1. ホリエモン「省庁間の利害関係が問題!」 日本の保険制度が分かりづらい理由をざっくり解説!

ホリエモン「省庁間の利害関係が問題!」 日本の保険制度が分かりづらい理由をざっくり解説!

 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.601〜保険制度は何故わかりづらい!?〜」では、多くの人がなかなか理解していないであろう保険制度の問題点をホリエモンが解説した。

  今回取り上げた質問は、「健康保険ですが、加入必須で保険料が病気のかかり­やすさではなく収入で決まるあたり、保険ではなく税金にしか思えません。税金なら所得­税や消費税と合わせてしまったほうが徴税コストも抑えられると思うのですが、なぜこん­なにわかりづらいのでしょうか?」という質問。

ホリエモン「省庁間での利害関係が大きな問題だね」

 ホリエモンは、「そのとおりだよね。統合するのがいい。単に省庁間の利害争いの問題だけなんじゃないないかな」と回答。
  
 現行制度なら、保険料も税金としてまとめて徴収すべきと考える質問者。ホリエモンも完全にこれと同意見だ。
 それなら、なぜ現在税金と保険料は全くの別物として扱われているのか。最大の要因は、担当省庁の違いだ。国税庁が管理する税金よりも後に登場した厚生労働省管轄の健康保険は、介護保険など時代を経るごとにその種類も増えているが、現状ではこれらが統一されないままになっているのだ。

 ホリエモンはその大きな理由を省庁間の利害争いだと指摘。「厚生労働省が自分の管轄しているものを取られたくないんじゃないかな」と説明している。

 さらに、ホリエモンによればこれらの省庁の中でも力を持っているのは圧倒的に国税庁だ。「国税局は税金の滞納などを強制的に取り立てたり脱税者を逮捕したりする権力を持っているけど、日本年金機構(旧社会保険庁)は言ってしまえば割と緩い組織なんだよね」と話す。

 日本年金機構といえば「消えた年金問題」やデータ流出などが連想されるが、つまりは力がそこまで強くなく強制的な徴収もできないので、年金未納問題なども未解決のままなのだ。

 ホリエモンはこうした状況を鑑みたうえで、「それなら統合してしまった方が良い」と考えているのだ。

ホリエモン「例えば、関東IT健康保険はかなり良質だよ」

 続いてホリエモンは、社会保険の問題点にも言及。保険料は大別すると、国民健康保険と企業勤めの人などが払う社会保険の2種類があるが、社会保険の種類も日本最大の全国保険協会(協会健保)から企業ごとのものまで様々だ。

 そこでホリエモンが例に使ったのは、関東IT健康保険。ホリエモン曰く、この保険は保険料も安く福利厚生も手厚いのでおすすめだという。

 関東IT健康保険が良質な保険を提供できる理由は、実にシンプル。IT業界労働者の平均年齢が低いからだ。若者が多いので病院に行く人も比較的少ないため、徴収する保険料が少なくても制度として成り立つというわけだ。

 「つまりは、あと10~15年経てばここも成り立たなくなるかもしれないんだけどね」とホリエモン。なぜこうした例を話したかというと、現状では多くの保険協会が赤字運営になってしまっているからだ。

 少子高齢社会では、保険料を払う人よりもその恩恵にあずかる人の方が多くなり、制度としての採算が取れなくなってしまう。これが現行の社会保険制度の大きな問題点だ。
 今回のゲストで遠隔医療プラットフォームサービス「ポートメディカル」を手がけるポート株式会社の代表取締役CEO 春日博文氏も、こうした悩みを健康保険関係者から打ち明けられたことがあるという。健康保険の提供者としては、被保険者には極力病院に行かないでほしいというのが正直なところ。そのため、遠隔医療サービスを用いた自由診療で重大な病気を予防してほしいと言われたのだそうだ。

 ここまで見てきたように、現状の保険制度は現代社会にマッチしていない部分がかなり多い。人口やライフスタイルなどが目まぐるしく変わる中で、変化に対応した制度が設けられるのはまだまだ先になりそうだ。
   
  ホリエモンが保険制度の現状について語った「堀江貴文のQ&A vol.601〜保険制度は何故わかりづらい!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する