1. 信頼性トップクラス? 国債を購入するメリットとは?

信頼性トップクラス? 国債を購入するメリットとは?

信頼性トップクラス? 国債を購入するメリットとは? 1番目の画像
出典:visualhunt.com
  株、FX、投資信託。ビジネスパーソンにとって、一度は副業という2文字が脳裏によぎったことがあるのではないだろうか。しかし、これらの副業はもちろんハイリスクハイリターン。大儲けすることも可能だが、その一方で大損する可能性だってある。そんな副業の中でも、圧倒的に低いリスクの投資先がある。それが個人向け国債だ。民間ではなく国が発行している債券のため、信頼性もトップクラスではないだろうか。万が一、この個人向け国債の満期が来る前に解約したとしても、原本割れはおこらない。そのため、金利は低く抑えられている。ハイリスクハイリターンではないが、少しでもリスクを抑えながらも、副業として収入を増やしたいのであれば、一度挑戦してみるのもいいだろう。

国債とはどんなもの?

  国債とは、国庫債券の略称であり、日本国が発行している債券のことを指す。一般的にはあまり馴染みのないものかもしれないが、この国債も個人で買いやすいようになった。数ある債券の中でも、国が原本や利子を保証しているため、信頼性が高く、流通数も多い。

 また、身近な金融機関で購入できるため、比較的簡単に取り掛かることができる。また、国債には様々な種類があり、大きく分けて個人向け国債と利付国債がある。また、それぞれ固定金利型国債と変動金利型国債があり、満期の長さによりまたさらに細分化される。また、債券発行には償還期間と利率が定められるが、国債の場合、それらが発行時に定められる。債券購入者は、この償還期間と利率に応じた利息を受け取ることが可能だ。今回は特に、個人向け国債に注目していきたい。

国債のメリットデメリットは?

  国債のメリットは、先述した通り、個人向け国債と利付国債、変動金利型国債と固定金利国債など、豊富な種類から選べることだろう。相手の時間を自分のために空けてもらうため、手土産を準備するのも訪問における大切なマナーである自分のペースに合ったものを選べるため、初心者にとってはありがたい。定期預金などと比較しても、金利が高いこともメリットだろう。そしてなにより、国債の最大のメリットは安全面だ。すべての国債は電子化されており、盗難や紛失、偽造などの危険性もほとんどなく、迅速な決済が可能だ。

 また、国債は国自身が破綻しない限り、利息や元金を受け取ることが可能だ。定期預金の場合は金融機関が破綻すると損害が出るというデメリットがあるが、国債にはその心配がない。国債のデメリットはほとんどないが、強いて言うならば、個人向け国債に関しては中途換金手数料が高いことぐらいだろう。

国債を購入する方法とは?

  個人向け国債の購入方法は、まず周辺の国債を扱う金融機関をチェックすることから始まり、本人確認証と印鑑を持って口座を開設する。そして最後に購入の申し込みをいて完了だ。基本的には金融機関の窓口での直接のやりとりとなるが、近年ではインターネットなどによる購入が可能な金融機関も増加している。

 また、購入単位は国債の種類によって異なるが、個人向け国債ならば1万円以上の1万円単位、新窓販国債ならば5万円以上の5万円単位で購入が可能になる。ただし、いつでも買えるという訳ではなく、国債を買う場合は発行市場での購入になる。そのため、販売していない時期もあり、注意が必要だ。個人向け国債の場合は現在、月に1回の発行となっている。


  日本国が発行する債券。ハイリスクハイリターンで勝負するのもいいが、国債ならば安全性が比較的高い。ホームページに行けば、投資初心者にもわかりやすく優しい説明があるため、一度見てみるといいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する