1. 保険会社の年収知ってますか? 仕事内容から年収を紐解く

保険会社の年収知ってますか? 仕事内容から年収を紐解く

保険会社の年収知ってますか? 仕事内容から年収を紐解く 1番目の画像
出典:carpictures101.com
 CMや広告でよく目にする「保険」だが、保険会社について知っているという人は多くないのではないだろうか? 就職でも比較的人気となっている保険会社、その人気の秘密に迫っていこう。

保険会社の仕事内容は?

 保険会社に勤めている人は具体的にはどのような仕事をしているのだろうか? 一口に保険会社といってもその仕事は様々で、営業や加入者の査定など多岐にわたる。

 まず、私たちが保険を契約するときに対応してくれるのが「保険外交員」と呼ばれる人だ。お客さんに一番近いとも言えるこの仕事は、一般家庭や企業の方にそれぞれのライフスタイルに合わせて保険のコンサルティングとサービスを提供するという役割を担っている。

 給料は、1年間はノルマをクリアすれば一定額の給与が保障されており、この基本給にプラスで資格や契約のとれた数等の成績によって手当がつくといった形になっているのが一般的なようだ。顧客の新規開拓では一般家庭や企業を訪問し、お客さまの良き相談相手として信頼関係を築くことで契約に結びつけるといった地道な努力が必要となってくるようだ。

 「医務査定」というのは、一言でいうと保険を申し込んだお客さまの加入を引き受けられるかどうかをチェックするという仕事である。保険の種類にもよって異なるが、持病のある人とそうでない人では加入条件が異なることがほとんどであるため、その人が加入できるかどうかを、お客さまの健康状態が記入された告知書をもとに判断するというのが具体的な内容となる。

 その他にも、商品別の収益率や販売計画を分析し、将来の保険金・給付金の支払いにあてる準備金をいつ・いくら積み立てるべきかを計算する仕事や、より多く商品を売るために販売戦略を立て、キャンペーン等の企画・運営や成績管理、ライバル会社の情報収集等を行う営業部の仕事など、実に様々な仕事がある。

保険会社で働くやりがいとは?

 まず、一般的に保険会社の給料は他と比べて高額とされており、金融機関ということもあってボーナスや福利厚生など、待遇面が非常に良いとされている。保険は、大勢の人がお金を出し合ってお互いが助け合うという「相互扶助」の精神で成り立っており、そのお金を共有の準備財産として万一のために備えるという仕組みになっている。

 サポートも一時的なものではなく長期にわたるものであるため、このような人生に関わるシステムに貢献できるというのは大きなやりがいにつながるだろう。また、特に営業部では、給料が歩合制であったり成績に対する手当が支給されたりするため、自身の頑張りが自分にかえってくるという点でやりがいにつながるとも言えるだろう。

保険会社の年収ランキング

 生命保険会社の年収ランキングは、ネットや雑誌でも話題になるため、就職活動をする就活生に限らず世間の人たちもすごく注目していることが分かる。そんな気になる保険会社の年収、ランキングは以下のようになっている。なおランキングは、2014年の物。

 1位東京海上ホールディングス(1244万円)、2位MS&ADインシュアランスグループホールディングス(1233万円)、3位NKSJホールディングス(1230万円)、4位T&Dホールディングス(969万円)、5位企業ライフネット生命保険(863万円)、6位企業ソニーフィナンシャルホールディングス(782万円)、7位兼大株主第一生命保険(623万円)、8アニコムホールディングス(600万円)、9位企業兼大株主アドバンテッジリスクマネジメント(520万円)。一般に保険業界の平均年収は高額と言われているが、それでも会社によって年収には差があるようだ。


 いかがだっただろうか?  魅力いっぱいの保険会社、今まで興味のなかった人も、転職や就職の際にぜひ一度検討してみてはどうだろうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する