1. JALがお得? 株主優待券について

JALがお得? 株主優待券について

JALがお得? 株主優待券について 1番目の画像
by ruimc77
 「株を保有することの最大のメリットとは何だろう?」と問われると誰もが口を揃えてこう言うだろう。株主の最大のメリットといえば、やはり株主優待である。株主優待と配当金とを合わせた利回りは実質10%を超えることも珍しくはない。銀行に預けておくのと比較すれば、そのお得感は一目瞭然である。

 また株主であることで、ある種の優越感を覚える人もいるのではないだろうか。今回は一度ハマればやみつきになること間違いなしの株主優待から、JALの株主優待券にスポットを当ててご紹介したいと思う。株主優待の魅力を感じて頂いて、株を始めるきっかけとしてしていただければ幸いである。

株主優待券とは?

 そもそも株主優待券とは何か分からないという人の為に説明したいと思うが、株主優待とは、ある企業の株を保有している株主に対し、その株を発行している企業が、配当金とは別に、自社製品や割引券などを無料で配布したりする優遇のことである。そしてその優待でもらえる割引券などを株主優待券というのである。

 ここで注目したいのは株主優待券は「配当金とは別に」貰えるということである。配当金を貰ってさらにお得な優待券がもらえるわけで、これほどお得な株主優待を受けない手はないのである(配当金や優待がない企業もあるので注意されたい)。現に権利確定日(そこで株主優待券を貰える権利が確定する)の後に株価が下がったりすることを考えると株主優待券目的の株主がたくさんいることが窺えよう。

JALの株主優待券がお得なワケ

JALがお得? 株主優待券について 2番目の画像
by Bill Larkins
 JALの株主優待券がお得なのは、その割引率もさることながら、利便性の高さにもある。JALで発行される株主優待券は、有効期限が1年間で、国内線の片道1区間の運賃が50%割引になるというものである。

 しかもその割引は普通席だけではなく、クラスJや、なんとファーストクラスにも適用されるのである。株主優待券を手に入れたあかつきには快適なファーストクラスで国内の優雅な空の旅をしてみるのもいいかもしれない。

 また、株主優待券はフライト直前の予約が可能で、日程や時間の変更も飛行機の出発直前まで行えるというのだから驚きである。ちなみにキャンセル料も早期購入割引などと比べて安いのだ。また空港カウンターで優待券を提示する必要がなく、煩わしい手続きも不要。事前にwebで予約をすればICカードやアプリでタッチ&ゴーが利用でき、スピーディーな搭乗が可能となるのも魅力的である。

株主優待券を得るためには?

 JALの株主優待券を得ようと思ったら、当然のことながらJALの株を保有しなければならない。JALの株は最低100株から購入でき、100株から株主優待券を貰うことができる。注意したいのが、株主優待券はJALの権利確定日(3月31日と9月30日)に株を保有していなければ意味がないということである。

 また貰える株主優待券も、単純に持ち株数には比例しないので気を付けて欲しい。例えば100株保有していると3月31日の基準日に優待券を1枚貰う権利を得ることは出来るが9月30日には権利を得ることは出来ないのである。200株だと3月に1枚、9月に1枚優待券をもらえる権利を得ることができ、300株だと3月に2枚、9月に1枚といった具合である(1,000株を超えると貰える枚数がまた変わってくる)。また300株以上を売らずに3年間保有し続けていると7回目の基準日から持ち株数に応じて貰える株主優待券の枚数が増えたりするなどの特典もある。


 今回はJALの株主優待券について見てきたが、他企業でもお得な優待券はたくさんある。是非多種多様な株を保有していただいて、株主優待券の利点を存分に感じて頂きたいと思う。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する