1. 不動産登記規則とは?法律から学ぶ不動産登記について

不動産登記規則とは?法律から学ぶ不動産登記について

不動産登記規則とは?法律から学ぶ不動産登記について 1番目の画像
出典:todaysrealestatemarket.com
 不動産購入は人生で最大の買い物になる人も少なくないだろう。しかし、この不動産購入には細かい手続きが多く、登記手続きもその一つである。この登記手続きは基本的には司法書士などに代理を依頼することが一般的であるが、この費用が馬鹿にならい。今回はそんな不動産登記に関して、制度の面から紹介していこうと思う。

不動産登記規則とは?

 まず、不動産登記規則の前に、不動産登記について説明していこう。不動産登記とは先ほども述べたが、建物を新築したり、土地を用途変更したりする際に国に対して必要になってくる手続きのことである。

 不動産登記規則はこの不動産登記に対して存在するもので、日本の法令の一つで、不動産登記に関する手続きについての規則を定めた省令のことである。簡単に言えば、不動産登記におけるルールだと考えてもらって構わないだろう。

 この不動産登記規則の上に不動産登記令という政令と、さらに上位に不動産登記法が存在している。このように、不動産登記規則は津藤さん登記における下位の規則であると認識していて問題ないだろう。この不動産登記規則などをもとに不動産登記が行われている。

不動産登記規則の概要について

 不動産登記規則とはどんなものなのか、そのイメージはつかめていただけただろう。ここからは、もう少し広く不動産登記規則に関して説明していこうと思う。

 先ほども述べたように、不動産登記規則は不動産登記に関して定められた省令なのであるが、これは主に不動産登記における、登記官がとるべき手続きに関して定めたものになっており、加えて登記の申請情報や添付情報についても定められている。

 また、この不動産登記令には、筆頭特例というものの申請情報に関しての不動産登記に関する事柄が記載されていないため、これについては上位の不動産登記法に基づくことになる。不動産登記規則は全5章構成で、それぞれ登記に関する規定が記されている。

 また、この不動産登記規則は何度か改正を受けているように、不動産登記規則は主に不動産登記における登記官がとる手続きについて定めたものになっている。

不動産登記規則を学んで不動産登記費を抑えよう

 さて、ここまでの説明で不動産登記における不動産登記規則についての概要は理解していただけただろう。実はこの不動産登記規則などを参考にして考えると、不動産登記費用を抑えられる可能性があることに気づく。

 ここからはこの、不動産登記費用の削減の可能性に関して説明していこう。まず、不動産登記費用について説明すると、不動産登記には費用が掛かり、この費用は実際の手続きにかかる費用と司法書士などに依頼した際に発生する際の費用に分けることができる。この費用が大きな金額になることは冒頭でも触れた通りである。

 しかし、ここで注目してほしいのが、不動産登記費用において司法書士などに依頼した際に発生する費用である。一般的には司法書士などに依頼することが多いが、不動産登記は実際には法制度上は自分で行うことも不可能ではないのだ。

 不可能でないとしたのは、ローンやそのほかトラブルを避けるために、金融機関や不動産会社などは基本的には司法書士を立ててもらいたく、実際には自分ですべての登記を行うことはなかなか難しいからである。しかし、部分的なところを自分で行うことのできる可能性は十分にあるので、これをうまくやれば数万円を浮かせることができるのである。このように、不動産登記の費用を節約することも不可能ではないのである。


 以上、不動産登記に関して、制度の面から説明してきたが、いかがだっただろうか。きちんと制度を理解し、登記費用のうち節約できるところは節約できるといいだろう。しかし、トラブルの可能性を下げるのであれば、やはり処方書士などに依頼した方がいいかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する