1. Facebookマーク・ザッカーバーグの「明日を変える言葉」:サクッと学べるビジネス英語

Facebookマーク・ザッカーバーグの「明日を変える言葉」:サクッと学べるビジネス英語

by JD Lasica
 仕事をしている多くの方が、ビジネスで大きな成果をもたらしてやろうと、ふつふつと熱い想いを巡らせているのではないだろうか。その想いを現実のものにするためにも、果敢にチャレンジすることが重要だ。

 そこで、フレッシュな気持ちで、時代を変えてきた成功者の声に耳を傾けてみてはいかがだろうか。あなたを鼓舞し、勇気を与えてくれるはずだ!

 今回は、SNSで世界を変えた男、Facebook創業者 マーク・ザッカーバーグの言葉をいくつか紹介する。この機会に、英語も学習してしまおう!

Lesson1 動詞から始まる「命令や指示」を指す言い回し

by JD Lasica
“Move fast and break things. Unless you are breaking stuff, you are not moving fast enough.”

訳:素早く動き、破壊せよ! 何かを破壊しながら進歩していないのなら、スピードが足りていない証拠。

 明日を変えるということは、今ある概念や常識を壊すことであり、それを壊せないのであれば、まだまだ動きが足りないということ。

 “Move fast”(早く動け)や“Break things”(事を壊せ)のように動詞から始まる言い回しは、命令や指示を指す言い回しだ。

 文章のタイトルなど、強調して何かを伝えたい場合も、敢えて動詞から始める場合も多いので覚えておこう!

Lesson2 前置詞「Like~」:~のような

by JD Lasica
“The question I ask myself like almost every day is, 'Am I doing the most important thing I could be doing?”

訳:毎日のように自分に問うべきことは「今、自分にとって最重要なことをしているか?」だ。

 今やっていることを常に自問自答することで、目の前のやるべきことが明確になり、それに向けて全力で取り組むことができるようになるだろう。

 “Like”は通常「好き」や「好む」を伝える動詞だが、「〜のような」という前置詞として使うことも多いので、覚えておこう。

Lesson3 冠詞「a,the」

by Jakob Steinschaden
“In a world that’s changing really quickly, the only strategy that is guaranteed to fail is not taking risks.”

訳:急速に変化し続ける世界において、確実に失敗すると言える戦略は、リスクをとらないことだ。

 変化し続けている環境の中では、結局もがき苦しみ、リスクをとって行動しなければ、競合他社に置いていかれるだけでなく、結果としてその市場からは存在すらなくなってしまうということではないだろうか。

 “a”と“the”の使い方は、多くの方が悩むポイントではないだろうか。“a”は特定していない場合に使う、“the”は特定している場合に使うと覚えておくと良いだろう。今回の場合は、Only strategyと一つしかない戦略を指しているため“the”となる。覚えておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する