1. だれでも似合って好印象。コーデ集から学ぶ“万能色”ネイビーの着こなし術

だれでも似合って好印象。コーデ集から学ぶ“万能色”ネイビーの着こなし術

出典:portrel.com
 ファッションは難しい。流行は絶えず変化し、様々なカラーリングのアイテムが溢れ、「今日はどんな色合わせで行こうか」と頭を悩ませている方も少なくないだろう。

 人それぞれ、最も似合う色は違うだろうが、一つだけ不変の事実がある。それは「日本人にはネイビーが似合う」ということだ。日本人を含むアジア系の黄味がかった肌の色とネイビーは相性抜群。「鉄紺」と呼ばれるダークトーンのネイビーは、特に相性が良いとされているのだ。

 どんな人にも似合って好印象となれば、ネイビーを選ばない理由はない。後はコーディネート術を抑えるだけで、こなれたメンズファッションは完成する。今回はそんなネイビーのコーデ集を紹介していこう。

難しく感じるワントーンコーデも、ネイビーなら爽やかに

出典:leonardhq.com
 上級者コーデと思われがちな、ワントーンコーデも、ネイビーなら簡単にキマる。シックな印象を与えつつも、爽やかで知的なコーデを実現することができるのだ。

 シャツの襟をノーカラーにして変化をつけているのがこのコーデの肝。ソールの白で少しカジュアルにしているのも巧みだ。

 ワントーンコーデはシンプルになりすぎないよう、少しだけ遊びを入れることがポイント。ネイビーなら合わせる色を選ばない。自由度が高さも魅力といえるだろう。

 ネイビーのセットアップはワントーンコーデに使っても、挿し色を取入れたコーデにも使える超万能アイテム。コーディネートの大きな助けになってくれること間違いなしだ。

ネイビーの定番アイテム、デニムを使ったコーデ

出典:www.vogue.co.uk
 最も身近なネイビーアイテムと言えば、やはりデニム。その万能性は言わずもがな、同じようにトップスをネイビーでコーディネートしてもバッチリハマる。

 トップスをネイビーにする場合は、写真のコーデのようにチェックシャツなどを間に挟んでバランスをとりたいところだ。
 
 また、太めのデニムを使っている点にも注目したい。タイトなトップスに対しデニムを太くすることで、綺麗なAラインコーデを実現させている。

 ほかの色なら難しいシルエットも、万能色ネイビーならばコーディネートに取入れられる。是非おすすめしたいコーデだ。

ポイントにネイビーを使ってコーデを上品に

出典:deamagazine.com
 もちろん、コーデのメインカラーではなく、ポイントで使うカラーとしてもネイビーは優秀。コーデを落ち着かせるアクセントとして活躍するだろう。

 写真のメンズは、薄いブルーのシャツににキャメルのパンツを合わせた鉄板コーデに、ネイビーを使うことでシャープな印象をプラスしている。

 ネイビーカーディガンの通った白のラインも遊びが利いていてより好印象だ。こういった少しデザインライクなアイテムも上品に映るのは、やはりネイビーが持つ力だろう。

コーデの新定番、ネイビーパンツで知的な印象を

 ファッションコーデの定番となった黒のスリムパンツに変わっておすすめしたいのが、ネイビーのスリムパンツだ。

 スタイルがよく見え、合わせやすい黒のスリムパンツは魅力的だが、やはり没個性的になってしまうのが悩みどころ。

 ここは同じようにスタイルがよく見え、合わせやすく、更に知的な印象を与えるネイビーのスリムパンツを使って個性を出してみたい。

 写真のようにシンプルなコーデでも、全体を品よく纏めることができるネイビーのスリムパンツ。抑えておきたいアイテムだ。

スーツスタイルのコーディネートもネイビーは最適解

 スーツスタイルでも、ネイビーはコーディネートの心強い味方だ。定番の色ではあるが、合わせるアイテム、色を選ばないネイビーだからこそ、コーディネートの奥は深い。

 スーツスタイルの中でも特におすすめしたいのが、写真のようなタキシードスタイル。黒がベーシックな色とされているが、ネイビーなら適度な遊び心も演出してくれるのだ。

 写真のように、中に白シャツを合わせれば、より爽やかに、黒シャツを合わせればクール&シックに。コーデの幅は無限大だ。

 

ネイビー×白。鉄板の爽やかコーデ術

 ネイビーと最も好相性な色、それは白である。オールシーズン取入れられるだけでなく、上品な印象を与える鉄板の色合わせ。

 ネイビーコーデに白いアイテムを加えるならば、白スニーカーをおすすめしたい。トレンド感があるだけでなく、どんなコーデにも合わせやすい。

 写真のコーデでは、ベルトに黒をセレクトして、ネイビーコーディネートを引き締めている。ぜひ盗んでおきたいコーデ術だ。

 ネイビーのワントーンでも、勿論上品な印象のコーディネートにはなるが、白を加えるとより爽やかなイメージを与える。TPOに応じて白の分量を調節していきたいところだ。

 

ネイビー×黄色。春にぴったりのコーデ術

出典:lookastic.com
 オールシーズン使える万能色ネイビーだが、春には少し色味が足りなくなってしまいがち。カラーコーディネートを楽しみたいところだ。

 そんな春に向けて、是非抑えておきたいコーディネートが、ネイビー×黄色のコーデ術。ネイビーと黄色は、補色の関係にあり、ネイビーに黄色を合わせれば、より明るい印象に。

 差し色に黄色を使っても、写真のようにボトムズで大胆に合わせても馴染むのが、ネイビー×黄色の嬉しいところ。この春はネイビー×黄色で、自由なコーデを楽しんでみてはいかがだろうか?

 

 

ネイビー×ベージュ。上品さ際立つ大人のコーデ術

 ネイビー×白が、ネイビーの爽やかさを際立たせるコーデ術なら、ネイビー×ベージュはネイビーの上品さを更に際立たせるコーデ術だ。
 
 落ち着いた印象を与えるネイビー×ベージュは、スーツスタイルや、ジャケパンスタイルにもってこいの色合わせ。

 写真のようにアウターでベージュを持ってくれば、手軽に、かつ上品にコーディネートがキマる。シックなコーディネートを志すなら覚えておきたいコーデ術だ。


 およそ弱点が見当たらない、ファッションにおいて完璧な色とも言えるネイビー。しかし万能色であるために無難にまとまってしまいがちだ。

 そんな時は、今回紹介したように、ワントーンで合わせたり、カラーコーデやシルエットで遊んでみたりと、コーディネートにポイントを加えることが肝要であると言えるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する