1. メンズストリートファッションを徹底解説:あの人気有名アーティストもハマる魅力とは?

メンズストリートファッションを徹底解説:あの人気有名アーティストもハマる魅力とは?

出典:footwearnews.com
 全世界共通して、おしゃれメンズに人気の「ストリートファッション」。ファッション業界が生み出すスタイルではなく、街中で自発的に生まれるスタイルがストリートファッションだ。若者中心で始まったストリートファッションだが、自由でラフな着こなしが買われ、幅広い年代に人気のファッションとなっている。

 ストリートファッションは、意外と年相応のファッションスタイルが可能なため、アメカジのような着こなしで長年着続けることができるのも魅力の一つ。本記事では、ストリートファッションの歴史やおすすめブランド、コーディネート術について紹介しよう。

メンズストリートファッションの歴史

 街中にいる若者たちの間で流行りだすことからストリートファッションと呼ぶが、流行りには歴史がある。ストリートファッションの流行りは映画や音楽から影響を受けることが多いため、当時の映画や音楽を見ると流行りが良くわかるだろう。まず、80年代はアメカジが流行り、ミリタリー系のファッションも流行っていた。

90年代のメンズストリートファッション:コーデ全体が“ダボダボ”

 このメンズ達を見てもわかるように、90年代のメンズストリートファッションは、全身ダボダボのファッションスタイルとして流行していた。

 現在でも、ラッパーなどのアーティストがこのファッションスタイルを楽しんでいる。

現在のメンズストリートファッション:デザイン性が高く、スポーツミックスのVラインシルエット

出典:www.zquotes.net
 現在のメンズストリートファッションは、スケーター系ファッションなどのように、ラフで動きやすい細身のシルエットや、Vラインシルエットが主流。

 デザイン性が高く、個性的なファッションともいえるだろう。

メンズに人気なストリートファッションブランド3選

STUSSY(スティーシー)

出典:www.cottonfreaks.com
 誰もが知っているであろう定番のストリートブランド“STUSSY(ステューシー)”。基本的にはゆったりとしたシルエットのアイテムが多く揃っており、スケーターに人気のブランドだ。ブランドロゴデザインが多く、リラックスしたデザインとリアル・クローズとトレンドの絶妙なバランス感覚が特徴ともいえるだろう。

supreme(シュプリーム)

出典:styleblazer.com
 ニューヨークで発祥した有名なストリートブランド“supreme(シュプリーム)”。1994年にジェームズ・ジョピアによって、スケーターのためにショップが開店された。スケーターカルチャーの中心的役割を持ち、有名なデザイナーやアーティストなどからも注目を浴びている。新作やコラボアイテムが発売する時には、発売前から店頭に並ぶほどの人気を誇るストリートブランド。

Off-White(オフホワイト)

出典:hypebeast.com
 大胆なデザインで多くのストリートファッション好きのメンズを惹きつけている、新ブランド“off white(オフホワイト)”。2014年2月に世界14店舗限定で展開されたヴァ―ジル・アブローによる新ブランドであり、コンセプトは「ラグジュアリーなストリートウェア」。あっという間に人気ストリートブランドの一つに登りつめた。

メンズストリートファッションコーデ11選

人気ストリートブランドロゴがアクセントのワントーンコーデ

 メンズファッションに欠かせないワントーンコーデを、ブランドロゴのインパンクトでおしゃれに魅せているストリートファッションがこちら。

 最近流行中のストリートファッションの定番ともいえる、Vラインシルエット。上ゆったり、下タイトが特徴的なスタイルだ。

 このメンズのように、全身黒のワントーンでもブランドロゴでインパクトを加えれば、表情のあるおしゃれなストリートファッションに仕上げることができる。

メンズストリートファッションには“デザインTシャツ”が欠かせない

出典:weheartit.com
 ストリートファッションに欠かせないのが、このメンズがコーディネートしているようなデザイン性の高いTシャツ。

 定番コーデにするために、ワンサイズ大きめのTシャツをセレクトしゆったり着こなすことで、ストリートファッションが完成する。また、パンツにはこのメンズのように細身のモノをコーディネートするのが正解。

