1. 高い年収が期待できる? 知ってそうで知らない不動産屋の仕事とは

高い年収が期待できる? 知ってそうで知らない不動産屋の仕事とは

高い年収が期待できる? 知ってそうで知らない不動産屋の仕事とは 1番目の画像
出典:www.linkedin.com
 不動産というとマンションや土地のことであるが、この不動産の購入は、やはり人生の大きな選択になる方が多いのではないだろうか。この不動産買い手になる人は多くても、売り手の側に回る人は限られてくる。

 今回はそんな不動産を売る側の、不動産屋に関して、説明していこうと思う。

不動産屋の仕事はどんなことをするの?

 まず、不動産屋といわれて、何をイメージするだろうか。多くの方が、不動産屋というと不動産仲介業をイメージするのではないだろうか。そのイメージの通り、賃貸などの物件を仲介して契約するのが不動産屋の主な仕事である。

 また、賃貸に限らず、マンションなどの販売の仲介なども行っている。このように、不動産屋とはマンションや不動産の売買を仲介するのが仕事である。この業界は人の出入りが激しいといわれている。基本的に不動産屋の営業は高額歩合で支払われるために、うまくいかない人はすぐに辞めていくことが多いのである。

 しかし、腕のいい営業になってくると、高年収も夢じゃないのがこの不動産業界である。また、人の出入りが激しいのは、入社が比較的簡単だからである。入社はたやすいが、やめる人間も多いというのがこの業界の大きな特徴であろう。

不動産屋の年収は?

 不動産屋が住宅などの不動産の売買を仲介する仕事であることは分かっていただけただろう。ここからは、先ほど少し触れた不動産屋の年収に関して述べていこうと思う。

 まず、不動産業界の上場企業の平均年収は約600万円ほどである。これはその他の上場企業の平均年収よりやや高い平均年収である。このように、不動産屋の年収は平均して高いことがうかがえる。

 しかし、先ほども述べたように、不動産業界には年収1,000万円を超えるような人もいる。決して大手でない企業でもこういった人がいるのが、この不動産業界である。また、宅建主任のしかくなどを保有しているのかどうかなどによっても年収に大きく影響が出るようである。

 先ほども述べたように、不土産業界の営業職は高額歩合で支払われることが多いので、業績移管によっては大きな収入を得ることも可能なのである。このように、不動産業界では年収はそこそこ高いものの、個人の業績によって大きく変動するので、注意が必要である。高給取りを目指して不動産業界に入るのであれば、しっかりと業績をのこしていかなければならないということを忘れないようにしていきたい。

不動産屋になるためにやるべきこととは?

 さて、ここまでの説明で不動産屋の仕事と不動産屋の年収に関しては理解していただけただろう。ここからは、不動産屋になるためにはどうすればいいのかということを説明していこうと思う。

 ここでは不動産屋を開業するためには何をすればいいのかを紹介していこう。まず、不動産屋になるには宅地建物取引両方に様々な規定があり、開業手続きから開業に至るまで、さらに開業後の業務においてもこの法律に準じて進めていく必要がある。開業するには最初に国土交通大臣か都道府県知事の面強を受ける必要があるので、これをクリアするために、いくつかやらなければならないことがある。

 まず、事務所を設置する必要がある。不動産屋の事務所になるので、営業の観点からも、事務所の立地は重要である。そして、次に会社を立ち上げる必要がある。個人として開業も可能であるが、会社として法人化した方がメリットは大きいだろう。会社を設立する場合は資本金などの要件があるので要注意である。さらに免許の申請、全宅保証への加入を経て、晴れて開業することができるのである。


  以上、不動産屋について説明してきたが、いかがだっただろうか。不動産屋の仕事をしたいという方は開業するにしろ、会社に入るにしろ、きちんと勉強してからでないと、いい結果は得られないだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する