1. 勉強時間はどのくらい? 不動産鑑定士の資格を取ろう!

勉強時間はどのくらい? 不動産鑑定士の資格を取ろう!

勉強時間はどのくらい? 不動産鑑定士の資格を取ろう! 1番目の画像
出典:www.delucaveale.com
 不動産は大きな価値の資産であるために、投資や税金など、様々な場面で大きな金額を動かすことがある。

 しかし、この不動産の価値、素人にはなかなか判断がつかないものである。この不動産の価値を計ることのできる唯一の業務が、不動産鑑定士である。今回はこの不動産鑑定士の資格に関して説明していこうと思う。

不動産鑑定士とは?

 まずは不動産鑑定士とは何なのかということについて説明していきたいと思う。不動産鑑定士は公認会計士などと同じ3大国家資格の一つである。

 また、この資格を持っていて、不動産鑑定の仕事に従事している人を不動産鑑定士と呼ぶ。先ほども述べたように不動産鑑定士は不動産の価値を評価することのできる唯一の職業である。不動産鑑定士の業務としては、指標となる地価の評価や路線価や固定資産税評価額といった、相続税、贈与税や固定資産税の元となる指標の評価を行っている。

 民間の業務としては事務所を開いて業務にあたる場合と、金融関係の会社に勤務するなどの働き方が考えられる。年収の平均額は700万円前後のようであるが、金融関係の会社で勤務している場合、年収1,000万円以上も夢ではない。このように、不動産鑑定士は不動産のエキスパートであり、土地やマンションの価値を総合的に評価して鑑定できる、唯一の職業なのである。

不動産鑑定士試験の内容は?

 さて、不動産鑑定士の仕事や年収に関しては理解していただけたろう。ここまでの説明から、不動産鑑定士はかなり有能でインテリなイメージを持たれる方も多いのではないだろうか。

 そこで、ここからは不動産鑑定士になるための資格試験に関して説明していこうともう。まず、不動産鑑定士試験の難易度であるが、はっきり言って超難関である。

 まず、近年の不動産鑑定士試験の合格率は、第一段階のマークシート式で30%ほど、さらにこの後の論文式の試験になると合格率は10%ほどになってくる。このように、不動産鑑定士の試験を突破するのはなかなか難しいことがわかるだろう。

 試験内容については、先ほども述べたが、マークシートと論文形式の試験の2つを受けることになる。マークシート式は不動産に関する行政法規についてと、不動産鑑定に関する理論について問われることになる。

 しかし、このマークシートに関しては、実はそこまで難関ではない。きちんと押さえるべきポイントを押さえれば突破することができる。難関なのはそのあとの論文式の試験である。この論文式試験は、知識だけでなくアウトプットの能力も求められるため、きちんと吸収した知識からアウトプットできるように練習しておかなければならない。このように、不動産鑑定士の試験はかなりの難関であることがわかっていただけただろう。

不動産鑑定士になるために必要な勉強時間は?

 さて、不動産鑑定士の試験が難関であることは理解していただけただろう。ここからは不動産鑑定士の試験に関して、合格するために必要な勉強を紹介していこう。

 まず、マークシートの試験であるが、こちらは先ほど述べたように、ポイントを抑えることが大事である。すべてくまなく暗記することは難しいので、きちんと間違った選択肢を消せるようにしておくことが重要で、完璧に覚えるべきポイントと、だいたいの雰囲気で覚えておく部分をきちんと見極めるようにしておく。

 一方、論文式の試験については、先ほども述べたように、知識はきちんと入れて置き、さらにアウトプットの練習をきちんとしておくべきである。こうした対策をきちんとして、不動産鑑定士の試験に臨むべきであろう。


  以上、不動産鑑定士の資格に関して説明してきたが、いかがだっただろうか。説明してきたように、不動産鑑定士の試験は簡単ではないので、余裕を持った勉強時間を確保して試験に臨もう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する