1. 激務って本当? 投資銀行ってどんなところ?

激務って本当? 投資銀行ってどんなところ?

激務って本当? 投資銀行ってどんなところ? 1番目の画像
出典:www.goldmansachs.com
 「投資銀行」という言葉を耳にしたことはあるけれど、実際どんな活動をしているのかはよくわかっていない、という人は多いのではないだろうか。普通の銀行とはどう違うのか、どんな仕事をしているのか、あまり知らない投資銀行の活動について説明していこう。

投資銀行ってどんな会社?

 初めに、投資銀行とは、どういう会社なのか、ということについて説明しよう。投資銀行は、もともとは米国の銀行の形態の一つであるInvestment Bankを日本語に訳したものであり、仕事は株式や証券の引き受けや、企業に対する買収合併に関するアドバイスなどに限られていた

 しかし現在は、株式や証券の、機関投資家への委託販売や、情報の提供なども仕事の一つとして担うようになっている。そしてこの委託売買の際の仲介料などで利益を得ているのである。なので、普通の銀行のように、預金やお金の貸し出しなどの業務は受け付けていない。投資銀行の業務の対象となるのは、主に企業か、企業の株式などを購入する機関投資家に限られてくるのである。

投資銀行の仕事ってどんなもの?

 投資銀行の一番大きな仕事は、資金調達である。といっても、企業に対して融資をしたりするわけではない。資金調達のためのアドバイスをすることが、主な仕事であるといってもよいだろう。お金がない企業に対して、有価証券の発行など、資金を調達するプランを立てたり、逆にお金がある人に対して、証券の売買について情報を提供したり、という活動がそれに当たる。新しく発行された企業の株や証券を、資産を持った投資家に対して販売することで、発行した企業の資金を調達することなども、その活動の一種だ。

 さらには、M&A、すなわち買収・合併などの仲介業務も投資銀行の仕事に含まれる。買収合併の相談をしてきた企業に、買収・合併の対象となる企業を選ぶための情報提供をしたり、成功させるためのアプローチの仕方をさぐったり、交渉合意までの企業の代理人を務めたりなど、合併・買収の全過程において投資銀行は重要な役割を果たしている。逆に買収されないようにするための買収防衛策を立てることも仕事の一つだ。もちろん買収・合併のための資金調達のアドバイスも行う。

 すなわち、投資銀行の仕事は、企業の資金調達や買収・合併を成功させるためのプランの作成、情報の提供を行うことである、とまとめることができそうだ。

投資銀行は激務って本当?

 投資銀行は、情報提供の手数料や、株式や証券の売買の仲介料を収入としている。そのため、日々新しい案件を手に入れなければ、収入は得られないのである。一度ある企業と契約を結べば一定の収入が確保される、というわけではないのだ。そして上記のように、投資銀行の仕事は、それぞれの企業に最適なプランの計画などであるため、契約先の企業に認めてもらうための根拠ある情報が必要になってくる。

 しかも常にあたらいい企業との契約を探さなくてはならない。なので、投資銀行の仕事はやはり激務である、といえるだろう。徹夜が3日続いて過労死してしまった、など、過労死につながるケースもあるようだ。

 また、途中で転職をするのが投資銀行業界の一般的な風潮としてある、というのも、有能な社員の流出につながり、この激務に対する対策がとられないまま、ということも現状として存在するらしい。花形の就職先である投資銀行業務も、過酷な仕事であることには変わらないのである。


 投資銀行業務は、新企業が資金を得、会社が大きくなるためには必要不可欠な存在といってもよい、アドバイザーとしての地位を確立しているが、その分過酷な労働をこなさなければならないのは確かである。しかしやりがいのある仕事であることは間違いないだろう。投資銀行で働く者は、命を落とすという事態に陥らないように、自己管理も忘れず、業務に励むよう心掛けたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する