1. 異常事態!2016春夏は“ダサい”コーデがトレンド! キーワードは「タッキースタイル」

異常事態!2016春夏は“ダサい”コーデがトレンド! キーワードは「タッキースタイル」

出典:mientus-com.tumblr.com
 2016年春夏のメンズファッションに異常事態が発生。昨年、2015年のメンズファッションのトレンドは“ノームコア”で、比較的シンプルなコーデが主流ファッションとなっていた。しかし、今年2016年春夏のトレンドは、“Tacky(ダサい)”コーデが台頭するだろう。

 数々のコレクションでも、今までのコーデとは異なるダサいコーデが目立ち、今年のファッションは間違いなく“ダサい”が一世を風靡するにちがいない。そこで、本記事では、今はまだメンズファッションには根付いていないダサいコーデ、その名もタッキースタイルについて紹介していこう。

柄×柄の派手すぎる“ダサい”メンズコーデ「タッキースタイル」

上下異なる柄で派手にダサいコーデ

 今年のトレンドファッションのダサいコーデは、縦横無断なミックススタイルがポイントだ。

 異なる柄をコーディネートする大胆なコーデは、とにかく目立つ、ダサいコーデに仕上がることだろう。

 写真のダサいコーデは、上下異なる柄でかっちり着こなし、大胆にもインナーには何も着ず、肌を露出するという誰が見てもダサいコーデとなっている。

 さらに、ダサいポイントをプラスすべく、トップスと同じような柄のストールをコーディネート。全身が異なる柄で統一されたダサいコーデだ。

 しかし、大人のおしゃれスタイルを忘れず、レザー素材の靴と鞄をコーデするのがダサいをおしゃれにまとめるポイントだろう。

ドレススタイルも柄×柄でダサいコーデに

 ファッションの最先端を行くコレクションでは、大胆にもドレススタイルを柄×柄でコーディネートしたダサいコーデを発見した。

 今までのドレススタイルでは、さりげなくハズしとして、小物で柄を取り入れるなど、小胆に柄を使っていたことだろう。しかし、今年は柄を大胆にコーデ全体で主張するという、派手なダサいコーデが流行するにちがいない。

同柄でも色調を変えた、自由度の高いダサいコーデ

 コーデを全身派手な柄でまとめて、自由なファッションでダサいコーデに仕上げるのが今年のタッキースタイルの主流となるだろう。

 写真のダサいコーデのように、靴以外のアイテムを同じような柄でまとめるという、派手でダサいのが今年流。

 今まではシンプルで大人スタイルのサングラスが主流で、派手な柄はコーデしづらいためあまり使われなかったが、今年はダサいコーデがトレンドであるため、派手なダサいサングラスが人気になること間違いないだろう。

有名コレクションで目立った、“ダサい”メンズコーデ「タッキースタイル」

セットアップをだらしなくした、ダサいコーデ

 ファッション界の最も旬なコーデを見ることのできるコレクション。そこでも、やはり今年はダサいコーデが目立っていた。

 写真のダサいコーデは、今までならかっちりとコーデしていたであろうセットアップコーデ。しかし、今年はだらしなく少々大きめなシルエットで、ダサいコーデにするのが主流となるにちがいない。

 インナーにも、ダサい印象を忘れることなく、大きめの柄シャツをだらしなくコーディネート。

 さらには、足元に注目していいただきたい。あえてダサいコーデに仕上げるために、サンダルでダサいを格上げしている。

チャック式ブルゾンの重ね着で、ダサいコーデ

 ダサいコーデに仕上げるための工夫としては、同種のアウター×アウターの重ね着があげられるだろう。

 写真のダサいコーデのように、アウターにチャック式の派手色ブルゾンのインナーに、同じ型のチャック式ブルゾンを重ね着するのが、ダサいコーデに仕上げるテクニックだ。

 最近では、あまり見かけることのないウエストポーチを、普通はコーディネートしないであろうコーデに合わせるもダサい「タッキースタイル」への第一歩となるだろう。

だらしないシルエットで、ダサいコーデ

 アイテムの色のバランスやアクセントの使い方が今までのおしゃれスタイルと同じでも、部屋着のようなだらしのないシルエットでコーディネートするのが今年のダサいコーデ「タッキースタイル」だ。

 また、前述したダサいコーデと同様に、サンダルをコーディネートするというのがダサいコーデの基本となるだろう。

サーフ×ロックの重ね着で、ダサいコーデ

 今まではなかったコラボレーションのコーデが、こちらのサーフ×ロックのダサいコーデ。

 サーフならサーフ、ロックならロックというように同じ種類でコーディネートしておしゃれなファッションを楽しんでいたはずが、今年はそれらの相性の悪いモノを組み合わせることでダサいコーデに仕上げるという大胆なファッションスタイルになるだろう。

パンツの上げ過ぎで、ダサいシルエットにコーディネート

 おしゃれなアイテムとして、ファッションシーンで大活躍のボーダーシャツ。

 普通は、ボーダーシャツをラフにシャツ出しして大人カジュアルに仕上げる。しかし、今年のトレンドであるダサいコーデでは、シャツをパンツにインして、さらにはパンツを限界まで上げてコーデするという少々古臭い着こなしが目立つ予感だ。

柄アウターでダサいコーデに

 一見、今まで通りおしゃれなコーデに見える。しかし、チェックシャツとダメージデニムの大人カジュアルな着こなしに合わせるのには、少々抵抗のある柄のアウターを合わせてしまうのがダサいコーデだ。

 今年の流行ダサいコーデに挑戦したいメンズには、こちらのダサいコーデのように、アウターのデザインでダサいコーデにするという、比較的簡単なコーディネートからしてみることをすすめよう。

大胆に肌を露出した、ダサいコーデ

 ダサいコーデの象徴ともいえるこちらのインナーシャツを全開けして、肌を露出するというダサいコーデ。

 デザインがアクセントになっているおしゃれなアウターには、白などのインナーでアウターを際立たせるのが普通。しかし、ダサいコーデ「タッキースタイル」では、インナーにヒョウ柄シャツをチラつかせ、ボタンを全開けして肌を見せつけるという社会ではNGであろう着こなしにするのだ。


 以上、2016年春夏のトレンドである“ダサい”コーデ「タッキースタイル」について紹介した。この革新的なファッションスタイルを、まだ受け入れられないメンズは多いにちがいない。しかし、ふと気がついた時には、ダサいファッションが街中を埋め尽くし、自らもダサいファッション「タッキースタイル」の虜になっていることだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する