 最後にラフにパーカーを羽織れば、ラフな定番ストリートファッションの完成だ。

“ジャスティン・ビーバー”もストリートファッションの虜に

 世界でもトップクラスのアーティスト、ジャスティンビーバー。全世界の女性はもちろん、男性からも高い支持を受けている彼も、ストリートファッションをこよなく愛している。そして、そんなジャスティンビーバーの真似をするべく、たくさんのメンズたちが同じようにストリートファッションを楽しんでいるのだ。

 この日のジャスティンビーバーは、ストリートブランドの中でも人気の高い、オフホワイトのパーカーをVラインシルエットでワントーンに着こなしている。

“MA-1”を使ったメンズストリートファッション

 メンズファッションで流行中のMA-1ジャケットを使ったストリートファッションがこちら。

 MA-1ジャケットは丈が短いのが特徴で、これを上手くストリートファッションスタイルに仕上げているのがこのメンズ。MA-1ジャケットからインナーのTシャツを覗かせ、ストリートファッションの定番スタイルへと導いている。

足元に注目!ストリートファッション=スポーツMIX

出典:lookbook.nu
 このおしゃれなメンズコーデを、ストリートファションスタイルへと導いているのが、足元に光るスポーツテイストなスニーカー。

 ストリートファッションに忘れてはならない、スポーツMIXを実現しているのがこのメンズ。一見、普通のメンズカジュアルコーデ。しかし、足元にワンポイントこのようなスニーカーをセレクトすることで、簡単にストリートファッションスタイルに完成させることができるのだ。

メンズストリートファッションには欠かせない、“腰巻き”

出典:lookbook.nu
 メンズストリートファッションに欠かせないのが、腰巻きスタイル。

 一見ワイルドなレザージャケットスタイルも、アクセントに赤チェックシャツを腰巻きすることで、ストリートファッションスタイルへと導くことができるのだ。

メンズストリートファッションのアクセントには“赤”が定番

 メンズストリートファッションのアクセントには、赤のアイテムをコーディネートするのが定番スタイル。

 このメンズのように、メンズストリートファッション王道のVラインシルエットで仕上げ、アクセントに赤のキャップとスニーカーをコーディネート。赤のアイテムはコーデのまとめ役ともなっており、赤の鮮やかさがおしゃれスタイルへと導いてくれている。

メンズストリートファションの定番アイテム、“迷彩柄”

出典:www.vogue.fr
 メンズストリートファッションによく使われるのが、このメンズが着こなしている迷彩柄アイテム。

 定番は、迷彩柄のアウターのみをVラインシルエットで完成させるストリートスタイル。

 しかし、ワンランク上のおしゃれを求めるメンズに紹介したいのが、このメンズがコーディネートしている全アイテム迷彩柄の着こなし。全アイテム迷彩柄といっても、表情をつけるために素材や色味は変えてコーディネートするのが、このストリートスタイルをおしゃれに魅せる近道なのだ。

メンズストリートファッションのアクセントにダメージ加工を使え

 メンズストリートファッションのおしゃれ感を究めてくれるのが、ダメージ加工のパンツ。

 このメンズのような、全身黒で表情がつけずらいコーデでも、ワンポイント、ダメージ加工のパンツをコーディネートすることで、おしゃれ感をアップさせることができるのだ。

メンズストリートファッションをツバ広ハットでドレッシーにまとめろ

 メンズストリートファッションに、程よいドレス感を演出してくれるのが、ツバ広ハット。黒が定番で、他にも着こなしに合わせて、白やベージュなども使うことができる。

 このメンズのように、トップスの黒に合わせて黒のツバ広ハットをコーディネートすればまとまりのある、上品なドレッシー感のあるストリートスタイルに仕上げることができるだろう。

シンプルにジャージを使った、メンズストリートファッション

 ストリートファッションの理想であるVラインシルエットを実現するために欠かせない細身のパンツ。これを、ザ・スポーツテイストなモノにセレクトしてコーディネートするのもいい。

 このメンズのように、アディダスの三本線が光るザ・スポーツテイストのジャージをコーディネートすれば、ラフ感の強いストリートスタイルに仕上げることができるだろう。このコーデは、スケーターなどに人気の着こなしとなっている。


 メンズファッションに欠かせない、ストリートスタイル。ラフでおしゃれで自由度の高いこのスタイルは、いつかまた進化し新たなスタイルへと生まれる変わることだろう。その日が来るまで、今回紹介したストリートファッションコーデ術を上手に活用してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する