテーブルも多数あるので、頻繁に模様替えをするおしゃれな一人暮らしの方にはおすすめだ。


 一人暮らしをする上でテーブルを選ぶポイントを3つ紹介してきた。一人暮らしに限らず、生活をしていくには必需品のテーブルだが、これから一人暮らしを始めるという人や、テーブルを買い替えようと思っている人は、自分の生活スタイルを思い返し、スタイルにあったテーブルを選ぼう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する