1. 投資の初心者でも分かる! 不動産投資とはどんなもの?

投資の初心者でも分かる! 不動産投資とはどんなもの?

投資の初心者でも分かる! 不動産投資とはどんなもの? 1番目の画像
出典:www.brickmort.co.uk
 投資は資産を大きく増やすことも可能なので、うまくやればかなり効果的な資産運用の方法になる。しかし、一口に投資といっても、株式投資から最近はやっているFX取引までその種類は幅広く、どの投資が有効なのか、初心者にはなかなか判断の難しいところである。今回は、投資初心者の人にも分かりやすく不動産投資について説明していこうと思う。

不動産投資とはどんなもの?

 さて、不動産投資とはざっくりといってどんなものなのかということを説明していこう。不動産投資とは読んで字のごとく、マンションや土地など、不動産と言われるものへの投資のことである。

 この不動産投資でどのように利益を得るのかというと、不動産を購入して、その不動産を貸し出すことで賃金を得るのが主な収入になる。さらに、不動産価値の上昇に伴って、差益がでるように不動産を売買することによっても利益を得ることができる。

 このように、不動産を購入して、その不動産をもとに賃金や差益で利益を得る投資方法が、不動産投資なのである。

不動産投資の種類はどんなものがあるの?

 ここまでの説明で投資の初心者の方にも不動産投資というもののイメージは伝わったことと思う。この不動産投資であるが、実はいくつか種類がある。ここではこの不動産投資の種類に関して説明していこうと思う。

 まず一つ目が、現物不動産投資である。実際にアパートやマンションといった不動産を購入して、経営することで賃金収入を得ることができる。

 次に小口化不動産投資である。この小口化不動産投資は、一口当たりの投資額を少額にし、投資家が複数で共同投資する方法である。個人での高額の不動産投資は難しいので、こういった方法を取ることがある。

 さらに証券化不動産投資がある。これは直接不動産に投資するのではなく、J-REITなどのファンドを購入することをいい、これも小口不動産投資同様、個人では高額になり手の出しにくい不動産投資を身近なものにしている。

 このように、不動産投資と一言で言っても、多数の投資形態があり、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるので、もし不動産投資を始めようとしている初心者の方は、自分のニーズにあった不動産投資の投資形態を選択するようにしなければならない。

不動産投資のリスクと対策は?

  不動産投資の種類については理解していただけただろう。さて、不動産投資は賃金収入により長期間安定した収入を得ることを最大の目的としている。この不動産投資であるが、リスクや落とし穴も多いので注意が必要である。

 まず、不動産経営の中で問題になってくるのが、空室の問題である。空室が増えると、当然賃金が減るために収入が減ってしまう。さらに不動産投資には、修繕費などの維持管理費がかかるために、この費用を下回るほどに空室が多くなってしまうと、不動産投資で赤字になってしまうのである。

 このようなことを避けるために、不動産選択は慎重に慎重を重ねて調査した方がいいだろう。きちんと住宅需要がある不動産に投資することが、このリスクを緩和する方法である。

 また、新築不動産に投資するのもリスクの一つである。なぜなら新築マンションの賃金でシミュレーションして不動産投資した場合には、退去後の中古物件となった際に、賃金が下がってしまい、収益がかなり落ちてしまうからである。新築不動産に投資する際にはこういった賃金の下落などもしっかり加味したうえで、不動産投資を行う必要がある。


 以上、不動産投資に関して説明してきたが、いかがだっただろうか。不動産投資は賃金収入により、安定した長期的収入を望める反面、リスクや落とし穴も少なくないので、これから投資を行おうとしている初心者の方は、そういった点に注意して投資を行うようにするべきであろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する